現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エレガントで美しいデザインと「FR」の走りで魅了したS13シルビア!! 日産よ今こそ復活すべきだ!?

ここから本文です

エレガントで美しいデザインと「FR」の走りで魅了したS13シルビア!! 日産よ今こそ復活すべきだ!?

掲載 45
エレガントで美しいデザインと「FR」の走りで魅了したS13シルビア!! 日産よ今こそ復活すべきだ!?

 日産ヘリテージコレクションの名車たち(迷車と珍車も含む!?)を紹介していく新企画の1回目は、今なお復活の声が途絶えることのない名車である歴代シルビアきっての人気者、5代目S13型をクローズアップしよう!

文/大音安弘、写真/池之平昌信、ホンダ

エレガントで美しいデザインと「FR」の走りで魅了したS13シルビア!! 日産よ今こそ復活すべきだ!?

■走りもデザインも一級品だった!

座間にある日産ヘリテージコレクション内にあるS13シルビアQ´sの前期型モデル。今見てもエレガントで美しいエクステリアデザインだ

 S13型シルビアは1988年5月17日に発表され、同日より販売を開始。当時は、「技術の日産」として、世界で勝負できるクルマ作りに挑んでいた時代である。後輪マルチリンクサスペンションを備えたFRレイアウトを始め、高出力のターボエンジン、後輪操舵機能「ハイキャスII」などにより走行性能も新技術でしっかりと磨き上げていた。

 しかし、それはシルビアの魅力のひとつに過ぎない。同様に力を入れていたのが、デザインだ。「ART FORCE SILVIA」(アートフォース シルビア)のキャッチコピーが物語るように、洒落っ気も重視した。

 その背景には、デートカーとして一世を風靡した3代目「プレリュード」の存在があり、その撃墜を狙って徹底的に磨き上げられたが、S13だったのだ。この頃の日本は、バブル経済の真っただ中。消費者の購買欲も高く、若者も高価格帯商品への関心が高く、クルマもよく売れた。その時代が生んだ名車といっても過言ではないだろう。

[articlelink]

■当時はまだ高額な物品税が課せられていた

S13シルビアQ´sのインパネ

 撮影車について紹介しよう。発売年である1988年式の「Q´s」だ。同グレードはシリーズの中間グレードであり、最量販を誇った。それにATなどのオプションを装着したものである。

 発売時のシリーズ価格帯は、166万5000~214万円(5速MT・東京・名古屋・大阪・福岡地区の価格)で、撮影車のQ´sの車両本体価格は176万5000円(MT仕様・オプション含まず)。今の感覚では「安い」のひと言だが、まだ消費税もなかった時代であり、この価格のうえに高額の物品税が課せられていた。

 そして忘れてはいけないのがエアコン。まだ当時は高価なオプションであり、フルオートエアコンは、21万2000円のディーラーオプションであった。そして、印象的なライムグリーンツートンは、前期型のイメージカラーであり、カタログでも主役。

Q´sは最高出力135ps/6400rpm、最大トルク16.2kgm/5200rpmの自然吸気型1.8LDOHCのCA18DEを搭載していた

 メイン掲載車が、Q´s AT車の純正アルミホイール装着車だったので、より当時の雰囲気を思い起こさせてくれる。搭載エンジンは、自然吸気仕様のCA18DE型で、最高出力135ps/6400rpm、最大トルク16.2kgm/5200rpmに過ぎないが、車両重量が1100kg前後と軽量なこともあり、充分な性能を備えていた。

 驚くべきはタイヤサイズで、なんと標準のフルホイールキャップ仕様が185/70R14、アルミホイール仕様でも、195/60R15に過ぎなかった。

■美しいエクステリアデザインはS13の真骨頂

フレアレスデザインとなっているS13シルビアのタイヤハウス部

 S13のエクステリアで注目して欲しいのが、タイヤハウス部だ。有名なポイントだが、フレアレスデザインとなっているのが特徴。一般的には、タイヤハウス周囲には加工フレアがあるのだが、S13にはそれがないため、シンプルで美しいサーフェスデザインを実現している。

