サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「筑波最速セブンの称号を手にした蒼き弾丸」最北のチューンドFD3Sが53秒489をマーク!

ここから本文です

ロータリーチューンの常識を打ち破る超ハイブースト仕様!

各部に不安を残しながらも53秒489をマーク

「筑波最速セブンの称号を手にした蒼き弾丸」最北のチューンドFD3Sが53秒489をマーク!

筑波サーキットにおけるチューンドロータリーの最速記録は、レボリューションRX-7が2010年にマークした53秒673というタイムだ。その金字塔を10年ぶりに打ち破ったのが、北海道から遠征してきた“カーショップドリームKGMボルテックス7(FD3S)”。記録は53秒489、尋常ではない。

心臓部の13B-REWはハイブースト対策としてFC3S輸出用の低圧縮(8.5)ローターを組み込んだブリッジポート仕様となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