現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 荷室を大きくとれて実用性もバッチリ!! 好評のシエンタも乗ってわかったダメなところ

ここから本文です

荷室を大きくとれて実用性もバッチリ!! 好評のシエンタも乗ってわかったダメなところ

掲載 8
荷室を大きくとれて実用性もバッチリ!! 好評のシエンタも乗ってわかったダメなところ

 可愛らしいフロントマスクで登場したコンパクトミニバンのシエンタ。7人乗りの3列シートを畳むと荷物室が広いのも特徴と言える。しかし、実際に乗ってみると苦手分野も見えてきたのだ。

※本稿は2023年9月のものです
文/水野和敏、写真/ベストカー編集部、撮影/池之平昌信
初出:『ベストカー』2023年10月26日号

荷室を大きくとれて実用性もバッチリ!! 好評のシエンタも乗ってわかったダメなところ

■乗ると左右差を感じるクルマに……

全長4260mm、ホイールベース2750mm。フリードと比べるとエンジンルームの前後長がやや長く、そのぶん車室全長が短くなっているため、3列目が狭いのだ

 ゆっくり走りながらステアを大きく切ると、反応が薄いです。しかも、左はより反応が薄く、右に切った反応のほうが早いです。操舵力も左が重く右が軽い。

 これはショックアブソーバーですね。左フロントのショックアブは滑らかに動きだすので、右転舵時は左フロントがスッと沈んで応答が早い。対して左旋回では、右側フロントショックアブの動きはじめが渋いのでストロークが遅れ、初期応答が鈍くなっています。

 あえて左右ショックアブの減衰特性を変えているとは思えないので、これは製品の製造誤差です。おそらく0.03~0.05m/sec.あたりの微小入力域の減衰特性に差があるのです。

 実際、JISの規定による製造誤差の範囲は10%まではOKなので、誤差の上下範囲の組み合わせでは、このような左右差が体感できることもあります。もうちょっと管理をして欲しいところです。

 ふた昔も前のタイヤや車体構造であれば、このような製造誤差は感じられない「緩さ」がありました。しかし、タイヤの応答性や剛性バランス、そしてステアリングの作動精度や車体剛性なども格段に向上した現状では、昔の管理基準のままでは粗さが体感できてしまうのです。

■足と騒音に若干の不安が

車体の剛性はじゅうぶんで操舵に対する追従性も良好。エンジンルームからの騒音が車内に入ってくるのが難点か

 シエンタの足は、バネ自体はソフトなのですが、路面のザラザラ感を伝えます。これもショックアブです。低速域の作動抵抗が大きく、0.08m/sec.以下での動きが渋いので路面の凹凸を敏感に伝えています。フリードのショックアブは低速の抜きがよくスムーズに動きます。

 車体の剛性に問題はありません。しっかりとした車体です。速度を上げていった際の操舵に対するリアの追従バランスも悪くない。フロントがスッと向きを変えるのに対してリアもしっかりと付いてくる。

 ただ、エンジンの“ガーガー”音が容赦なく車室内に入ってきます、これは煩い。欧州車のように、エンジンルームのエアコン吸い込み口周辺のシールをしっかりするだけで、ずいぶん改善されるはずです。

 ブレーキはちょっとリアの接地が抜けてフロント頼りです。フルの乗車も考慮して、ノーズダイブを抑えてリアの制動を活かして欲しいです。

■水野和敏 取材メモ

無塗装樹脂バンパーガードをデザインの一部として溶け込ませ、安っぽく見せないひと工夫が効いている。擦った時の修理費用も抑えられる

・一見、かわいらしいフロントマスクばかりが目立つが、無塗装樹脂バンパーガードなどを上手にデザインに取り込んで、安っぽくなくまとめた秀逸なデザインだ

・2列目シートをチップアップして3列目は床下にダイブダウン。広くフラットな荷室ができるが、3列目シートは座面が小さくクッション薄く、非常用と割り切った

・直3、1.5Lエンジンのハイブリッドは、ヤリスなどで実績があり、優れた燃費だが、ややうるさい

■トヨタ シエンタハイブリッド(91点)

