現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスの旗艦「LC」にコンバーチブル登場! 過去にもあった「屋根開きレクサス」とは

ここから本文です

レクサスの旗艦「LC」にコンバーチブル登場! 過去にもあった「屋根開きレクサス」とは

掲載 更新 11
レクサスの旗艦「LC」にコンバーチブル登場! 過去にもあった「屋根開きレクサス」とは

■フラッグシップ・コンバーチブルは1500万円から

 レクサスのフラッグシップモデル「LC」に、ソフトトップオープンモデル「LC500 コンバーチブル」が登場した。レクサスには以前にもオープンモデルが存在していたという。それはいったい、どんなクルマだったのか。

ホンダが新型「S660」を世界初公開!

 2020年6月18日、レクサスはフラッグシップクーペ「LC500h/LC500」を一部改良。また進化形として「LC500コンバーチブル」を新たに追加、7月15日に発売する。

 LC500コンバーチブルは、クーペモデルLCをベースにしたオープントップモデル。ルーフを開いても閉じても美しいシルエットのコンバーチブルを目指し、オープン時にはソフトトップが完全に格納される自動開閉式トノカバー付きのフォールディング機構を採用。

 またソフトトップの材質や質感、骨格と素材の貼り具合を徹底的に検証することで、ルーフクローズ時にクーペのような美しいルーフラインとなるよう、こだわったという。

 ソフトトップを採用することで、車両重量の軽量化に貢献。さらにルーフの収納スペースを最小化し、ルーフオープン時の美しいスタイリングを実現している。また吸音材を組み合わせた4層構造とすることで優れた静粛性も実現する。

 ルーフの開閉時間は約15秒。約50km/h以下ならば走行中も開閉可能だ。

 LC500コンバーチブルは、全長4770mm×全幅1920mm×全高1350mm、ホイールベースは2870mm。搭載エンジンは477ps・540Nmを発生する5リッターV型8気筒で、10速ATを組み合わせる。駆動方式はFR(後輪駆動)で、WLTCモード燃費は8.0km/Lだ。

 車両価格は1500万円(消費税込、以下同)。特別仕様車の「Structural Blue」は1650万円となっている。

※ ※ ※

 今回登場したLC500コンバーチブルは、現在のレクサス・ラインナップのなかで唯一のオープンモデルとなる。

 だが、過去にはレクサスブランドでオープンは2モデルが存在していたという。そんなオープンモデルを見ていこう。

■電動メタルトップルーフを持った過去のレクサス・オープンカー

●レクサス「SC」

 レクサス「SC」は、初代が1991年に発売された、レクサスブランド初のクーペモデルだ。当時は日本でレクサスが開業していなかったため、同モデルは日本においてはトヨタ3代目「ソアラ」として販売されている。

 そして、2001年にフルモデルチェンジをして登場したのが、電動メタルトップを持つカブリオレモデルとなる2代目SCだ。

 欧州デザインスタジオが担当したスタイルは、曲面を多用したなめらかなデザインで、先代SCのシャープなエクステリアとは異なるもの。全長4515mm×全幅1825mm×全高1355mmというサイズで、2+2のシート構成だった。

 新開発された電動開閉式メタルトップは、スロースタート・スローストップ制御により開閉それぞれ約25秒のなめらかな動作を実現。レクサス「LS400」に搭載されていた、280ps・430Nmを発生する3UZ-FE型4.3リッターV型8気筒エンジンを搭載。「SC430」として北米を中心に人気を博した。

 このモデルは、日本では2001年4月3日に、4代目ソアラとして登場した。車両価格は600万円(消費税抜)だった。

 ソアラは3代目まで、2ドアクーペのスペシャルティカーとして人気を博していたが、ソアラ発売から20年という節目を機に、2+2のカブリオレとして大きく路線変更。従来のファンには賛否両論があり、販売台数は伸び悩んだ。

 2005年8月に、日本国内でのレクサスブランド開業に伴いトヨタ店・トヨペット店で販売されていたソアラは終了、「SC430」としてレクサス販売店で扱われた。SC430は2010年7月に生産が終了された。

 SC生産終了のあとレクサスの大型ラグジュアリー2ドアクーペ(カブリオレ)は、2017年にLCが登場するまでラインナップから消えていた。

●レクサス「IS C」

 2009年5月7日に発売されたレクサス「IS 250C」は、Dセグメントスポーツセダンの2代目「IS」をベースにしたコンバーチブル2ドアクーペモデルだ。

 IS250Cは、コンパクトに折り畳める3分割のアルミ合金製ルーフ「電動開閉式メタルトップ」を搭載。オープン/クローズともに約20秒という、短時間かつ静かな開閉を実現した。

 ボディサイズは全長4635mm×全幅1795mm×全高1415mm、ホイールベースは1730mm。後部座席を持ち乗車定員は4名だった。

 215ps・260Nmを発生する4GR-FSE型2.5リッターV型6気筒エンジンを搭載。6速ATが組み合わされ、10・15モード燃費は11.2km/Lだった。当時の車両価格は495万円から535万円(消費税込)。

 2010年8月にはISのマイナーチェンジと機を同じくして、2GR-FSE型3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載した「IS350C」も登場している。車両価格は620万円だった。

