現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?

ここから本文です

1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?

掲載 2
1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?

■SEMAショーで発見!スピードアタック仕様の1991年型ハイラックス

 2023年10月31日から11月3日まで開かれた今回の「SEMAショー」ではアメリカ車だけでなく、昨今の日本車人気の影響で日本製のネオクラシックカーや旧車も多く展示されています。
 
 そのなかには見るからに速そうなトヨタ「ハイラックス」もいました。

【画像】もう…見るからに爆速仕様! 凄いトヨタマシンの画像を見る!(20枚)

 SEMA(Specialty Equipment Market Association、米国自動車用品工業会)が1967年より主催している世界最大級のアフターマーケットパーツの見本市「SEMAショー」。アメリカ・ラスベガスで毎年11月に開催されています。

 クルマのカスタムやエンジンのチューニングだけでなく、さまざまな「アフターマーケット」の会社・ブランドがこのショーに集まります。

 展示されるクルマは、純粋なレストアからレストアついでにカスタムも施す「レストモッド」。

 さらにはその上をいく大胆なエンジンスワップなど、そのカスタムジャンルは多種多様です。

 また、特にここ数年ではいわゆる「25年ルール」でアメリカでの登録が解禁された日本製スポーツカーや、それよりも古い世代の旧車の出展が多く見受けられるようになっています。

 このように、日本発祥の自動車文化はアメリカをはじめとする多くの国で大きな注目を浴びているのです。

 今年のSEMAショーも例年通り、さまざまなカスタムを施した日本車が数多く展示されました。

 中でも、エンジンオイルや添加剤を手がける「アムズオイル」はスピードアタック仕様のトヨタ「ハイラックス」を今回のSEMAショーに出展しました。

 このビルドを手がけたのは数々のタイムレコードを保持する「チャックルズ・ガレージ」で、ベース車両は1991年型ハイラックスです。

 マシン自体は速度記録への挑戦で有名な塩湖「ボンネビル・ソルトフラッツ」で記録を樹立するために製作されました。

 速度記録へ挑戦する「ボンネビル・スピードウィーク2023」は8月5日から11日まで開催されたものの、ドライバーのスコット・バーズオール氏はあいにくの雨のために参戦を延期したと語ります。

 エンジンにはトヨタ「スープラ」などに搭載される2JZ-GTE型3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載していますが、さらなるパワーアップを目指してキャリロ製鍛造ピストン、ブライアン・クロワー製クランクシャフト、そして特注品のロッドやカム、スプリングなどを組み合わせています。

 最高出力はギャレット製G45-1500ターボチャージャーと組み合わせることで1300hpにまで達する仕様です。

 トランスミッションには6速シーケンシャルトランスミッションを搭載し、目指す速度記録は時速240マイル(時速386.2キロメートル)とのこと。

 エクステリアは米国トヨタが開発したマシンでお馴染みとなる「赤・橙・黄」の3色デザインが施されています。

 また、ホイールにはボンネビルのトライアル用に開発され、高い人気を誇るムーンアイズ製のムーンディスクを使用しています。

 このビルドはアムズオイルの全面協力で実現しており、エンジンオイル、ブレーキフルード、ギアオイルなどのケミカル類はすべてアムズオイル製とのこと。

 アメリカではアフターマーケット会社がモータースポーツに参戦するショップやチームのスポンサーとなり、その年のSEMAショーにて自社ブースでマシンを展示することは当たり前となっています。

 ここまで派手な改造が施されていますが、シャシ自体は9割が純正状態とバーズオール氏は言います。

 素の状態ですでに剛性は高く、追加のケージを少し装着するだけで求めていた性能が実現したとのことです。

 一方、時速200マイル以上の速度域で安定させるためにはバラストが必要となり、車両重量は約5000ポンド(2267キログラム)になるとのこと。

 ボンネビルでの小型トラックが保持する最高速度記録は時速222マイル(時速357キロメートル)となることから、それを上回る時速240マイル(時速386.2キロメートル)を目標に設定したとも語りました。

