現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】

ここから本文です
ヤマハ「アクシスZ」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
写真を全て見る(7枚)

YAMAHA「AXIS Z」
税込価格:28万500円
前後10インチホイールを採用したコンパクトで取り回しやすいボディに、力強い124cc空冷「BLUE CORE」エンジンを組み合わせた軽快な原付二種スクーター。

2022年モデルではエンジンを平成32年排出ガス規制適合化し、エンジン始動用モーターとジェネレーターの機能を一体化したSMG(スマートモータージェネレーター)を採用。

ガールズスタッフ図鑑|東京モーターサイクルショー2024

また、前後バランスの良いブレーキングを可能とするUBS(ユニファイドブレーキシステム)も新採用され、ヘッドライトの光量がアップされた。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ブリクストン「クロスファイア125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「クロスファイア125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ブリクストン「フェルスベルク 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ブリクストン「クロムウェル125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「クロムウェル125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ブリクストン「レイバーン 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「レイバーン 125」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ブリクストン「クロスファイア 125XS」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「クロスファイア 125XS」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ロイヤルアロイ「TG125」「TG125S」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ロイヤルアロイ「TG125」「TG125S」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
BMW、新型M4クーペ、新型M4カブリオレを発表 サーキットの本格的な走行が可能なハイパフォーマンスモデル
BMW、新型M4クーペ、新型M4カブリオレを発表 サーキットの本格的な走行が可能なハイパフォーマンスモデル
月刊自家用車WEB
アンダー400万円! ホンダ新型「V8搭載モデル」がスゴい! 5.0Lエンジン×全高2m超え“精悍シルバー”がカッコイイ! 新たな「フラッグシップマシン」の「BF350」とは
アンダー400万円! ホンダ新型「V8搭載モデル」がスゴい! 5.0Lエンジン×全高2m超え“精悍シルバー”がカッコイイ! 新たな「フラッグシップマシン」の「BF350」とは
くるまのニュース
【写真蔵】マイナーチェンジでさらに人気がアップしそうな「ホンダ ヴェゼル」
【写真蔵】マイナーチェンジでさらに人気がアップしそうな「ホンダ ヴェゼル」
Webモーターマガジン
約50万円で「3人」乗れる! “公道走行”も可能な「新型モデル」登場! 日常で大活躍する「斬新トライク」はクルマとバイクの“良いとこ取り”!
約50万円で「3人」乗れる! “公道走行”も可能な「新型モデル」登場! 日常で大活躍する「斬新トライク」はクルマとバイクの“良いとこ取り”!
くるまのニュース
特定小型への批判を払拭! ARTS VOLTがより安全で可愛くなった「PILLBAG」2024モデルを発売
特定小型への批判を払拭! ARTS VOLTがより安全で可愛くなった「PILLBAG」2024モデルを発売
バイクのニュース
キジマからヤマハ XSR125用カスタムパーツ5アイテムが発売!
キジマからヤマハ XSR125用カスタムパーツ5アイテムが発売!
バイクブロス
モトグッツィ、新型Vツイン・アドベンチャー『ステルビオ』発表 価格は242万円
モトグッツィ、新型Vツイン・アドベンチャー『ステルビオ』発表 価格は242万円
レスポンス
ハスクバーナ、2025年モデルのスーパーモト『FS 450』発表
ハスクバーナ、2025年モデルのスーパーモト『FS 450』発表
レスポンス
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
美しさと空力、積載性を兼ね備えたルーフボックス「THULE モーション3」発売
レスポンス
BMW M8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
BMW M8グランクーペ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
シェア拡大中のロイヤルエンフィールド最新モデル「ショットガン650」受注開始 走行距離無制限の3年保証も付与
シェア拡大中のロイヤルエンフィールド最新モデル「ショットガン650」受注開始 走行距離無制限の3年保証も付与
バイクのニュース

みんなのコメント

1件
  • ジョージ・クルーニー
    2023年モデルより最大トルクが1kg-m迄高められている。
    その発生回転数5000rpm時では50km/hで平坦路巡行。
    つまり ユーザーが交通法規速度規制を遵守する人物には
    道路事情と使い方にベストマッチで乗りやすい車輛。
    逆に 信号の青の瞬間全開スタートし 速度規制をオーバーしまくる
    輩には 向いていない車両。
    速度を守って走る人は全体の16%未満だという。
    何に乗ろうとルールは守ってほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村