 この特徴は、姉妹車である180SXも同様だ。特に丸みを帯びたフロントフェンダーは、「グラマラスフェンダー」というセクシーな呼び名が付けられていたことからも、美しさを大切にしたデザインへの想いが感じられるところだ。

 撮影車は標準仕様のヘッドライトだが、特徴的なアイテムとして、世界初の4灯式プロジェクターヘッドライトも用意。前期型はロー&ハイビームのみがプロジェクターで、イエローフォグは通常タイプ。

 後期型ではイエローフォグもプロジェクター化され、3連プロジェクターヘッドライトに進化した。ただ、明るさだけでいえば標準のほうが上という声もあり、残念ながら、技術としては発展しなかった。

■ベストカー恒例の体当たり企画でも3代目プレリュードと対決!

当時のライバルだったホンダ3代目プレリュード

 インテリアも当時の日産としては、かなりお洒落なもの。主流だった絶壁パネルではなく、低く一体的なデザインとしていた。プレーンだけど、美しい造形に仕上げたのは、やはりデートカーにふさわしい空間作りの一環だ。

エルゴノミックデザインが採用されたS13シルビアのシート。フルバケットタイプのモダンフォルムがウリだった

「モダンフォルム」と呼んだフロントシートは、フルバケットタイプ。もちろん、着座位置を低くするなどドライビング要素を高める側面も備えるが、造詣の美しさと人との一体感を優先した居心地のよさを強く意識した作りであった。

 当時のベストカーを紐解いてみると、「シルビア(S13)vsプレリュード(3代目)」対決として、女子大生にジャッジさせるという体当たり企画を発見。本文の冒頭では、「女の子にイチバン人気のあるクルマと聞かれれば、「プレリュード」という名前がすぐに浮かんでくる」とある。それだけ3代目プレリュードは絶大な人気を誇っていたのだ。

 同企画では、都内の2カ所に実車を持ち込み、女子大生に2台をしっかりと比較してもらうという、ベストカー伝統の体当たり企画。合計47人の協力を願い、その声を纏めて紹介。結果的にはシルビア好き29人対プレリュード好き18人となり、シルビアが勝利。

■当時のベストカーでは引き分けのジャッジに

S13シルビアのリアビュー。フロントにも負けないくらい端正でスタイリッシュな印象だ

 当時の編集部の分析では、シルビアを欲しいクルマというよりも助手席に乗りたい車として結論付けている。S13シルビアが対プレリュードとして充分な戦闘能力を持っていたことがわかる。

 そんな彼女たちの好意的な視線は、販売の成功にひと役買ったのかもしれない。また、デザインや機能、走りなどを徹底比較のなかでは、当時の最新機能である後輪操舵機能の対決「ハイキャスII対4WS」を実施。

 FFのプレリュードは低速域の逆位相があるが、シルビアにはないものの、FRのため小回り性には問題なし。そして制御は機械式のために少し動きに不自然さがあるプレリュードに致して、電子制御のシルビアのほうが出来はいいと紹介。

 ただし、高速走行時の効果は、いずれも申し分ないレベルとある。そこで最終ジャッジは価格勝負となったが、いずれも他社よりも低価格化を図り、同じ8万円ということで、引き分けとジャッジを下していた。

 しかし、同じ機能でもFFとFRでは目的が異なる点も考慮された結果だったのだろう。その後、賛否を呼んだ後輪操舵機能だが、近年、再び輸入車を中心に搭載車が拡大されているのは感慨深いところだ。

 語るべき話題の多いS13シルビアだが、今も走りで語られることが多い。しかし、原点となる前期型を見ていると、そのデザインや世界観へのこだわりを強く感じることができる。

 今や貴重なS13のなかでも、特に前期型は絶滅危惧種にある。日産ヘリテージコレクションを訪ねた際はぜひデザインを中心にチェックし、時代や開発者たちの想いを感じて欲しい。

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

45件
  • firetom
    やっぱりかっこいいね。内装もいいし、スマートな車。
    このイメージのまま出して欲しい。
  • 店長
    セフィーロも良かったと思う。

    シルビアはCMと綺麗だった、雨の中青い影の音に合わせて雨粒がボディを滑っていくシーンは、今でも覚えている。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01080.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

110.01080.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村