現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【このケイマンなんぼ?】ニュルブルクリンク用に改造された325馬力「ポルシェ ケイマンS」販売中 その値段は適切か?

ここから本文です

【このケイマンなんぼ?】ニュルブルクリンク用に改造された325馬力「ポルシェ ケイマンS」販売中 その値段は適切か?

掲載 2
【このケイマンなんぼ?】ニュルブルクリンク用に改造された325馬力「ポルシェ ケイマンS」販売中 その値段は適切か?

ポルシェ ケイマンSのトラックツールがeBayに出品。この325馬力のケイマンSはニュルブルクリンク ノルトシュライフェ用に改造されているので買い手を選ぶ。レーサー志望の人にはお勧めだ。

ニュルブルクリンク ノルトシュライフェは、自動車ファンなら誰もが知っている。世界で最も過酷なレーストラックを走破できる者は、エキスパートドライバーだ。そして、もしあなたがニュルブルクリンクに本気で挑むのであれば、一家に一台あるエステートカーではなく、特別なサーキットツールである必要がある。

【クラシック オブ ザ デイ】「メルセデス・ベンツ 190E 2.6」Sクラスの6気筒エンジンはメルセデス190Eを4ドアグランツーリスモに変えた!

例えば、現在eBayで売りに出されている「ポルシェ ケイマンS」のような車だ。このスポーツカーはレーストラック用に改造され、ノルトシュライフェを走るために特別にチューニングされている。決して安くはない。価格は4万9,900ユーロ(約800万円)だ。

しかし、このパッケージは魅力的かもしれない。325馬力の「ケイマンS」は、2014年10月に初登録されたと報じられている。走行距離はわずか12,110kmとされている。

簡素化されたインテリアはVLNレギュレーションに準拠している

売主によれば、改造はプロフェッショナルによって行われたと言う。広告のリストは、2014年のVLN耐久レースシリーズのレギュレーションに従って標準の内装を取り除いたことから始まり、ABSとその制御ユニットを再コード化したことで終わる。ちなみに、VLNとはドイツのニュルブルクリンクを舞台に争われる耐久レースシリーズで、ニュルブルクリンクのグランプリコースと、ノルトシュライフェ(北コース)を組み合わせた舞台で争われる。VLNは、ニュルブルクリンク24時間を見据えたレースシリーズとして開催されている。

スペシャルロールケージ、マッチングしたレーシングシート、消火システムなどが搭載されていることは言うまでもない。売主によれば、DMSB(Deutscher Motor Sport Bund e.V.=ドイツモータースポーツ連盟)のカーパス(車検証)があり、ノルトシュライフェですでに走行済みだという。写真から受ける第一印象は非常に良い。

「ケイマン」は実際、本当に良いコンディションかもしれない。もちろん、購入前に十分にチェックする必要がある。初心者は専門家にアドバイスを求めるべきだ。

レーストラック用車両について知っておくべきこと

レーシングコンバージョンは非常に専門的であり、特定のレースシリーズのレギュレーションに準拠する必要がある。通常のポルシェのメカニックは、おそらくこれに精通していない。ましてや、新しいオーナーになる可能性のある人が、そのポルシェを本来の使用領域で走らせることが許されるのかどうか、どの程度まで許されるのかを、即座に判断することはできない。

例を挙げよう: 「ケイマン」に搭載されたテクノロジーは、単なるサーキットの道具以上のものだ。このクルマはVLNのレギュレーションに従って改造されている。そのため、本格的なレーシングカーでありながら、通常のサーキットには向いていない。もし参戦が許されるなら・・・。

ノーマルの「ケイマンS」でさえ、経験を積んだほうがいいホットなマシンだ。ここで提供される「ケイマンS」の購入を検討する人は、モータースポーツの経験があり、レーシングドライバーであることが必要なのだ。

広告には、「ケイマンS」はすでにノルトシュライフェを走ったことがあると書かれている。ここまでは理解できる。しかし、モータースポーツでの使用は、ドライブトレイン、ブレーキ、シャシーにかなりのストレスがかかることを意味する。それをチェックする必要がある。

結論: ニュルブルクリンク ノルトシュライフェ用のサーキットツールは万人向けではないかもしれない。しかし、本当に情熱的なカードライバーなら誰でも、このポルシェのような車を夢見る。間違いなく!

Text: Lars Hänsch-Petersen Photo: ebay.de/autohausarndtundarndt

こんな記事も読まれています

フェラーリが僅差でトヨタを破り2連覇! 今年のル・マン、24時間走ってもなぜ大接戦に?
フェラーリが僅差でトヨタを破り2連覇! 今年のル・マン、24時間走ってもなぜ大接戦に?
くるくら
VWの小型セダン『ジェッタ』に改良新型、6月25日に米国デビューへ
VWの小型セダン『ジェッタ』に改良新型、6月25日に米国デビューへ
レスポンス
ベンツは「ほとんど変えずに洗練させる」困難な仕事をやってのけた しかし…… Gクラス試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベンツは「ほとんど変えずに洗練させる」困難な仕事をやってのけた しかし…… Gクラス試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
【日本限定30台】メルセデス・マイバッハ特別限定モデル「S 580ナイトエディション」登場! 価格は4400万円。メルセデス ミーで展示中です
【日本限定30台】メルセデス・マイバッハ特別限定モデル「S 580ナイトエディション」登場! 価格は4400万円。メルセデス ミーで展示中です
Auto Messe Web
アルファロメオ ジュニアのハイパフォーマンス バージョン「ヴェローチェ」は最高出力280ps!
アルファロメオ ジュニアのハイパフォーマンス バージョン「ヴェローチェ」は最高出力280ps!
Webモーターマガジン
自動車業界の平均年収ランキング、1位はトヨタで「895.4万円」…SalesNowがトップ10公開
自動車業界の平均年収ランキング、1位はトヨタで「895.4万円」…SalesNowがトップ10公開
レスポンス
スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
AUTOSPORT web
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
トヨタ『ランドクルーザー300』の警備・防衛車両向け、デュアルオルタネーターで電源確保…米APSが発表
レスポンス
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
山頂キャンプ・グランピングが楽しめる「OZE-HOSHISORA GLAMPING&CAMP RESORT」2024シーズンの営業がスタート!
バイクブロス
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
「ガソリンスタンドの屋根」が“平ら”なのはなぜ? 雨や雪が降ったらどうなる? 屋根に隠された驚きの「工夫」とは
くるまのニュース
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
スタバのドリンクが飲みたいぞ! ラーメン食べたい! 失敗しないSA・PA選びは「スマホアプリ」の活用が正解だった
WEB CARTOP
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
東京アウトドアショー2024が開催! NEWS小山氏の愛車やランクル特別展示も
くるくら
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
驚速パロウが大荒れのレースを制す。ポール・トゥ・ウインで今季2勝目/インディカー第8戦ラグナ・セカ
AUTOSPORT web
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
勝者フェルスタッペン「早々にラッセルを抜いたことが鍵。マクラーレンほど強くなかったが、全員でベストな仕事をした」
AUTOSPORT web
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
カツデンのスチール製カーハウス「CARKUREGA」の問い合わせが累計500件を突破
レスポンス
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
115万円から! 日産「新型コンパクトSUV」発表! 日産“唯一”の生き残りマシン! MTあり&全長4m以下の「新GEZA」インドで登場
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

629.01064.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01380.0万円

中古車を検索
ケイマンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

629.01064.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

178.01380.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村