水野さんがトヨタ シエンタにつけた得点は91点

 まずはエクステリアデザインがいい。一見かわいらしさだけを狙ったデザインのように思われるが、実用的で、例えば無塗装ブラック樹脂部品を傷つけやすいバンパー角部などに使うことで修理費用を抑えるよう配慮されている。

 2列目をクルリと前倒しして、さらに3列目シートは床下にダイブダウンする構造で、フラットで低く広い荷室を作り出せるユーティリティ性は実用車として配慮された工夫。

 ただし、エンジンルームの大きさと、ダイブダウン機構にしたため、3列目シートの座面も背もたれも小さく、クッションも薄い。あくまでもエマージェンシー用に割り切ったシートだ。

●トヨタ シエンタZ(7人乗り)主要諸元
・全長:4260mm
・全幅:1695mm
・全高:1695mm
・ホイールベース:2750mm
・最低地上高:140mm
・最小回転半径:5.0m
・車両重量:1370kg
・エンジン:直列3気筒DOHC
・総排気量:1490cc
・最高出力:91ps/5500rpm
・最大トルク:12.2kgm/3800-4800rpm
・モーター出力/トルク:80ps/14.4kgm
・トランスミッション:電気式無段変速機
・WLTCモード燃費:28.5km/L
・Fサスペンション:ストラット
・Rサスペンション:トーションビーム
・タイヤサイズ:185/65R15
・車両価格:291万円

こんな記事も読まれています

アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
角田裕毅、テスト初日を終えて満足。今のポジションは”中団上位”か?「予想していたよりも良いスタートが切れた」
motorsport.com 日本版
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
「ゴールド免許」が取れない!? 条件は「無事故無違反」だけじゃない? ゴールドならではのメリットは?
くるまのニュース
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
将来ETCが使えなくなる!? ETCの2030年問題とは
バイクのニュース
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
現役・整備工場店長が、現場経験&ノウハウを活かして支援する“デジタル集客”…IAAE 2024で提案
レスポンス
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
国内最大規模のフェラーリ複合施設「Nicole Competizione プレオウンドショールーム&サービスセンター」が横浜・都築区にオープン
LE VOLANT CARSMEET WEB
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
クルマもいよいよChatGPT の時代に突入! DSオートモビルが自動車ブランドとして初めてChatGPT機能を標準装備
カー・アンド・ドライバー
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
メルセデス代表、疑惑渦中のレッドブル・ホーナー代表についてコメント「F1関係者は、模範となるべき」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
トヨタ「ランドクルーザー」35年ぶりに復活! カクカクボディでハイブリッド搭載!? 新型「ランクル」カナダで初公開!
くるまのニュース
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
ロイヤルエンフィールド「メテオ350」新型シリーズ「オーロラ」発表 既存モデルもアップグレード
バイクのニュース
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
安心・安全の未来へ! NGKのアイアクセルが自動車業界に革新をもたらす…大阪オートメッセ2024
レスポンス
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
クルマのエンジン音で赤ちゃん安心! そんな驚きのグッズが発売中なんです
ベストカーWeb
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
ファッションの世界から着想を得た「DS COLLECTIONモデル」の「DS3 Esprit de Voyage」が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
〈2024春闘〉ホンダとマツダ、回答指定日を待たず満額回答 過去最高水準の賃上げ
日刊自動車新聞
【ロードスター試乗記】ドライビングマニアを刺激する新たな武器「逆1.5Way LSD」を搭載
【ロードスター試乗記】ドライビングマニアを刺激する新たな武器「逆1.5Way LSD」を搭載
Auto Prove

みんなのコメント

8件
  • ごうまえのり
    とても立派は能書きでしたね!普通に運転する分には全く気になりませんし問題なんて全く無い事案ですね。積載優先、人優先・・・元々人数分のちょっとした荷物しか積まないでしょうし貨物車では無いですからね。笑
  • jit********
    シエンタ乗ってます。
    他にも持っているので、冷静に記事を読んで痛く納得します。好きな車の一つで、欠点も個性として乗り込んでいますが、指摘された内容は全て体感できます。
    これを全部解決してしまうと、いくらの車になるんでしょうね。既に先代、先先代と比べ、同じ形状で価格が上がりすぎの印象です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

195.0310.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5368.0万円

中古車を検索
シエンタの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

195.0310.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

5.5368.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村