現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > むやみに触れない方が良い ランドローバー SASローバー ミネルバ・ブラインド 特殊部隊のシリーズ1(1)

ここから本文です

むやみに触れない方が良い ランドローバー SASローバー ミネルバ・ブラインド 特殊部隊のシリーズ1(1)

掲載
むやみに触れない方が良い ランドローバー SASローバー ミネルバ・ブラインド 特殊部隊のシリーズ1(1)

特殊部隊のための特別なランドローバー

今日の日差しはジリジリと強い。路面は酷く乾燥し、30km/h程度で走っても石灰の砂埃が一帯に舞い上がる。クルマの接近を、離れた場所の人へ教えてしまうほど。もし本番なら望ましくない状況といえるが、今は大丈夫だ。

【画像】特殊部隊のシリーズ1 ランドローバー SASローバー ミネルバ・ブラインド 初代ジープと新型ディフェンダーも 全121枚

筆者の手の届くところに、ブローニングM2重機関銃が突き出ている。リアシートで身構えるカメラマンの足元には、ロケットランチャーが固定されている。

フロントガラスはなく、隊列を組んで走るならゴーグルが欠かせない。先行車両がなくても、フロントタイヤの角度次第で、跳ね上げた小石がドライバー目掛けて飛んでくる。

行く先に、踏破の難しそうな丘が見える。道幅は車両より僅かに広い程度。頂上より先は見えない。4本のタイヤがトラクションを発揮し、見晴らしのいい場所へ到達する。

筆者がいるのは、グレートブリテン島南部のサセックス州。物騒な見た目のランドローバーへかつて与えられたミッションを、オフロードコースで擬似的に体験する。

43 BR 70という英国陸軍ナンバーで登録された、このクルマの正式名称は、ランドローバー・シリーズ1 4x4 ゼネラルサービス SASローバー Mk3。半世紀以上前に作られたクラシックだが、今見ても戦闘能力は高そうだ。

1950年代半ばに陸軍の特殊部隊へ8台が納入された、特別なランドローバー・シリーズ1のプロトタイプに当たる。現存は2台のみで、もう1台はランドローバーへ特化した博物館、ダンスフォールド・コレクションに所蔵されている。

SAS部隊が多目的車へ求めた仕様

こんな多目的車を欲したのは、英国陸軍だけではなかった。1952年には、ベルギーでミネルバ・シリーズ1 4×4ブラインド・パラシュート偵察車が作られている。こちらも特殊作戦部隊での利用を目的に製造され、旧ベルギー領のコンゴに配備された。

厳しい情勢の中で、ミネルバ 4×4ブラインドも多くが失われた。今回の例は心のこもったレストアを経て、往年の姿が見事に保たれている。不思議なほど、ランドローバーと姿が似ているのには理由がある。

この2台は1950年代からしばらく、両国の軍事作戦で重要な役割を果たした。特にSASローバー Mk3は、特殊空挺部隊(SAS)の活動に欠かせない存在だったといえる。

第二次大戦時、敵陣へ近いエリアで活動する特殊部隊に所属していたデイビッド・スターリング中尉の部隊は、重装備化されたジープ15台を調達。イタリア戦線などへ配備され、優れた戦績を残した。1944年には、SAS旅団(部隊)と呼ばれるようになった。

大戦が集結し、短い平穏を経て、再び新しいSAS部隊が編成。ジープやオースチン・チャンプ、部隊で改造されたランドローバーなどが登用され、朝鮮戦争やマレーシアのマラヤ危機で活躍した。

その経験から、SAS部隊は独自に多目的車へ求める仕様を開発。1955年10月27日に、ランドローバー・シリーズ1をベースにした車両10台の製作が、正式に決定した。

前後に機関銃を装備 サスペンションは強化

3名の乗員が長時間の作戦を実行するのに最適化されたプロトタイプは、1957年2月12日に、戦闘車両の研究開発機関で披露。農場で働くシリーズ1とは、まるで異なる見た目に仕上がっていた。