 IS250C/350CのベースとなったISは、2013年5月にフルモデルチェンジされ、3代目に進化した。IS Cは従来型のまま継続販売されていたが2014年5月に国内での販売を終了した。以来ISにコンバーチブルモデルは登場していない。

※ ※ ※

 先日発表されたLC500コンバーチブルは、IS C以来、レクサスとしては5年ぶりとなるオープンモデルだ。ソフトトップの採用はレクサスの市販車としてははじめてとなる。

こんな記事も読まれています

[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
ベストカーWeb
EV充電環境を拡大!機械式駐車装置に後付けできるEV充電器提供 テラチャージ
EV充電環境を拡大!機械式駐車装置に後付けできるEV充電器提供 テラチャージ
グーネット
歴代モデルを乗り比べ!スープラづくしの限定宿泊プラン発表 富士スピードウェイホテル
歴代モデルを乗り比べ!スープラづくしの限定宿泊プラン発表 富士スピードウェイホテル
グーネット
「ホンダジェットシェアサービス」始動 陸と空のシームレスな移動実現 【動画あり】
「ホンダジェットシェアサービス」始動 陸と空のシームレスな移動実現 【動画あり】
グーネット
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
[トヨタの予感]は大当たり! 兄貴分クラウンのベース車に成りあがった[マークII]の功績がハンパなかった!!
ベストカーWeb
初ル・マンで表彰台獲得のフォード・マスタングGT3。「総合的な信頼性」に満足
初ル・マンで表彰台獲得のフォード・マスタングGT3。「総合的な信頼性」に満足
AUTOSPORT web
ヴァレンティ GR86/BRZ対応「ジュエルLEDハイマウントストップランプ」新発売
ヴァレンティ GR86/BRZ対応「ジュエルLEDハイマウントストップランプ」新発売
グーネット
ベントレー「ベンテイガ」世界5か国をモチーフにした壮大な限定シリーズ発表!
ベントレー「ベンテイガ」世界5か国をモチーフにした壮大な限定シリーズ発表!
グーネット
ル・マン24時間のLMGT3でトップ争い展開も駆動系トラブルに。佐藤万璃音はリベンジを誓う
ル・マン24時間のLMGT3でトップ争い展開も駆動系トラブルに。佐藤万璃音はリベンジを誓う
AUTOSPORT web
ノア/ヴォクシー専用 高輝度LEDリアバンパーリフレクター ヴァレンティ【動画あり】
ノア/ヴォクシー専用 高輝度LEDリアバンパーリフレクター ヴァレンティ【動画あり】
グーネット
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
30年ぶりに[カプチーノ]復活へ!! 1.3Lターボ搭載で[FRオープンスポーツ]開発中!? 価格は300万円か
ベストカーWeb
日産R35「GT-R」前期のヘッドライトを手軽にLED化!「VELENO」のバルブなら圧倒的に明るく目元をクールにイメチェンできます
日産R35「GT-R」前期のヘッドライトを手軽にLED化!「VELENO」のバルブなら圧倒的に明るく目元をクールにイメチェンできます
Auto Messe Web
フェラーリ 新型「12チリンドリ」日本初公開! “V12最新進化版”のスペックとは?
フェラーリ 新型「12チリンドリ」日本初公開! “V12最新進化版”のスペックとは?
グーネット
ポルシェやAMGも予算内? 今なら半額!な有能「中古」モデル(1) ホットハッチ/SUV編
ポルシェやAMGも予算内? 今なら半額!な有能「中古」モデル(1) ホットハッチ/SUV編
AUTOCAR JAPAN
メディアセンターでの至福の時間はエクレアとコーヒーで。ベルギーの町のパン屋のエクレアが昭和な味でオススメです【みどり独乙通信】
メディアセンターでの至福の時間はエクレアとコーヒーで。ベルギーの町のパン屋のエクレアが昭和な味でオススメです【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
【トヨタ分析】「ガチンコ勝負でパワーが落ちた」7号車のトラブル。「ワーストコンディション」で光った8号車平川/ル・マン24時間
【トヨタ分析】「ガチンコ勝負でパワーが落ちた」7号車のトラブル。「ワーストコンディション」で光った8号車平川/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
フェラーリが快挙! 90年ぶりのにル・マンとモナコGP同年優勝。連覇達成で「まぐれではないことを証明した」
フェラーリが快挙! 90年ぶりのにル・マンとモナコGP同年優勝。連覇達成で「まぐれではないことを証明した」
AUTOSPORT web
F1復帰を諦めるつもりはないと主張するシューマッハー。一方でシート獲得に向けて戦うのは「消耗する」と明かす
F1復帰を諦めるつもりはないと主張するシューマッハー。一方でシート獲得に向けて戦うのは「消耗する」と明かす
AUTOSPORT web

みんなのコメント

11件
  • LCは現代版ソアラ。素直に好き。
  • イメージは薄いんですが、実はトヨタって80年代中頃のセリカ コンバーチブルからレクサスのIS Cまで(トヨタとしてはMR-Sまで)脈々とオープンカー作り続けてたんですよね。
    LCは勿論素晴らしい車なんですがちょっと庶民には手が届かないので、トヨタブランドにもオープンエアーが帰ってきて欲しいものです。

    あ、コペンGRは…うーん…いや、コメントしづらいっす…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1400.01760.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

555.02100.0万円

中古車を検索
LCの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1400.01760.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

555.02100.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村