現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【10年ひと昔の国産車 31】レクサス HS250hは既存のレクサス車とは異なる方向にあるクルマだった

ここから本文です

【10年ひと昔の国産車 31】レクサス HS250hは既存のレクサス車とは異なる方向にあるクルマだった

掲載 更新 9
【10年ひと昔の国産車 31】レクサス HS250hは既存のレクサス車とは異なる方向にあるクルマだった

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前の国産車は環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は「レクサス HS250h」だ。

レクサス HS250h(2009年)
レクサス初のハイブリッド専用車にして、同ブランド初の4気筒エンジン搭載車となるHS250h。これまでのレクサス車のハイブリッド システムはパワーブースター的なものが多かったが、HS250hのシステムはプリウス同様に「あくまで燃費最優先のセッティング」と開発者は述べている。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

結果、HS250hの走りの感覚、とくに加速の印象はこれまでのレクサスのハイブリッド車とは大きく異なっていた。端的に言えば、GS450hやLS600hのような「無尽蔵のトルクがモリモリと上乗せされるような異次元感覚」は持ち合わせてはいない。一方で、エンジンが始動をしようが停まっていようが、圧倒的な静粛性を保ち続けるのは、さすがレクサス。このあたりは、アクセルペダルの踏み込み量に応じてノイズレベルを高めるプリウスとは大きく感覚の異なる部分だ。

フットワークは、17インチを履いた標準サス仕様がもっともトータルバランスに長けた印象。18インチを履くと、ばね下の動きの軽快さや継ぎ目乗り越え時のショックが気になる。18インチにこだわりたいのなら、専用チューンが施された足まわりのバージョンSがオススメ。こちらだと、標準サス+18インチという組み合わせよりもバネ下の動きのスッキリ感が向上し、走りの軽快感が高まるからだ。

3ボックスセダンという形態を採りつつも、ショートノーズ&ショートデッキのフォルムで個性をアピールするエクステリアに対して、インテリアのデザインは色使いも含めてより大胆だ。

ダッシュボードのセンターから手前側へと滑り台のごとく迫り出したセンタークラスター。もっとも高い位置にはナビゲーション用モニターを配し、手前にはRXで初採用されたマルチメディア コントローラーのリモートタッチをレイアウト。視覚系と操作系がしっかり分けられ、使い勝手は上々だ。内装の仕上がりレベルは、レクサス クオリティで文句なし。

HS250hというクルマは「今という時代が後押しをした、レクサス ブランドならではの、新しいハイブリッドモデル」といえるだろう。つまり、プリウスとHS250hのキャラクターはまったく違うともいえるが、一方で共通をするのはそのハイブリッドシステムが「燃費最優先」というセッティングでリリースされた点だ。これからの時代には高価なプレミアムモデルであっても、そこには環境性能の高さを徹底して重視するユーザーが確実に存在するということをレクサスは誰よりも早く予想し、かつHS250hのリリースによってどこよりも早く対応したというわけだ。

HS250hというモデルの真のスゴさは、じつはこんなところにあるのかもしれない。

■レクサス HS250h バージョンL 主要諸元
●全長×全幅×全高:4700×1785×1505mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1640kg
●エンジン種類:直4 DOHC+モーター
●排気量:2362cc
●エンジン最高出力:110kW<150ps>/6000rpm
●エンジン最大トルク:187Nm<19.1kgm>/4400rpm
●モーター最高出力:105kW<143ps>
●モーター最大トルク:270Nm<27.5kgm>
●システム総出力:140kW<190ps>
●トランスミッション:電気式無段変速機
●駆動方式:横置きFF
●10・15モード燃費:23.0km/L
●タイヤ:225/45R18
●当時の車両価格<税込み>:535万円

[ アルバム : レクサス HS250h はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
アメリカで拡大目指すMotoGP、NASCARとの協力で『Win-Win』間違いない? トラックハウスの現役ドライバー期待
motorsport.com 日本版
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
三菱ふそうが苦肉の策、工場の従業員を“出稼ぎ”でバスの運転手に[新聞ウォッチ]
レスポンス
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
「美ら海水族館」直結のバイパス道路が実現へ!? 名護東道路「本部延伸」いよいよ概略ルート決定へ 那覇から”信号ゼロ”アクセス図る
くるまのニュース
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
アプリリア「RSV4 Factory/トゥオーノV4 Factory」特別仕様車「SE-09 SBK」発表
バイクのニュース
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
マツダの新型セダン、ティザー…間もなく中国で実車発表へ
レスポンス
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
アルファロメオが新型コンパクトクロスオーバーSUVを初公開。車名は「ミラノ」を予定していたが……
カー・アンド・ドライバー
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
【スタッフ通信】シボレーカマロ ファイナルエディションに乗ったゾっと
Auto Prove
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
ゴルフ、50歳の誕生日おめでとう!8世代にわたるVWゴルフの高みと低み、そして新型VWゴルフ8 GTEへの展望
AutoBild Japan
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
5年ぶり開催中国……いきなりスプリント形式は「賢明なことだね!」フェルスタッペン思わず皮肉
motorsport.com 日本版
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
なぜ? アルファロメオ『ミラノ』の車名を禁じられる…なら『ジュニア』だ!
レスポンス
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
東京・北区のコミュニティーバスに乗って、B級グルメ「区役所カレー」を食べに行ったら絶品だった件
Merkmal
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
スズキ新型「ジムニー」発売!何が変わった? 約2年ぶり刷新のカクカクSUV… 165万円から、反響は?
くるまのニュース
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
ホンダ「レブル250」をアドベンチャーに! コンプリート車両「VESGRIDE-hygge」登場
バイクのニュース
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
サスペンションの新常識! 1G締めがもたらす驚きの効果とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
絶対に回避したい、GW渋滞予測ランキング TOP5!【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら

みんなのコメント

9件
  • HV専用車だったので、モデルのスタート価格が高く、ジャーマン3の安く設定されたエンジン車に比較され、カタログ時点で候補から外される結果になったらしい。
    車としては、非の打ち所がないくらい欠点隠しに走って、この車の魅力って何、魅力がないのが最大の欠点となってしまった。マイナチェンジで少し変更したけど時既に遅しだったなあ。
  • FWDサルーン。

    現行カローラセダンと見比べますと、このあたりのサイズでセダンを構築する場合。

    3ボックスそれぞれのパートに振り分けるボリュームをトヨタはほとんど変えていない事が解ります。

    この比率でカッコ良く見せる手法をトライし続けたのだと認識します。

    カムリとは少し異なるプロポーション。
    サルーン系モデルへの意地を見ます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

434.7570.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.9266.0万円

中古車を検索
HSハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

434.7570.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.9266.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村