現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダの「左ハンMT仕様」が295万円!? 激レアなコンパクトカー発見! こだわりの特徴とは

ここから本文です

ホンダの「左ハンMT仕様」が295万円!? 激レアなコンパクトカー発見! こだわりの特徴とは

掲載 6
ホンダの「左ハンMT仕様」が295万円!? 激レアなコンパクトカー発見! こだわりの特徴とは

■左ハンドルでマニュアルのホンダ車が295万円!

 日本の中古車市場にはさまざまな珍しいクルマが販売されています。
 
 なかには、海外仕様車が逆輸入されているケースなどもあり、今回発見されたクルマもそんな1台です。

【画像】「えっ…!」左ハンドルでマニュアルのホンダ車が295万円! 画像を見る!(19枚)

 今回発見されたホンダ「フィット」は北米仕様となり、左ハンドルかつマニュアル車という日本には存在しない仕様です。

 初代フィットは2001年にデビューしました。コンパクトなボディサイズながらも実用性の高いファミリーカーとして世界的な人気を集め、今でもホンダのラインナップで主力となっているモデルです。

 車両重量も1000kg未満と軽量で、MTも設定されていたことから、スポーツ走行向けにカスタムするユーザーも少なくありませんでした。初代は世界で販売台数200万台を記録するなど、ヒットモデルとなりました。

 2代目は2007年にフルモデルチェンジを経て登場。「RS」などのスポーティなモデルにも注目が集まり、その走行性能の高さが世界的に評価されました。

 3代目にはフォルクスワーゲン「ゴルフ」のように、世界のコンパクトカーのベンチマークとなるべく2013年にフルモデルチェンジが行われ、デビューしました。2020年には4代目がデビューし、現在でも根強い人気を誇るモデルです。

 海外ではホンダ「ジャズ」の名前で販売されているフィットは、海外では特に人気が高いモデルで、特にスポーツ走行を楽しむユーザーが多いと言われています。

 ベースとなるクルマの剛性の高さだけでなく、生産台数も多いことから取引価格が安く、加えて維持費や修理費も低コストであることから、チューニングなどにもってこいのクルマとなっているようです。

 そんなフィットですが、今回発見された個体は3代目の北米仕様のモデルで、左ハンドルかつマニュアル車という日本には存在しない仕様。

 エクステリアはホワイトで、同じカラーの社外ホイールが取り付けられています。ゼロファイターにより、車高調のカスタムも行われています。

 その他、ゼロファイター製センターパイプや、ストレートマフラーも搭載しています。

 この個体を取り扱う販売店「ゼロファイターカスタム」の担当者は、次のように話します。

「こちらのフィットの特徴としては、日本では販売してない仕様のモデルなので、国内における台数はかなり少ないです。ほかのフィットとは違うクルマと言えます。

 取り扱いの経緯としては、アメリカ・ロサンゼルスの知人から直接、並行輸入で仕入れた個体です。

 お客様からはいくつかお問い合わせをいただいております。

 なかでも、こちらの個体は『USDM(United States Domestic Market/アメリカ国内市場)』用のカスタムがされているというところに興味を持つお客様が多くいらっしゃいます。

 ホンダ・アメリカのカスタムを日本仕様のモデルに付けたい人や、逆に日本仕様のものをアメリカ仕様のモデルに取り付けたい人などからお問い合わせをいただきます。

 もちろん『そのまま乗りたい』という人もいます」

※ ※ ※

 こちらのアメリカ仕様となっているフィットは、295万円で販売されています。

 フィットは3代目までは国内でもマニュアルのトランスミッションが用意されていましたが、4代目となる現行モデルからは設定がされなくなっており、ATのみとなっています。

