現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 129.9万円で輸入車を買えた時代があった! クライスラー「ネオン」は日本車キラーになれませんでした【カタログは語る】

ここから本文です

129.9万円で輸入車を買えた時代があった! クライスラー「ネオン」は日本車キラーになれませんでした【カタログは語る】

掲載 17
129.9万円で輸入車を買えた時代があった! クライスラー「ネオン」は日本車キラーになれませんでした【カタログは語る】

大らかさがキャラのごく普通の小型乗用車だった

クライスラー ネオン。記事としてこういう書き方はどうかと思うし、筆者自身の記憶力の問題もおおいに関係したことでもあるのだが、正直なところ非常に印象の薄いクルマだ。もちろんクルマそのものの登場時のインパクトは決して小さくなかった。

日本で売れまくったクライスラー「PTクルーザー」は、レトロなスタイルで実用的な「ネオン」ベースの車でした【カタログは語る】

当時のカローラ、サニーの1.5L車並みの価格

前後してGMから登場したサターンと同じく、アメリカ国内をはじめ各国市場で日本車キラーの責務を背負って投入されたモデルである。全長4370mm×全幅1720mm×全高1370mmのコンパクトなボディサイズは、それがアメリカ車だとは俄には信じられないような、まさしく当時の日本のミドルクラスセダンに匹敵するほどの小振りさで、そのこと自体は注目に値した。だが、セールス的には芳しい成績を残すことはできず、日本市場では初代が1996~1999年、2代目も2000~2001年で販売を終了。儚くも姿を消したのだった。

1979年12月1日に発売されたYUMINGの9作目のアルバムのタイトルに「悲しいほどお天気」というのがあったが、今、手元にある当時のネオンの立派なカタログ(2代目も含め3冊を保管していた)を見ると、そういう気持ち(=アルバムタイトルのような気持ち)になる。「礼をつくす会社」と打ち上げたサターンもそうだったが、アメリカの大メーカーの力をもってしても、ことに日本市場では日本車をはじめとした小型車市場の牙城を崩すことは並大抵のことではなかったのだった。

ただしアメリカ市場では9000ドルを切る(当時の換算で80万円程度)価格設定で人気を博し、レンタカーなどでもおなじみの車種にもなっていた。ちなみに1996年6月に導入された最初のネオンのラインアップのうちのベースモデルは、5速MTながら2Lエンジンを積み、何と129.9万円の価格設定で、これは当時のカローラ、サニーの1.5L車並み、あるいはグレードによっては安いくらいだった。

ところでアメリカ生産(メキシコでも生産された)のネオンというクルマ、当時のクライスラーとしてはまさに新しいコンセプトのもとに生まれたクルマだった。型破りといっていいコンパクトなボディサイズだったのもそのひとつ。そのうえで、“エッグデザイン”と呼んだ丸型ヘッドライトを配置したスラントノーズを採用したフロントまわりをはじめ、驚くほどシンプルな造形だった点も印象的だった。

ただし実はそれは、同世代のクライスラーのセダンの流儀にも則ったものでもあった。日本のホンダは今でもMM思想を謳うが、当時のクライスラーもカタログでMM論理(Maximum space for man/Minimum space for machine)と謳い、フロントガラスを思いきり前進させたキャブフォワードのデザインをとっており、当時、アメリカの街中でもよく見かけた同じクライスラー・ディビジョンの上級モデル、ストラトス、ビジョンといった4ドアセダンと相通じるフォルムに仕上げられていた。その意味では立派なクライスラー製4ドアセダンの一員であることのアピールも忘れなかったのである。

電動格納式リモコンドアミラーはグレードを問わず標準装備だった

一方で装備面は、標準装備されるのは必要にして十分といったレベル。たとえばパワーウインドウはカタログの装備表にも(前席)とあるように、後席は省かれていたくらい。反対に電動格納式リモコンドアミラーはグレードを問わず標準装備だったりと、このあたりはいかにも日本車キラーらしい、泣ける配慮だったともいえる。ほかにイルミネーテッド・バニティミラー、チルトステアリング、カップホルダー、パワードアロック、トランクオープナーといった機能は、アメリカ市場でもユーザーが欲するものだっただろうから、このネオンでも標準装備とされていた。