 惜しくも2023年の速度記録には挑戦ならずとなりましたが、バーズオール氏はまた次回挑戦するとしています。

 また、速度記録だけでなく、飛行場で開催される小規模なイベントなどでもこのハイラックスを走らせたいとも言います。

こんな記事も読まれています

ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
ハミルトン2番手「雨の到来でマシンが生き生きしてきた」2セット目のインター投入も奏功/F1中国GPスプリント予選
AUTOSPORT web
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
【20世紀名車ギャラリー】風とフラット6をリアルに感じる、1989年式ポルシェ911スピードスターの肖像
カー・アンド・ドライバー
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
JAOSがトヨタ『ランドクルーザー250』用各種カスタマイズパーツをリリース
レスポンス
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
ザウバーF1、アウディワークス化を背景に来季ドライバー市場でも強気の姿勢?「我々は傍観者ではなくプレイヤーになった」
motorsport.com 日本版
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
スバルが新型「レガシィ“セダン”」発表! “精悍顔”が超カッコイイ「スポーティセダン」日本導入は? 米で発表もなぜ日本では「セダン」ないのか
くるまのニュース
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
どっちが燃えやすいか知ってる? バイクの燃料に使われるレギュラーとハイオク
バイクのニュース
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
豊田章男会長の想いが詰まったLBXの生産ライン公開! 東北の復興を支えたトヨタ自動車東日本の新たな挑戦
ベストカーWeb
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
BMWの4ドアEVクーペ『i4』、改良新型を発表へ
レスポンス
YARTカネパ「バイクもタイヤも素晴らしかった」ヨシムラのブラック「タイムを更新すると思っていた」/EWCル・マン24時間 予選トップ3会見
YARTカネパ「バイクもタイヤも素晴らしかった」ヨシムラのブラック「タイムを更新すると思っていた」/EWCル・マン24時間 予選トップ3会見
AUTOSPORT web
えっ…1泊10万円!? レクサスが「豪華キャンプ」開催! ゴツい「新型GX」展示&試乗出来る非日常の世界、6月に
えっ…1泊10万円!? レクサスが「豪華キャンプ」開催! ゴツい「新型GX」展示&試乗出来る非日常の世界、6月に
くるまのニュース
ツーリング中よく出会う「ガードレール」! 色んな形状があるって知ってる?
ツーリング中よく出会う「ガードレール」! 色んな形状があるって知ってる?
バイクのニュース
トヨタ ランクル・プラドの後継ランドクルーザー250の発表と特別仕様車の発売開始 本来の悪路走破性も持ち合わせたSUVに
トヨタ ランクル・プラドの後継ランドクルーザー250の発表と特別仕様車の発売開始 本来の悪路走破性も持ち合わせたSUVに
Auto Prove
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「F1」から全4問!
【クルマら部】クルマ愛クイズ!今回は「F1」から全4問!
レスポンス
マセラティ新型「グランカブリオ・フォルゴーレ」欧州で初公開! 2ドア4座オープンモデルにEVが登場
マセラティ新型「グランカブリオ・フォルゴーレ」欧州で初公開! 2ドア4座オープンモデルにEVが登場
VAGUE
トーヨー SUV、ピックアップトラック向けオープンカントリーシリーズの「オールテレインA/TIII」と「M/T」のサイズを拡充
トーヨー SUV、ピックアップトラック向けオープンカントリーシリーズの「オールテレインA/TIII」と「M/T」のサイズを拡充
Auto Prove
スズキ新型「軽トラック」発表 オシャ青&意外な”進化点”に驚きの声も!? 新型「キャリイ/スーパーキャリイ」登場に反響多数
スズキ新型「軽トラック」発表 オシャ青&意外な”進化点”に驚きの声も!? 新型「キャリイ/スーパーキャリイ」登場に反響多数
くるまのニュース
政府がイチャモン! アルファロメオがたった5日で車名変更? ポーランド製なんだからミラノって名前はだめ!
政府がイチャモン! アルファロメオがたった5日で車名変更? ポーランド製なんだからミラノって名前はだめ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • cyg********
    やっぱり、今でも最強のエンジンは2JZ。
    設計上のメタルの数が違う。
    RB26DETTよりも、メタルの数が多いので耐性が高い。
  • いずっち
    超カッコイイ!?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

407.2477.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.8690.0万円

中古車を検索
ハイラックスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

407.2477.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

69.8690.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村