現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイブリッドなのに日陰の存在! ひっそり消えたマイナーHV車3選

ここから本文です

ハイブリッドなのに日陰の存在! ひっそり消えたマイナーHV車3選

掲載 更新
ハイブリッドなのに日陰の存在! ひっそり消えたマイナーHV車3選

 今考えると時代を作った偉大なるモデルもある

 もはや街中でハイブリッド車を見ない日はないほど一般化したハイブリッド。2018年9月度の販売台数ランキングのトップ10でもラインナップの中にハイブリッド車を持たないのは10位にランクインしたトヨタ・ルーミーのみとなっているほどだ。そんな大人気のハイブリッド車でも、中にはマイナーな存在となってしまった車種も存在している。今回はそんなマイナーハイブリッド車をチェックしてみよう。

このご時世に燃費「リッター10km未満」の国産車が生き残れるワケとは

 1)トヨタ・オーリスハイブリッド

 欧州では「カローラ」ブランドからリリースされていたオーリスは2006年に日本に導入され、2012年には2代目へとフルモデルチェンジを果たした。当初は1.5リッターと1.8リッターの2種類のエンジンのみだったが、2015年4月のマイナーチェンジでダウンサイジングターボの1.2リッターターボもラインアップに加わっている。

 そして今年になって3代目オーリスがカローラスポーツと名前を変えて日本に導入された……と記憶している人も多いかもしれないが、今からさかのぼること約2年前の2016年4月にコッソリとオーリスにもハイブリッドモデルが追加されていた。すでに現行プリウスが登場していたタイミングながらシステム的には先代プリウスのものを採用していたため、とくに話題に上ることもなく2年経たずに消滅した不運のグレードである。

 2)ホンダ・シビックハイブリッド(初代)

 シビックのハイブリッド自体がそれほど認知されていないという可能性もあるが、なかでもイメージがあるのは8代目シビック登場時に追加されたモデルではないだろうか? しかしじつはシビックハイブリッドの初代はその1世代前の7代目シビックのセダン(フェリオ)に設定されたモデルだったのである。

 そもそもES型シビックフェリオもハイパワーなDOHC VTECエンジンの設定などもなく地味な存在ではあったが、じつは空力に優れたボディを持っており、それをベースに1.3リッターエンジンと初代インサイトに搭載されたホンダIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)の進化版を搭載し、10・15モード燃費で29.5km/Lという低燃費を実現していたのだ。

 3)ダイハツ・ハイゼットカーゴハイブリッド

 なんと市販量産軽商用車初のハイブリッドモデルだったのが、2005年8月に登場したダイハツ・ハイゼットカーゴハイブリッドだ。薄型のモーターをエンジンと電子制御式4ATの間に配置した、1モーター方式のコンパクトな「ダイハツ ハイゼット ハイブリッド システム」を採用し、後席の下にバッテリーを収納したため若干荷室空間が減少しているが、ほぼガソリン車と同等の室内空間を確保していた。

 しかし、驚くべきはその価格で、なんと221万5500円! 当時は新車購入で約30万円の補助金が出たとはいえ、高額なことに変わりはない。当時の月間販売目標は25台と控えめで、車両型式も「ダイハツLE-S320V改」となるようにはじめから台数を売るために生まれたモデルではなく、官公庁などがターゲットだったと思われる。

