現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産「エルグランド」改良発表も「早く全面刷新を!」の声続々! 次期型「E53」チラ見せも!? 新型に期待!

ここから本文です

日産「エルグランド」改良発表も「早く全面刷新を!」の声続々! 次期型「E53」チラ見せも!? 新型に期待!

掲載 11
日産「エルグランド」改良発表も「早く全面刷新を!」の声続々! 次期型「E53」チラ見せも!? 新型に期待!

■新型「エルグランド」どんな姿で登場する?

 日産「エルグランド」の一部仕様変更が発表され、2024年4月中旬に発売されます。
  
 現行モデルのエルグランドは2010年にデビューした3代目モデル(E52型)です。登場から14年を迎える日産の最高級ミニバンで、ラグジュアリーな外観にゆとりのある広い室内と上質な内装を持ち合わせています。

【画像】「えっ…!」これが次期「エルグランド」!? 画像を見る

 また、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全装備で構成される「360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」や、低重心プラットフォームによる優れた操縦安定性などが評価を得ています。

 ロングセラーモデルの現行エルグランドは、これまでに2回のマイナーチェンジと複数にわたる仕様変更によって常にアップデートがおこなわれています。

 そのうえで、今回の一部改良では、「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)」と「ディスプレイ付自動防眩式ルームミラー」を全車に標準装備。これにより安全性の向上を図りました。

 なお、今回の改良は、日産モータースポーツ&カスタマイズが手掛ける4人乗り仕様も設定したエグゼクティブ向けの「VIP」やカスタムカー「AUTECH」、福祉車両「ライフケアビークル」にも施されます。

 改良モデルのエルグランドに対して、ネットやSNSではさまざまな声が寄せられています。

 そのなかでも多いのが「モデルチェンジ」に関する投稿です。

「早くフルモデルチェンジしようよ」「E53(4代目)はいつになったら出るのでしょうか」「廃盤になるよりはまだマシだが、早期の全面刷新を期待したい」など、現行モデルが14年目を迎えた今、フルモデルチェンジを心待ちにしているファンが多いことがわかります。

 さらに、「次のモデルチェンジでは電動化だろう」「e-POWERは?」「プロパイロット採用しないの?」など、日産の最新技術を搭載したエルグランドが求められているようです。

 日産は2023年10月に行われた第1回「ジャパンモビリティショー」で、ミニバンのコンセプトカーとして「ハイパーツアラー」を世界初公開。

 近未来的なデザインで登場したハイパーツアラーは、堂々としたスタイリングのラージミニバンであったことから、「次期エルグランドか!?」と大いに話題となりました。

 このハイパーツアラーは「プレミアムEVミニバン」といえ、パワーユニットは全固体電池のバッテリーをエネルギー源とするBEV(バッテリーEV)で、静粛性が高い室内空間はもちろん、優れたバッテリー性能で長い航続距離と高い充電性能が期待できます。

 また、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE」を搭載し、低重心かつスムーズでフラットな乗り心地を実現。ロングドライブでも疲れにくく、快適に移動することができるでしょう。

 加えて、新たな経営計画として2024年3月25日に発表された「The Arc」では、2024年度から2026年度にかけおよそ3年間で30車種の新型車が投入されることや、電動化の推進などについて説明しました。

 同時に、これから投入される新型モデルのシルエットも映像で公開。そのなかに「次期型エルグランド」を想起させるラージミニバンの姿も含まれていることから、いよいよフルモデルチェンジかと注目されています。

 映像を見た人からは「次期エルグランド、カッコ良いのでは!?」「次期エルグランドっぽいの、いますね!」「次期エルグランドらしき車種ともう一台ミニバンのようなのがありますが、そちらも気になります」といったコメントもが寄せられており、新型エルグランドの登場に期待する人も多いようです。