助手席に座るのは指揮官で、2丁のヴィッカース AKオブザーバー自動機関銃を操った。後部座席には、手榴弾やロケットランチャー、重機関銃など複数の武器が装備され、射撃手が陣取った。

運転手にも、フロントフェンダー脇のすぐに握れる位置へブレン軽機関銃を用意。各シートには、ナイフ用のホルダーも隠されている。むやみに、あちこちへ触れない方が良い。

車体側も、通常のシリーズ1とは違っていた。一般にディーラーへ並んだ86インチ・ホイールベースのシリーズ1の車重は1353kgだったのに対し、SASローバー Mk3は備品を実装した状態で2134kgと、かなり重かった。

合計8台の量産仕様では、88インチ・ホイールベースのシャシーが使用されている。だが、今回のプロトタイプは唯一、86インチのシャシーをベースにする。

サスペンションは、増えた重量へ対応するため強化。耐久性と攻撃性を高めるべく、ルーフまわりとフロントガラス、リアのベンチシートは撤去され、フロント中央のシートはリアの射撃手用シートへ転用された。

フロントフェンダー上には、スポットライトを追加。水用のジェリカンが、ヘッドライトの左右へ括られた。スペアタイヤは、フロントバンパーの上へ固定された。

52psの4気筒1997ccエンジンはそのまま

リア側には、牽引用のチェーンを追加。ボンネットを覆える迷彩ネットに無線機、大型サーチライトなどが射撃手を取り囲むように搭載された。ダッシュボード上には、太陽の位置で方角を掴む、サンコンパスが載った。

ところがランドローバーは、最高出力52psの直列4気筒1997ccエンジンには、まったく手を加えなかった。その結果、動力性能は大幅に悪化し、静止状態から64km/hへ到達するのに24.4秒を要した。タイヤとホイールも、ノーマルと変わりなかった。

完成したプロトタイプは、約6500kmを試験走行。部隊が望む性能は発揮したようだ。そこには約1610kmのクロスカントリーや、約1600kmのオフロード、約3000kmの一般道が含まれた。

他方、ベルギー陸軍から小型四輪駆動車を生産する任務を受けたミネルバが選んだのも、ランドローバー・シリーズ1だった。自社には目的に叶う車両を開発するリソースがなく、1951年にランドローバーとライセンス契約が結ばれている。

一般的な軍用小型車両として、80インチ・シャシーとエンジン、トランスミッションを利用しミネルバ・シリーズ1がノックダウン生産されたが、ボディはオリジナルと異なりアルミニウム製ではない。ミネルバ独自のスチール製が架装された。

わかりやすい見た目の違いは、直線基調のフロントフェンダー。丸いヘッドライトが突き出ている。ベルギーには湾曲したボディパネルを製造する設備がなく、この形状になったという。車重も150kg重くなった。