こんな記事も読まれています

ついに始まった首都高「新ルート事業」の凄さとは 「箱崎の渋滞」も変わる!? 都心に地下トンネル「新京橋連絡路」爆誕へ
ついに始まった首都高「新ルート事業」の凄さとは 「箱崎の渋滞」も変わる!? 都心に地下トンネル「新京橋連絡路」爆誕へ
くるまのニュース
新型コンパクトSUV『EMZOOM』、世界市場で成功…中国広州汽車
新型コンパクトSUV『EMZOOM』、世界市場で成功…中国広州汽車
レスポンス
日本でまさかの拳銃を使ったタクシー強盗発生! キャッシュレス化で現金をもたない仕組み作りが一番の解決策
日本でまさかの拳銃を使ったタクシー強盗発生! キャッシュレス化で現金をもたない仕組み作りが一番の解決策
WEB CARTOP
全長5m級!トヨタが新たな「ラージSUV」まもなく発売!? 17年ぶり復活! 斬新フェイス&車中泊出来そう空間の「クラウン」 発売はどうなった?
全長5m級!トヨタが新たな「ラージSUV」まもなく発売!? 17年ぶり復活! 斬新フェイス&車中泊出来そう空間の「クラウン」 発売はどうなった?
くるまのニュース
伝統を継承するマッスルクルーザー! スズキが米北米市場で2025年型「ブルバードM109R」を発売
伝統を継承するマッスルクルーザー! スズキが米北米市場で2025年型「ブルバードM109R」を発売
バイクのニュース
本田宗一郎とイーロン・マスクに共通点があった? 稀代の経営者を支える「無知の知」とは何か
本田宗一郎とイーロン・マスクに共通点があった? 稀代の経営者を支える「無知の知」とは何か
Merkmal
フレキシブルウイング巡る論争が再燃。メルセデスに注目集まるも、今のところFIAは介入せず
フレキシブルウイング巡る論争が再燃。メルセデスに注目集まるも、今のところFIAは介入せず
motorsport.com 日本版
驚異のパフォーマンス向上! 最新スパークプラグの技術とその効果~カスタムHOW TO~
驚異のパフォーマンス向上! 最新スパークプラグの技術とその効果~カスタムHOW TO~
レスポンス
シボレー コルベット【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
シボレー コルベット【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
『ぽんこつジムニー』ハコ替え計画26-1「JB64のシートを移植しよう」
『ぽんこつジムニー』ハコ替え計画26-1「JB64のシートを移植しよう」
グーネット
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
【新車価格情報】軽自動車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年6月20日時点
カー・アンド・ドライバー
日産が新型「流麗セダン」初公開! “キラキラ”大型グリル&精悍ホイール! 最新機能モリモリの小型セダン「セントラ」ブラジルで発売!
日産が新型「流麗セダン」初公開! “キラキラ”大型グリル&精悍ホイール! 最新機能モリモリの小型セダン「セントラ」ブラジルで発売!
くるまのニュース
日本上陸が待ち遠しい! ジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」の欧州での受注が早くも10万台突破 愛される理由とは
日本上陸が待ち遠しい! ジープ最小コンパクトSUV 新型「アベンジャー」の欧州での受注が早くも10万台突破 愛される理由とは
VAGUE
ケータハムが70~80年代の人気モデルに現代風のアレンジを加えた「スーパーセブン600」と「スーパーセブン2000」を発売
ケータハムが70~80年代の人気モデルに現代風のアレンジを加えた「スーパーセブン600」と「スーパーセブン2000」を発売
@DIME
【おもちのビート】レンタカーのS30Zで峠と高速道路を運転したら色々とヤバかった
【おもちのビート】レンタカーのS30Zで峠と高速道路を運転したら色々とヤバかった
月刊自家用車WEB
トヨタ 新「プリウス”スポーツカー”」に大反響! “GT風”バンパー&重低音マフラー採用! ド迫力エアロの「ハイブリッドスポーツカー」7月発売へ
トヨタ 新「プリウス”スポーツカー”」に大反響! “GT風”バンパー&重低音マフラー採用! ド迫力エアロの「ハイブリッドスポーツカー」7月発売へ
くるまのニュース
ランドローバーが日本文化からインスピレーションを得てデザインされた「レンジローバーSV ビスポーク1858エディション」が登場
ランドローバーが日本文化からインスピレーションを得てデザインされた「レンジローバーSV ビスポーク1858エディション」が登場
@DIME
イタルジェット「ドラッグスター125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
イタルジェット「ドラッグスター125」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8178.2万円

中古車を検索
オーリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8178.2万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村