現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヨンク性能より大事なのは「使い勝手」! アウトドアで使い倒せるミニバン7選

ここから本文です
ヨンク性能より大事なのは「使い勝手」! アウトドアで使い倒せるミニバン7選
写真を全て見る(18枚)

この記事をまとめると

■ファミリーならステップワゴンかセレナがオススメ■個性を出すならカングーやベルランゴも選択肢に■カップルなどはフリード+やシエンタFUNBASEもオススメ

「新型ランクル」納車1年以上待ち! ならば、同価格帯で乗れる「本格SUV」5選

本格的な4WD性能がなくてもアウトドアは楽しめる!

 これまで、Auto Messe Webでアウトドアに向くクルマはSUVだけじゃなく、じつはミニバンが荷物の積載性、天候悪化の際の車内避難場所として適していると説明してきた。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
新型「ランドクルーザー250」のタフ感アップ!モデリスタがカスタマイズパーツ発表
グーネット
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
スズキ「アルト」が累計506万台! インドで日本より短い40年4カ月で3000万台の生産を成し遂げた理由とは
Auto Messe Web
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
ホンダ 新型SUV「WR-V」車中泊仕様など4台出展 アウトドアデイジャパン名古屋2024
グーネット
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
マツダ新型「最上級3列SUV」世界初公開! 新型「CX-80」24年秋に欧州で発売! 日本導入も予定!
くるまのニュース
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
マツダ、2024年のスーパー耐久 次世代バイオディーゼルやCN燃料で参戦
日刊自動車新聞
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
アウディ「Q8スポーツバックe-tron」新パッケージ発表 一充電航続距離が619kmに
グーネット
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
自然なフォルムで視認性アップ!トヨタ・スズキ純正用ワイドミラー5種発売 カーメイト
グーネット
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
MINI、「北京モーターショー2024」でMINIファミリー最新モデル「MINI エースマン」を発表
LE VOLANT CARSMEET WEB
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
将来のスポーツカー開発を視野に入れた取り組みも。マツダが2024年スーパー耐久参戦体制を発表
AUTOSPORT web
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
WEB CARTOP
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
雨の混乱の中、ノリスが驚異の走りでポール! ハミルトンが2番手、角田裕毅はSQ1敗退|F1中国GPスプリント予選
motorsport.com 日本版
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
全部当てはまったら「クルマ好き老害」認定! ついついやりがちな「他人に煙たがられる」カーマニアの行動7つ
WEB CARTOP
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
質実剛健に原点回帰 トヨタ新型「ランドクルーザー250」ついに発売!“丸目”限定モデルも登場
乗りものニュース
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
4月20~21日開催の岩佐歩夢プロデュース「スーパーフォーミュラキャラバン」、Q&Aセッションなどキッズ向け新コンテンツが追加
motorsport.com 日本版
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
ホンダ、N-VANをマイナーチェンジ 一部仕様に急アクセル抑制機能を追加
日刊自動車新聞
トヨタ新型「ランドクルーザー250」発売! 価格は520万円から 注目の“丸目ライト” ZX「ファーストエディション」は計8000台の限定販売
トヨタ新型「ランドクルーザー250」発売! 価格は520万円から 注目の“丸目ライト” ZX「ファーストエディション」は計8000台の限定販売
VAGUE
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
15年ぶりの全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」発売! 限定“丸目”仕様が高人気か!? 待望の「人気車」に反響集まる!
くるまのニュース
トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
トヨタ『ランドクルーザー250』発売、520万円から…特別仕様車も
レスポンス

みんなのコメント

20件
  • アウトドアって言葉がかなり人によって異なるよね、単に車に乗って海や山、川に行ってキャンプやBBQや釣りでもするならば大概どの車でも大差ないんじゃ無いかな。雪道でのスノードライブだけならば街乗り四駆でも大丈夫だろ。多分一番大事なって最低地上高だと思うよ。所謂、亀の子状態の四輪スタックと腹下やバンパーに損傷を受ける可能性が高いから。
    本気でオフロードで遊ぶなら現行購入可能な車両はかなり絞られるよな。いずれにしても車の性能を過信せずに、テクニック、オフロード用装備品
  • 整備された道を走り整備された森林公園などでアウトドアを楽しむので有れば、四駆は二の次で良い。
    でも中には、深い森林の奥まで入り込んで整備されていない道でワダチにハマって抜け出せずに、連れて来た子供達の前でハプニングの対応に自信の無さを曝け出すパパが居るよね?
    たまたま、山奥で清流釣りから帰って来る途中でドロ遊び大好きオッさんグループに助け出されて、事なきを得た事が有るパパは今までに6人。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8534.9万円

中古車を検索
ステップワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

305.4346.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8534.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村