こんな記事も読まれています

日産「新型エルグランド」初公開か!? 元祖「キング・オブ・ミニバン」ようやくの“全面刷新”に期待大! 次期「超高級ミニバン」の姿を徹底分析!
日産「新型エルグランド」初公開か!? 元祖「キング・オブ・ミニバン」ようやくの“全面刷新”に期待大! 次期「超高級ミニバン」の姿を徹底分析!
くるまのニュース
アンダー250万円の日産「コンパクトカー」なぜ人気? 加速感イイのがポイント? 「NOTE」の魅力とは
アンダー250万円の日産「コンパクトカー」なぜ人気? 加速感イイのがポイント? 「NOTE」の魅力とは
くるまのニュース
日産「新型スカイライン」は伝統の「丸目4灯テール」採用!? 新たな「V38」に期待大! まさかの「スカイライン“e-POWER”」登場か
日産「新型スカイライン」は伝統の「丸目4灯テール」採用!? 新たな「V38」に期待大! まさかの「スカイライン“e-POWER”」登場か
くるまのニュース
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
くるまのニュース
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
トヨタ新型「エスティマ」!? 斬新「タマゴ型」×スポーティデザインが超カッコイイ! 「超静音モデル」化予想のCGが公開
くるまのニュース
ホンダ新型「高級ミニバン」登場! 516万円の最上級&ブラック仕様が売れまくり!? 新型「オデッセイ」何がイイ?
ホンダ新型「高級ミニバン」登場! 516万円の最上級&ブラック仕様が売れまくり!? 新型「オデッセイ」何がイイ?
くるまのニュース
日産「新キャラバン」発表! “オシャグリーン”新採用&安全性アップで258万から! 車中泊モデルも設定
日産「新キャラバン」発表! “オシャグリーン”新採用&安全性アップで258万から! 車中泊モデルも設定
くるまのニュース
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
マツダ新型「CX-5」登場へ! 自社製ハイブリッド搭載に「楽しみ!」「大きく変えないで」の声も!? 次期型の反響は?
くるまのニュース
三菱「次期型デリカ」!? 超ビッグ&タフな「SUVミニバン」! “絶対安全大空間”備える「D:X」は何を指し示すのか
三菱「次期型デリカ」!? 超ビッグ&タフな「SUVミニバン」! “絶対安全大空間”備える「D:X」は何を指し示すのか
くるまのニュース
トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! 驚きの”レクサス顔”に進化!? 顔面刷新の”最売れモデル”「カローラクロス」亜で登場
トヨタ新型「コンパクトSUV」発表! 驚きの”レクサス顔”に進化!? 顔面刷新の”最売れモデル”「カローラクロス」亜で登場
くるまのニュース
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
ホンダが斬新タテ目の「新型スポーティSUV」初公開! 同時に「スタイリッシュ4ドアセダン」も!? 中国登場だけど日本での反響は?
くるまのニュース
ホンダ新型「フリード」8年ぶり“全面刷新デザイン”に大注目! 「シンプルで先進的!」「角張っててイイ」気になるユーザーの声は?
ホンダ新型「フリード」8年ぶり“全面刷新デザイン”に大注目! 「シンプルで先進的!」「角張っててイイ」気になるユーザーの声は?
くるまのニュース
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ  自社ハイブリッド搭載明らかに
マツダから「次期CX-5」登場! 上質な“ミドルSUV”全面刷新へ 自社ハイブリッド搭載明らかに
くるまのニュース
新型「6人乗りハイエンドミニバン」発売! 国産“最高峰”の「3列目」も採用! 快適すぎるレクサス「新型LM」 サードシートの特徴は
新型「6人乗りハイエンドミニバン」発売! 国産“最高峰”の「3列目」も採用! 快適すぎるレクサス「新型LM」 サードシートの特徴は
くるまのニュース
日産 新型「ノートSUV」間もなく世界初公開! 精悍グリルがカッコイイ! 新型「ノート“クロスオーバー”」発表へ
日産 新型「ノートSUV」間もなく世界初公開! 精悍グリルがカッコイイ! 新型「ノート“クロスオーバー”」発表へ
くるまのニュース
ホンダが“ミニ ステップワゴン”初公開!? 小型ミニバン全面刷新で、新型「フリード」6月発売! 新旧で何が変わった?
ホンダが“ミニ ステップワゴン”初公開!? 小型ミニバン全面刷新で、新型「フリード」6月発売! 新旧で何が変わった?
くるまのニュース
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
3500万円! 日産が新型「GT-R」実車展示! 存在感スゴい「最強仕様」がNYに登場! 進化した「新デザイン」採用に反響あり
くるまのニュース
約150万円! トヨタ新型「プロボックス」登場! まさに「商用バンの皇帝」22年目のハイテク進化に反響あり!「トヨタの最高傑作!」の声あつまる
約150万円! トヨタ新型「プロボックス」登場! まさに「商用バンの皇帝」22年目のハイテク進化に反響あり!「トヨタの最高傑作!」の声あつまる
くるまのニュース

みんなのコメント

11件
  • tat********
    現行ユーザーはFMCを望むんだろうけど、メーカーにしてみたら、今更アルファードと負け戦なんかしたくないだろうね。
    ミニバンは難しいよね、いかにオラついた顔にできるかくらいしか勝負所が無いんだから。
  • okd
    やばいな日産!
    お願いだから、あの発展途上っぽいデジタルVモーション?やめてくれーー。デザイナー大丈夫かーー 笑われてるぞまじで。アリア顔で統一すればいいやん
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索
エルグランドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.2837.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0560.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村