現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ランクル70」まもなく発売! 価格は400万円代前半!? 燃費もアップで先進安全装備も強化? “今秋発売”の本格SUVはどんなクルマなのか

ここから本文です

トヨタ新型「ランクル70」まもなく発売! 価格は400万円代前半!? 燃費もアップで先進安全装備も強化? “今秋発売”の本格SUVはどんなクルマなのか

掲載 39
トヨタ新型「ランクル70」まもなく発売! 価格は400万円代前半!? 燃費もアップで先進安全装備も強化? “今秋発売”の本格SUVはどんなクルマなのか

■新型「ランドクルーザー70」まもなく登場?いくらになる?

 この夏に、兄弟車である「ランドクルーザー250」の発表にあわせて、その登場が予告され、先だっての「ジャパンモビリティショー2023」にも出品されていたのがトヨタの新しい「ランドクルーザー70」です。

【画像】「えっ…!」これがもうすぐ発売されるトヨタ新型「ランドクルーザー70」です(30枚以上)

 どのようなクルマなのかを、今わかる範囲でまとめ、販売される価格などを予測してみたいと思います。

「ランドクルーザー」シリーズは、1951年の「トヨタ・ジープBJシリーズ」を祖とする、トヨタで最も長く続くモデルです。トヨタならではの信頼性の高さから「どこに行っても、生きて帰ってこられるクルマ」として、世界中で絶大な支持を得ています。

 そのランドクルーザーは“シリーズ”とあるように複数のラインナップが設定され、現在は3つの派生モデルで構成されています。

ゴージャスなフラッグシップの「300シリーズ」、快適な乗り心地を備えたライトユースの「250シリーズ」、そして過酷な環境での使用を想定するヘビーデューティな「70シリーズ」です。

「どこに行っても、生きて帰ってこられる」というのがランドクルーザーのコアな価値であれば、それが最もストレートな形になるのが「ランドクルーザー70」です。

 70シリーズは1984年に日本での発売が開始され、その後、2004年に国内での販売を終了していましたが、発売30周年を記念し、2014年に期間限定で再販売されていました。そして、そのランドクルーザー70が、この冬に継続販売モデルとして再導入されます。

 ポイントはフルモデルチェンジではなく、トヨタが「アップデート」や「進化」と称しているところです。名称も以前の “70シリーズ”のまま。言ってみれば、ビッグマイナーチェンジ版です。

 そして、その新しいランドクルーザー70の内容として発表しているのは、内外装の写真と、大まかなスペックです。

全長4890mm×全高1920mm×全幅1870mmでホイールベースは2730mm。搭載されるのは、最高出力150kW(204PS)、最大トルク500Nmの2.8リッター・ディーゼル・ターボ・エンジン(1GD-FTV型)。トランスミッションは6速ATです。

 写真を見ると2列シート・5人乗りのようです。シフトノブの横には、トランスファー用のレバーがあり、今どきのスマートフォン用のUSB充電端子を見ることもできます。ただし、エアコンはマニュアルです。

 また日本で販売するには、AEB(衝突被害軽減自動ブレーキ)が必要であり、実際に写真でもフロントウインドウにモノカメラ、グリル内にレーダーのようなものを確認できます。いわゆる「トヨタセーフティセンス」が搭載されていることが予測できます。

 まさに今どきの日本車に適合するようにアップデートされているようです。パワートレインも今回の再導入にあわせて一新されていますから、エミッション系も心配ないことでしょう。

 では、気になる価格は、どうなるのでしょうか。

 2014年にランドクルーザー70が期間限定で再発売されたときの価格は、税込み350万円から360万円でした。当時の消費税は8%だったので、車両本体価格は約324~333万円。今であれば約356.4~366.6万円となります。

一方、現在の「ランドクルーザープラド」の価格は367.6~554.3万円。「ランドクルーザー300」は510~800万円です。

 普通に考えれば新型ランドクルーザー70の価格は、ランドクルーザープラドよりも下、という点が重要です。

 ところがランドクルーザープラドは、間もなく新型ランドクルーザー250に世代交代してしまうため、次期モデルの販売価格は不明です。

とはいえ、ランドクルーザー300よりも高くなることはないはずなので、スタート価格は510万円以下になることでしょう。

 また、トヨタ内のラインナップで比較すると「クラウン(クロスオーバー)」の価格が435万円~640万円ですから、新型ランドクルーザー250は、それよりも下の300万円台後半から400万円そこそこあたりになるのではと予想が導かれます

となれば、その下になる新型ランドクルーザー70の価格は、2014年よりも高めの300万円台後半から。高くても400万円台前半に納まるのではないでしょうか。

 アップデートでLEDライトの今どきの顔になった新型ランドクルーザー70ですが、中身が一新したわけではありません。2014年の350~360万円よりは高くなっているでしょうけれど、200万円も300万円も高くなることはないはずです。

400万円台前半までに納まっていることを期待したいと思います。

こんな記事も読まれています

Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
グーネット
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
AUTOSPORT web
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
AUTOCAR JAPAN
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
Auto Messe Web
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
driver@web
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
乗りものニュース
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
AUTOSPORT web
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
くるまのニュース
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
AUTOCAR JAPAN
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
Auto Messe Web
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
AUTOSPORT web
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
AUTOSPORT web
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
motorsport.com 日本版
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

39件
  • 五平ごへい
    プラド367.6万円ってガソリン車の値段でしょ。ガソリンとディーゼル車の値段の違いも分からない奴が記事書いてんのか?編集長とかのチェック機能ないのか??
  • c9w
    取材もせずにテキトーなニュース出すなよ
    フェイクニュース流す犯罪組織とおんなじだな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索
ランドクルーザー70の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

155.0730.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村