この続きは、ランドローバー SASローバー ミネルバ・ブラインド 特殊部隊のシリーズ1(2)にて。

こんな記事も読まれています

憧れを乗せて羽ばたく1台!あの名車がモチーフの超弩級スーパースポーツ「メルセデス・ベンツSLS AMG」のドイツレベル製プラモ・後編【モデルカーズ】
憧れを乗せて羽ばたく1台!あの名車がモチーフの超弩級スーパースポーツ「メルセデス・ベンツSLS AMG」のドイツレベル製プラモ・後編【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
大谷翔平が結婚! 所属する「ロサンゼルス・ドジャース」がTOYO TIREの米子会社と契約!? 5年間スポンサーに!
大谷翔平が結婚! 所属する「ロサンゼルス・ドジャース」がTOYO TIREの米子会社と契約!? 5年間スポンサーに!
くるまのニュース
ミツオカ、熱望の声に応え『M55コンセプト』を市販化へ。2025年の市場投入を目指す
ミツオカ、熱望の声に応え『M55コンセプト』を市販化へ。2025年の市場投入を目指す
AUTOSPORT web
【ビモータ】実質年利2.2%で KB4 を手に入れるチャンス!「Bimota KB4スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
【ビモータ】実質年利2.2%で KB4 を手に入れるチャンス!「Bimota KB4スペシャルクレジットキャンペーン」を5/31まで実施中
バイクブロス
ドラえもん、コロ助、ポコニャン、パーマン1号、チンプイたちがトミカになった! 『ドリームトミカ 藤子・F・不二雄生誕90周年記念コレクション』が登場!
ドラえもん、コロ助、ポコニャン、パーマン1号、チンプイたちがトミカになった! 『ドリームトミカ 藤子・F・不二雄生誕90周年記念コレクション』が登場!
月刊自家用車WEB
マグノナイトブラックのボディカラーにゴールドのアクセントが映えるM・ベンツGクラスの特別仕様車「メルセデスAMG G 63グランドエディション」が日本上陸
マグノナイトブラックのボディカラーにゴールドのアクセントが映えるM・ベンツGクラスの特別仕様車「メルセデスAMG G 63グランドエディション」が日本上陸
カー・アンド・ドライバー
スーパー耐久が世界初となるモータースポーツのマルチアングル配信にチャレンジ。2024年から実証実験を開始
スーパー耐久が世界初となるモータースポーツのマルチアングル配信にチャレンジ。2024年から実証実験を開始
AUTOSPORT web
F1分析|開幕戦バーレーンGP FP2ロングランを検証。レッドブルのロングランベースはやはり驚異的……2番手集団は大混戦か?
F1分析|開幕戦バーレーンGP FP2ロングランを検証。レッドブルのロングランベースはやはり驚異的……2番手集団は大混戦か?
motorsport.com 日本版
F1第1戦水曜会見:メルセデス離脱が決まっているハミルトン。チームとは「理解し合えている」と良好な関係をアピール
F1第1戦水曜会見:メルセデス離脱が決まっているハミルトン。チームとは「理解し合えている」と良好な関係をアピール
AUTOSPORT web
MBJ、Gクラス特別仕様車を設定
MBJ、Gクラス特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
ホンダが「新型SUV」世界初公開! 独創的フェイス採用!? 日本車初の“最強仕様”実車展示! ついに日本導入で反響は?
ホンダが「新型SUV」世界初公開! 独創的フェイス採用!? 日本車初の“最強仕様”実車展示! ついに日本導入で反響は?
くるまのニュース
ツーリングのとき確認する「降水確率」何%くらいを信じればよい?
ツーリングのとき確認する「降水確率」何%くらいを信じればよい?
バイクのニュース
スーパーGTが安全性向上のためのコーナリングスピード抑制策を発表。GT500は最低地上高引き上げ、GT300も通年の追加重量を搭載
スーパーGTが安全性向上のためのコーナリングスピード抑制策を発表。GT500は最低地上高引き上げ、GT300も通年の追加重量を搭載
motorsport.com 日本版
イケメンすぎる水素SUV誕生! 充電もできる燃料電池車「CR-V e:FCEV」をホンダが世界初公開!! 
イケメンすぎる水素SUV誕生! 充電もできる燃料電池車「CR-V e:FCEV」をホンダが世界初公開!! 
ベストカーWeb
第34話 インカム選びの基準は? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
第34話 インカム選びの基準は? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話  
モーサイ
ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
ブリヂストン “パンクしない”次世代タイヤ「エアフリー」公道実証実験を開始
グーネット
マツダ MAZDA3など5モデルが最高評価!米IIHSの安全性評価で
マツダ MAZDA3など5モデルが最高評価!米IIHSの安全性評価で
グーネット
なんと…大谷翔平選手が結婚! 「2人(1匹も)と力を合わせ支え合い…」 ポルシェ好きも憧れる存在とは
なんと…大谷翔平選手が結婚! 「2人(1匹も)と力を合わせ支え合い…」 ポルシェ好きも憧れる存在とは
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

57.7848.1万円

中古車を検索
86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

57.7848.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村