サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SUVも高性能だっていいじゃないか!──新型BMW X4 Mコンペティション試乗記

ここから本文です

SUVも高性能だっていいじゃないか!──新型BMW X4 Mコンペティション試乗記

やっぱりBMW M社が手がけた新型「X4」は過激だった!

もはやスポーツカー

極上の大型ラグジュアリーSUV──新型BMWアルピナXB7試乗記

家族やパートナーのためにSUVを買わなくてはいけない。でも本当に欲しいのはスポーツカー……。なんて悩んでいる人に、BMWが解決策を提案してくれた。2021年10月に日本でも発売が開始され、2022年になってデリバリーが始まった「X4 Mコンペティション」。SUVのかたちをしたスポーツカーだ。

リアにいくにしたがって流れるようなルーフラインによるスタイリングと、すごみを効かせたエアダムやオーバーフェンダーが目をひく。性能も装備も生産台数も、すべてエクスクルーシブな雰囲気。つまり、そんじょそこらでは手に入りにくいクルマに仕立てられているのだ。

走らせると、見た目の印象を裏切らない。なにしろ、「サーキットでの走行を可能としたMハイパフォーマンスモデル」である。

BMWと、高性能車の開発を手がけるBMW M GmbH(M社)による珠玉のプロダクト。乗れば、本当に感心する。

乗り降りが楽だったり、後席が快適だったり、着座位置が高くて遠くまで見渡せたり……と、SUVのいいとこをちゃんと持ちながら、加速もハンドリングも、へたなスポーツモデルは足元にも及ばないといいたいぐらい、驚くほど高いレベルにある。

このクルマでサーキットを走りたい!

レースを意味する“コンペティション”の文字がボディとインテリアに入っている。375kW(510ps)の最高出力と620Nmの最大トルクをもつ2992cc直列6気筒エンジンに全輪駆動システムの組合せだ。エンジンのパワフルさと、車体のシャープな動き。このクルマでサーキットを走りたい! と、心底思った。

センターコンソール上のドライブモードセレクターで「コンフォート」モードを選んでいても、8段オートマチック変速機をマニュアル操作して自分で操れば、かなり楽しい。

3000rpmを超えると、キモチよくまわる直列6気筒エンジンの醍醐味がビンビンと……高回転で味わわないと、ホントもったいないエンジンだ。

レスポンスを最適化し高効率をねらった吸気ダクト、重量を最適化し高回転まで安定したパワーをもたらす鍛造ピストン。

そして、最適化されたブースト圧で速いレスポンスを発揮し、かつ、低回転時でも高いトルクをもたらすツイン・ターボチャージャーといったものが、そなわっている。

「スポーツ」モードは、クルマが“そこまでコントロールできるかナ?” と、挑戦してくる感じ。さらに「スポーツ・プラス」モードは市街地で選ばないほうが賢明かも? と、言いたくなるほど。まさにスポーツカー的な、すべてがミリ単位で操作できるぐらいのダイレクト感だ。軽量化された6ポッドの「Mコンパウンド」ブレーキも、さっと加速し、さっと止まる。スポーティな走りに大きく貢献している。

複数人でのドライブも快適

スポーティだけど硬くないのも嬉しい。電子制御の「アダプティブMサスペンション」のおかげで、巡航時などは乗り心地が意外なほど快適だったのだ。

後席シートにはリクライニング機構もそなわるので、3人とか4人で長距離ツーリングもキモチいいだろう。“傑作”と、呼びたい出来映えなのだ。

X4 Mコンペティションのよさは、もうひとつ、スタイリングにある。どちらかというとクーペ的。キャビンも一見コンパクトに、トランク部分はすこしノッチ(段)をつけて、荷室の存在感を薄めている。

いまは、同様のスタイリングが競合メーカーのプロダクトにも増えてきた感があるが、先鞭をつけたのは、2004年登場の初代X4ということを忘れてはならない。

パーソナル感が強いものの、実用的。そのヘリティッジが継承されているのだ。

1365万円がおいそれと払えるひとには、それに見合う価値のある1台である。

文・小川フミオ 写真・安井宏充(Weekend.)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します