現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2000年までの軽自動車が集結! 「T360」や「ABCトリオ」など九州の軽自動車乗りは激アツです

ここから本文です

2000年までの軽自動車が集結! 「T360」や「ABCトリオ」など九州の軽自動車乗りは激アツです

掲載 2
2000年までの軽自動車が集結! 「T360」や「ABCトリオ」など九州の軽自動車乗りは激アツです

旧車だけではなく、個性的な90年代ネオクラも参加!

日本国内の自動車規格の中で、最も小さい規格は軽自動車であることは言うまでもない。全長3400mm×全幅1480mm×全高2000mm以下で、排気量は660cc以下、乗車定員は4名以下で貨物積載量は350kg以下と定められている。1998年に改定され、現代でも適用されている規格である。2023年4月23日に福岡県朝倉市にある水に関する教育テーマパーク「あまぎ水の文化村」の駐車場で開催された「第3回九州Kカーミーティング2023」は、この軽自動車だけ、しかも2000年式までの車両を対象としたイベント。九州地方は、さまざまなカテゴリーのコアなユーザーが数多く生息する土地だけに、どんな車両が来場するのか楽しみにしながら現地を訪れてみた。

スズキ「ワゴンR」が30周年! 「ムーヴ」も後追いした「軽ハイトワゴン」を開拓した偉大なパイオニアを振り返る【カタログは語る】

2000年式までの新旧個性豊かな軽自動車が大集合

「九州Kカーミーティング」は、この2023年で3回目の開催を迎えた。2021年の第1回開催を皮切りに、2022年、2023年と3年連続で同じ会場で実施している。主催は、地元で活動しているいすゞジェミニクラブ。同じ会場にて、ジェミニオーナーズミーティングを実施しているが、会長の柘植さんが自身の愛車としてホンダ「トゥデイ」を購入したことで、「古い軽自動車を集めたらおもしろいかも!?」と浮かんだアイデアがきっかけだったとか。

その結果、「メーカーは問わず西暦2000年までの軽自動車が参加可能」というルールの元で、このイベントが始まった。なお、開催初年度がすでにコロナ禍だったこともあり、感染対策を徹底した上でのイベントスタートだったものの、地元九州在住のオーナーたちが中心となり、少しずつ認知度が高まってきているようだ。

日本の軽自動車の歴史に触れることができる1日

初年度は、マツダ「AZ-1」、ホンダ「ビート」、スズキ「カプチーノ」のいわゆる「ABCトリオ」の参加台数が目立っていたそう。2年目になると、このイベント趣旨を理解した旧車オーナーたちの間で話題となり、昔の軽自動車規格である360cc車の参加が増加。そして迎えた3回目は、ABCトリオや360ccはもちろん90年代のネオクラシック車と、幅広いジャンルの軽自動車好きが大集合したのだ。

九州は「カーアイランド」と呼ばれるほど、自動車関連産業が基幹産業として定着している地域。日産、トヨタ、ダイハツという完成車メーカーの工場があり、それに付随して関連企業も多数存在する。また、基本的にはクルマ移動が生活の基本となるため、ジャンルを問わずクルマ好きが多い印象が強い。そんなこともあって各自動車博物館にとっても生唾ものの貴重な車両を一般ユーザーが大切に所有し、楽しんでいる風潮があるように見える。

それを証明するように、この第3回目も見所満載な車両が大集合。360ccクラスでは、ホンダ N360/ライフ/Z/ライフステップバン/ライフピックアップ/T360、スバル360/R2/サンバー、三菱 ミニカスキッパー、スズキ フロンテハッチなどが来場した。

一方、このイベントルールでは近代車のくくりになる90年代の車種では、今に至るトールワゴン人気を不動のものとしたスズキ「ワゴンR(初代)」や、発売当時クラシックデザインで注目を集めたダイハツ「ミラジーノ(初代)」。そのほかスラント&ショートノーズの下に隠された超前傾エンジンとデフの工夫された配置により、広い室内空間を実現したホンダ「トゥデイ(初代)」や、軽自動車規格で実用性を兼ね備えたダイハツ「ミラウォークスルーバン」、そして走りを楽しむスズキ「アルトワークス」といった個性的な車種が目立った。

そして、不動の人気のマツダAZ-1、ホンダ ビート、スズキ カプチーノも、オーナーそれぞれの趣向を表現した車種が登場。新旧さまざまな車両が集まり、かつノンレストア、レストアしても純正維持、チューニングやドレスアップなど、オーナーごとに異なる軽自動車の楽しみ方を感じ取れた。日本独自規格である軽自動車というカテゴリーの魅力が、より広く伝わるイベントだった。

こんな記事も読まれています

ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?
くるまのニュース
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
車の中はミストサウナ! 快適なサウナ室でバッチリととのうトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
さすがのプロボックスもマネできず!? 白いのなに!? ADバンの内装にドーンって付いていた謎の白い物体の正体が衝撃すぎ!!!! 
ベストカーWeb
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
負傷したハプスブルクに代わりグーノンが第2戦イモラ出場へ。アルピーヌA424でWECデビュー
AUTOSPORT web
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ホンダっていつもちょっと早いのよ!! 今こそエレメント投入の時期だったんじゃ
ベストカーWeb
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
ランドクルーザー250、いよいよ発売へ!!気になる最新情報総まとめ!
グーネット
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
静岡最大級のキャンピングカー&アウトドアイベント開催決定!輸入車フェアも同時開催
グーネット
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
JAF 日本選手権に「ドリフト競技」追加 竹岡圭氏が「競技参加」語るトークショーも開催
グーネット
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
見やすい位置で自由自在に角度調整!強力マグネット付き車載ホルダー3種発売【動画あり】
グーネット
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
日産 新エネルギー車のコンセプトカーなど 北京モーターショー2024で披露
グーネット
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
845万円のヤリス誕生!! カーボンルーフまで採用のガチ仕様!! コスパ求めるならRCもいいぞ
ベストカーWeb
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
全日本ロード第2戦もてぎでのトライアウトで全9チームが鈴鹿8耐の出場権を獲得/EWC
AUTOSPORT web
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
宮田莉朋加入のクール・レーシング、開幕戦で逆転勝利。日本人3名が表彰台獲得/ELMSバルセロナ
AUTOSPORT web
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
小さなランクル[新型ランドクルーザーFJ]は25年に登場!! カローラクロスサイズで予想価格は350万円!
ベストカーWeb
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
日産R32「スカイランGT-R」を思い続けて30余年。カスタムの目標は「400R」に負けないパワーです!
Auto Messe Web

みんなのコメント

2件
  • 東海地方はDADステッカー貼ったワゴンRスティングレーのイキり田舎ドキュンで暑苦しいですね。
  • カプチーノ猿軍団は元気かな?
    九州に居たころ大観峰などで集まったことを思い出しました。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索
トゥデイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

78.581.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

18.0118.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村