現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの考える“スポーティ”はマイルドだった──新型クラウン・スポーツ試乗記

ここから本文です

トヨタの考える“スポーティ”はマイルドだった──新型クラウン・スポーツ試乗記

掲載 1
トヨタの考える“スポーティ”はマイルドだった──新型クラウン・スポーツ試乗記

フルモデルチェンジしたトヨタの新型「クラウン・スポーツ」の魅力はいかに? 小川フミオがリポートする。

スポーツならではのキャラクター

新型スズキ・スイフト登場!──GQ新着カー

新型クラウンは大胆にも、4つのバリエーションが設定されている。そのなかで、走りの楽しさを提供しようというのがクラウン・スポーツだ。

2023年10月、クラウンシリーズに追加されたクラウン・スポーツは、先行して発売されたクラウン・クロスオーバーと、基本プラットフォームを共用。フロントエンジンとモーターを組み合わせたドライブトレインも同様だ。

ホイールベースは、よりスポーティ性を追求した結果だろう、2770mm。クラウン・クロスオーバーの2850mmよりは短い。

ホイールベースを持つプラットフォームもクロスオーバーと共用。まず、クロスオーバーと同じスペックスの2.5リッターエンジンを使ったハイブリッドが発売され、追ってプラグイン・ハイブリッドが登場する。

今回乗ったのは、スタンダードなハイブリッドモデル。スタイリングは、クロスオーバー型のハッチバックだ。

クロスオーバーというのは、ちょっとルーフの前後長を伸ばすとともに、リヤクオーターウインドウを設けてステーションワゴン的な雰囲気もだしている。

「ハンマーヘッド」と、トヨタのデザイナーが呼称する縦幅の狭い灯火類と、大きく見えるグリルを中心としたフロントのエアダムによる、2階建てのフロント部分がまず目をひく。

全体を見ると、21インチ径のホイールと組み合わせたタイヤの存在感と、力強く張り出したフェンダーなど、官能性を強く意識させるデザインが、スポーツならではのキャラクターになっている。

ハリアーの兄貴分ドライビングの印象は、たしかに「走りを意識した」と述べる、開発者の言葉がすぐ頭に浮かんだ。

前輪駆動をベースに、後輪を電気モーターで駆動するオンデマンド型4WDシステムは、負荷や走りかたに応じて前後の駆動配分を自動調整する。前輪への100%のトルク配分から、後輪へ80%まで、かなり幅が広い。これで、コーナリング性能などの向上を狙っている。

スポーツにはさらに「DRS(ダイナミック・リアステアリング)」という後輪操舵機構がそなわる。高速道路では前輪と同位相(同じ方向)に後輪が向くことで仮想ホイールベースを長くして、レーンチェンジの際などの走行安定性を高める。

いっぽう市街地の十字路やコインパーキングなど狭めの場所では、前輪とは逆の方向に後輪が向くことで、小まわりが効く。メルセデス・ベンツ車のように極端なほど角度がつくことで慣れないと焦る、ということもなく、操縦しやすい。

スポーツのよさは、安定した走行性にあるようだ。「クラウンというブランドのイメージを飛び越えないような設定にしました」、開発エンジニアが私に教えてくれたとおりで、適度にスポーティなのだ。

ハイブリッドゆえ電気モーターのトルクを利して、発進加速はよい。そこは、スポーツのイメージどおり。そのあとの加速性もいいけれど、すばやく加速するよりも、ジェントルにアクセルペダルを踏み込んでいったほうが、過剰なエンジン音も抑えられ、気持ちがいいと思った。

足まわりの設定はやや硬め。さきのDRSとともに、コーナリング性能はよくて、速度が高めでも不安感はない。というか、楽しいと感じられるはず。

インテリアで目をひくのは、ダッシュボードに設置された大型のモニタースクリーンだ。デザイン的にすぐれているのは、運転席と助手席をはっきり分けた色づかい。

たとえばサンドベージュなる内装を選ぶと、運転席側はブラック、助手席側はそのサンドベージュと色分けされている。「機能に応じて分けました」とは、担当したデザイナーの言葉だ。

全長4720mmと比較的余裕あるサイズの車体であり、ホイールベースは先述のとおり2770mmと、比較的ショートであるものの、それでも十分。パッケージングがうまく、後席も空間的余裕が十分にある。ハリアーの兄貴分というかんじだ。

車体色には、「マスタード」という黄色や「エモーショナルレッド」という赤色も設定がある。ランボルギーニ「ウルス」のように、運転が楽しめるSUVが欲しいひとにアピールすると思う。

このあと、スポーツにはプラグイン・ハイブリッドが登場する。それもかなり気合いの入った仕上がりのようで、価格差は別として、較べてから購入を検討するのも悪くないかもしれない。

いろいろなことが楽しみになるクルマだ。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.) 編集・稲垣邦康(GQ)

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
WEBヤングマシン
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
くるまのニュース
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
バイクのニュース
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

1件
  • zen********
    新しいトヨタの上級SUVとして見れば魅力あるけどクラウンの一車種と見れば全く魅力・貫禄が無い。内装は特に薄っぺらくてどこにでもありそうな軽薄な感じ。
    クラウンの名を付けるのは間違いだよ。カローラは従来を超えた質感だからリブランド成功かもしれないけどクラウンは質感落ちている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村