現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが低価格の新型「コンパクトSUV」発売へ! “小さいSUV”なぜ人気? 売れ筋ジャンルとなったワケ

ここから本文です

ホンダが低価格の新型「コンパクトSUV」発売へ! “小さいSUV”なぜ人気? 売れ筋ジャンルとなったワケ

掲載 33
ホンダが低価格の新型「コンパクトSUV」発売へ! “小さいSUV”なぜ人気? 売れ筋ジャンルとなったワケ

■コンパクトSUVが今キテる!

 SUV人気が続くなか、堅調な売り上げを見せるのが「コンパクトSUV」です。
 
 新車販売台数ランキングでも上位に名を連ねており、扱いやすいサイズと優れた経済性で、ジャンルとしてすっかり確立されたようです。
 
 そこでコンパクトSUVの魅力を改めて検証してみます。

【画像】「えっ…!」超カッコいい!これがホンダの新たなコンパクトSUVです! 画像を見る(40枚)

「日本自動車販売協会連合会」が公表している新車販売ランキングによると、2023年9月はトヨタ「ヤリス」が1万6790台でトップ、次いで「カローラ」が1万2962台、「シエンタ」が1万1611台と続きます。

 このうち、ヤリスとカローラはシリーズで集計されているのですが、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」は約6600台、同カローラクロスは約4000台が登録されています。

 さらに、トップ10には、トヨタ「ライズ」(5625台)、ホンダ「ヴェゼル」(5489台)もランクインしており、コンパクトSUVが人気となっていることがわかります。

 そして2023年11月には、ホンダはコスパに優れたコンパクトSUVの新型「WR-V」を2024年春に発売することを明らかにしました。250万円以下で購入できるといい、比較的手頃である点も魅力です。

 では、なぜこのようにコンパクトSUVは活況を見せているのでしょうか。その人気の秘密を考えてみると、「クルマの出来が良い」ということが挙げられます。

 もともとは悪路走破性を意識した4WDを搭載したトラックに「シェル」と呼ばれるキャビンを装着したことから誕生したSUVですが、現在のプラットフォームは一般的には乗用車ベースとなっているので、乗り心地が良く、都市部や舗装路での扱いやすさを確保したうえで、アウトドアにも対応できる最低地上高と装備を兼ね備えています。

 そして、コンパクトSUVを人気ジャンルに押し上げた要因が、高い経済性でしょう。

 多くのコンパクトSUVがハイブリッドモデルをラインナップしており、4WDでも25km/L~28km/Lという低燃費を実現。250万円前後で購入できる“お手頃感”も加わり、買い求める人が増えているのです。

 実際にコンパクトSUVに乗っているオーナーからの評判もなかなか良いようです。

 一番人気のヤリスクロスのハイブリッドモデルに乗るOさん(30代・女性)は、スタイリッシュなデザインとトヨタならではの安心感、そして優れた経済性に惹かれて購入したそうです。

「最初から見た目で決めていましたが、燃費を考慮してハイブリッドを選びました。

 見た目以上に内側からは角張っている感じがするのですが、それでも視界も悪くないですし、後部座席も思ったほど狭いと感じてはいません。

 インテリアは高級ではないものの実用的で、逆にペットを同乗させるのにも気にならないです」

 またKさん(50代・男性)は、その扱いやすいサイズと多少の悪路でも気にならない最低地上高でヴェゼルを選択。シンプルなデザインも気に入っているそうです。

「SUVというより、時代に合ったコンパクトカーという感覚で乗っています。ヴェゼルは後席も意外と広いので、コンパクトSUVという印象はあまりないです。

 市街地での走りやすさはもちろんですが、高速道路でも運転しやすくて気に入っています」

 では、販売する側から見たコンパクトSUVはどうなのでしょうか。都内の中古車販売店のK店長に話を聞いてみたところ、「指名買い」で程度の良い中古コンパクトSUVを探す人が増えているといいます。