こんな記事も読まれています

トヨタの6人乗り「ネコバス」に大反響! 毛皮風シートと肉球・しっぽ装備で登場へ 新型「APMネコバス」が3月に運行開始
トヨタの6人乗り「ネコバス」に大反響! 毛皮風シートと肉球・しっぽ装備で登場へ 新型「APMネコバス」が3月に運行開始
くるまのニュース
保土ヶ谷バイパスのICも拡幅! エキスポ開催で大きく変わるぞ横浜「上瀬谷」 環4は立体化へ
保土ヶ谷バイパスのICも拡幅! エキスポ開催で大きく変わるぞ横浜「上瀬谷」 環4は立体化へ
乗りものニュース
ホンダ新型「シティ ハッチバック」発表に反響多数!?「懐かしい」「CM覚えてる」新時代のハッチバックモデルはどんな魅力があるのか
ホンダ新型「シティ ハッチバック」発表に反響多数!?「懐かしい」「CM覚えてる」新時代のハッチバックモデルはどんな魅力があるのか
くるまのニュース
F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力
F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力
AUTOSPORT web
何食べたら思いつくのかな……80年代、90年代の日産・三菱・ダイハツのカタログ秀逸コピーが凄い!
何食べたら思いつくのかな……80年代、90年代の日産・三菱・ダイハツのカタログ秀逸コピーが凄い!
ベストカーWeb
約1億円のアウディは日本にあった個体でした。「クワトロスポーツ」がなぜ高額落札されるのかの理由を説明します
約1億円のアウディは日本にあった個体でした。「クワトロスポーツ」がなぜ高額落札されるのかの理由を説明します
Auto Messe Web
日産 GT-R【1分で読める国産車解説/2023年版】
日産 GT-R【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
スポーツカーの原点「メルセデス・ベンツ SL」70年の輝かしい歴史
スポーツカーの原点「メルセデス・ベンツ SL」70年の輝かしい歴史
AutoBild Japan
来場でミニカー、成約でドラレコ 気付けばあなたもフィアット・オーナーに キャンペーン開催
来場でミニカー、成約でドラレコ 気付けばあなたもフィアット・オーナーに キャンペーン開催
AUTOCAR JAPAN
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
ウイリアムズも“F1界のトレンド”を追従。シェイクダウンで明かされた2024年マシンFW46の実車で見えたコト
motorsport.com 日本版
WRCチャレンジプログラム2期生、ラリー2での2戦目『ラリー・スウェーデン』で完走果たす
WRCチャレンジプログラム2期生、ラリー2での2戦目『ラリー・スウェーデン』で完走果たす
AUTOSPORT web
データシステムの新製品2アイテム。人気のハイマウントリアカメラとTV-KIT&TV-NAVIKITシリーズ
データシステムの新製品2アイテム。人気のハイマウントリアカメラとTV-KIT&TV-NAVIKITシリーズ
カー・アンド・ドライバー
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン中にカーボンニュートラル燃料投入か。JRP社長「準備を進めている」
スーパーフォーミュラ、2024年シーズン中にカーボンニュートラル燃料投入か。JRP社長「準備を進めている」
motorsport.com 日本版
ヤマハ MT-10(23-)用「フェンダーレスキット」がネクサスから発売!
ヤマハ MT-10(23-)用「フェンダーレスキット」がネクサスから発売!
バイクブロス
【ロイヤルエンフィールド】正規販売店「ROYAL ENFIELD 大分」「ROYAL ENFIELD 飯田」が新規オープン!
【ロイヤルエンフィールド】正規販売店「ROYAL ENFIELD 大分」「ROYAL ENFIELD 飯田」が新規オープン!
バイクブロス
アクティブのパフォーマンスダンパーに SV650/X用が登場!
アクティブのパフォーマンスダンパーに SV650/X用が登場!
バイクブロス
最強「スープラエンジン」搭載のトヨタ「“商用”クラウン」登場!? 480馬力の爆速仕様! 「速そうには見えない」ヤバすぎ高級車に反響集まる
最強「スープラエンジン」搭載のトヨタ「“商用”クラウン」登場!? 480馬力の爆速仕様! 「速そうには見えない」ヤバすぎ高級車に反響集まる
くるまのニュース
空気を味方に!? MotoGPマシンの空力デバイスがスゴイことになっている
空気を味方に!? MotoGPマシンの空力デバイスがスゴイことになっている
バイクのニュース

みんなのコメント

6件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.9270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村