マニュアルエアコンディショナー、CDチェンジャー対応型カーオーディオ、6:4分割可倒式リアシートなどもグレードを問わず全車に与えられていた。

肝心の走りだが、冒頭でも記したとおり試乗はしたはずだが、あろうことかその記憶が薄く、記録もないので、残念ながらここで胸を張ってお伝えできないことをどうかご勘弁いただきたい。けれど朧(おぼろ)げながらの印象でいうと、2Lエンジン(134ps/17.8kgm)+3速ATによる動力性能は決して線が細くはない……というよりむしろ骨太なほどで、アクセルを踏み込めばザーッと力強く加速してくれた……ような気がする。乗り心地もサイズの大きなアメリカ車とは明らかに違う、軽快さと大らかさを併せ持ったような普通の乗用車……そんなところだったと思う。

ちなみに前述のとおり、一瞬で市場から姿を消したものの2代目も登場。手元にカタログが残っていることからも、日本市場にも導入された。この2代目はダイムラー・クライスラー時代、メルセデス・ベンツとの協業が背景にあった頃のクルマで、モノとして、クルマそのもののクオリティが大きく向上したと当時は評価された。話は前後するが、ネオン(初代)と共通のプラットフォームから生まれたのが、あのPTクルーザーだった。

こんな記事も読まれています

スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
大都市の公共交通「1日無料デー」が新たな経済効果を生む! 北九州市ではなんと3.5億円、課題も含めて考える
Merkmal
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
コンパクトなのに車内は広々! 大人3人が快適に寝られるホンダN-VANがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ええ、オーストラリアはランクル250じゃなくてプラドなの!? だったら日本もプラドの名前でいいんじゃないか説
ベストカーWeb
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!!  温冷庫がついてたの初代は!!  やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ハンドルが真上になるだけじゃないのよ!! 温冷庫がついてたの初代は!! やっぱエクストレイルは初代が一番らしさ満点じゃない????
ベストカーWeb
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
ボルボ車がサーキットを埋め尽くす!国内最大級のファンミーティングが8月開催 千葉・袖ケ浦
グーネット
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
ホンダ 次世代EV「イエ」シリーズ世界初公開 2027年までに中国で6機種を投入へ
グーネット
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
上級車種の装備を積極的に採用!! それで154万円~ってマツダ2のコスパ最強すぎ! コツコツ改良で熟成が進む
ベストカーWeb
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
新型CX-80めっちゃ長いやん絶対!! CX-60そっくり顔で違いは長さだけか!? 今度は大丈夫か!?!?
ベストカーWeb
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
トヨタ プリウス 13万台超をリコール 後席ドアハンドルに不具合
グーネット
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
マツダ最多の販売はCX-5!! エンジン性能やボディ剛性の向上も300万円切りで安すぎなのよ! 地道な改良で進化を続ける
ベストカーWeb
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
「ドイツ2000kmラリー」に1937年式オペル「オリンピア」で参加! 旧東ドイツでは有名人になった気分を体験しました【クルマ昔噺】
Auto Messe Web
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
【24’ 4/15最新】レギュラーガソリン 5週ぶりの値下がり 平均価格は174.9円
グーネット
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
快適な長距離クルーザー:ジープ・アベンジャー 成長過程の特有な個性:BYDドルフィン 魅力的な特徴は多いケド:ボルボEX30 お手頃EV 12台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
リカルドの状況は「大きく改善している」とRB代表。ローソンの存在がプレッシャーを与えることはないと主張
AUTOSPORT web

みんなのコメント

17件
  • sug********
    当時アメリカで赤のネオンを通勤に使っていました。朝に夕にテンションを上げてくれる楽しい車でした。今はジムニーに乗っていますが、車はこれで十分と割り切らせてくれる清々しさが共通点と感じています。
  • g********
    サターンよりいいデザインだったが
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

215.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ネオンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

215.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村