「中古車の場合、価格が安くなるぶん高級車を狙う人が多いのですが、はじめてのマイカーとして、またはクルマのダウンサイジングを目的にコンパクトSUVを選択する人もいます。

 扱いやすいサイズと人気のSUVというのが最大のセールスポイントですが、コンパクトカーをベースとしているため、車内が狭く感じるという人も見受けられます」

 取り回しの良さや価格の安さなどが魅力のコンパクトSUVですが、唯一の弱点ともいえるのが、コンパクトカーベースゆえに居住性が限られることでしょう。

 自身のクルマの使い方にマッチするのか、実車を確認してから購入することをおすすめします。

※ ※ ※

 さまざまな人に話を聞いたところ、もはやSUVこそが主流であり、コンパクトSUVは新しいスタンダードとも言える存在になってきている印象を受けました。

 2024年春に登場するWR-Vはアウトドアにも対応できるタフなSUVとして若者をメインターゲットとして売り出す予定で、コンパクトSUVのジャンルがますます活性化しそうです。

こんな記事も読まれています

680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
680馬力「2.0L直4+モーター」搭載! 新型「爆速スポーティSUV」発表! 1000万円超えのGLC発売
くるまのニュース
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
ポルシェ新型「パナメーラ」にEハイブリッドモデルが登場! 「4S」はトータル544馬力で最高時速290kmのスーパーセダン
VAGUE
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
ハイパーカーの「ポルシェ963」をメンテナンスするポルシェ・ペンスキー・モータースポーツがマンハイムにある最新施設を公開
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
スバル レイバックの最新カスタム初披露…プローバが手がけた「お手本」とは
driver@web
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
【スクープ】あのレクサス風クロスオーバーがついに市販化へ!「DS」のフラグシップクーペSUVを初スクープ!
LE VOLANT CARSMEET WEB
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
体育会系の汗臭さ、退散~!タミヤ製「初代NSX」をタイプTかつアキュラ仕様にモディファイ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
BYDのフル電動SUV『TANG』、改良新型を発表へ…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
KINTO、前照灯などRAV4既販車でアップグレード
日刊自動車新聞
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
トヨタ斬新「商用バン」実車展示! 角目2灯&メッキバンパーが凄い!? 新「PLAY-BOX」とは
くるまのニュース
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
リアホイールをらくらく脱着できる!「リアホイール脱着サポート」がデイトナから登場
バイクブロス
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
【トライアンフ】「抽選で3名様に、新型DAYTONA 660の2WEEKSモニターのチャンス!」キャンペーンを3/29まで開催中
バイクブロス
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
このまま市販化を求む……カムリのレースカーがカッコ良すぎ!! NASCARカップ2024シーズン用「トヨタ カムリXSE」公開
ベストカーWeb
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
X氏の値引き大作戦 新型アルファード 抽選&値引き難航の連続ピンチ!激闘の6.4万円引き
グーネット
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
ハミルトン、新天地フェラーリとの契約交渉で“多様性の推進”を重視「会長との話し合いで優先事項だと伝えた」
motorsport.com 日本版
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
海峡閉鎖で遅れていたコンテナがカタールに順次到着開始。チームは月曜の公式テスト開始へ準備進める
AUTOSPORT web
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
どんだけ秘境!? 車で行けるけど「道が1本しかない県境」とは? 2本あっても難易度MAX!?
乗りものニュース
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
トヨタ新型「“車中泊”軽バン」実車展示! 2トーン&ストライプ内装が「めちゃオシャ」! 軽キャンパー「アルトピアーノミニ」登場
くるまのニュース
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
ボンネットにシャンパンタワーを載せて走れるか? 中国NIOのフラッグシップEV『ET9』
レスポンス

みんなのコメント

33件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.9261.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0420.0万円

中古車を検索
ヴェゼルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

239.9261.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0420.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村