現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】輸入MPV2車の走りを比較! 乗用車的カングーに対してドブロはどこか商用車的な乗り味

ここから本文です

【試乗】輸入MPV2車の走りを比較! 乗用車的カングーに対してドブロはどこか商用車的な乗り味

掲載 1
【試乗】輸入MPV2車の走りを比較! 乗用車的カングーに対してドブロはどこか商用車的な乗り味

 この記事をまとめると

■日本自動車輸入組合(JAIA)主催のメディア向け試乗会にて輸入MPVを試乗

ルノー車のグレードZENはまさかの「禅」だった! フランス人の心に息づく「ゼン」の心

■日本で人気のルノー・カングーは乗用車のような乗り味と装備に生まれ変わっている

■フィアット・ドブロはまだまだ商用車ベースな雰囲気が残る仕立てだ

 日本で人気の輸入MPVを比較試乗

 自動車メディアでは毎年恒例となっている日本自動車輸入組合(JAIA)主催のメディア向け試乗会。この試乗会に若手自動車ライターの筆者も参加させて頂いた。今回はライバルとされることの多いルノー・カングーとフィアット・ドブロの両車をリポートしていく。

 カングーにライバル登場で輸入車ミニバン戦線に異変アリ!

 長年「輸入車のMPV」といえばカングーが代表的な存在であった。そこにここ数年で入ってきたのが、シトロエン・ベルランゴ、プジョー・リフター、そしてこのフィアット・ドブロのステランティスブランドのMPVたちだ。ステランティス系列のクルマなので、基本的なメカニズムはほか2モデルと共有しているのが特徴だ。今回の試乗車はベースグレードで、価格は399万円からだ。

 カングーは、昨年3月にフルモデルチェンジを果たし大幅に進化を遂げた。今回試乗車は設定されたばかりの限定車ヴァリアテで、価格は、撮影車のカラーバンパー仕様が427万円からだ。このような限定カラーが多く展開されてきたのも日本市場におけるカングーの特徴だ。今後、現行モデルにどんなカラーが展開されていくかにも注目だ。

 ファミリーカーとしての性能が高いカングー

 細かなポイントを見ていくと、カングーは日本での人気が高く、こちら側の意見が取り入れられているせいか、一日の長があると感じる。スライドドアを開けるのに必要な力は軽いし、純正アクセサリーでスマートフォンホルダーも用意されていて、置くだけ充電も装備されている。質感もそうだが、充電や小物入れなど細かな気配りがファミリーカーユースを考えている印象だ。

 対してドブロは、そのようなファミリーカーユースといったところはまだまだといった印象がする。スライドドアも重たいし、小物入れもなんだが空間が広く仕切りがなくて大雑把な造りに感じてしまう。圧迫感のあるセンターコンソールもファミリーカーとして考えると疑問を感じるところだ。

 カングーはもう商用車とは言わせない

 試乗で表れた違い

 走り出してみるとパワートレインの違いを強く感じた。カングーは1.3リッターターボガソリンと7速DCTの組み合わせ、ドブロは1.5リッターディーゼルターボと8速ATの組み合わせだ。どちらも低速トルクは十分にあり、不満を感じるシーンはなかった。

 カングーのDCTは制御も含めて滑らかに仕上がっていて変速ショックが少なく、アップダウンのある場所でもスムースに加減速していく。一方、ドブロは制御がやや荒い印象があり、変速時にギクシャクした印象を感じる。とくに旋回しながらの上り坂ではそれを強く感じた。日本の道路や使用シーンではまだギヤ比が合っていないというのもあるのかもしれない。

 また、カングーは全体的にしっとりとした乗り心地なのに対して、ドブロはギャップなどで少し角が目立つような印象だ。後部座席に乗る人からはカングーのほうが好評なのではないかと思う。ステアリングインフォメーションもカングーのほうがしっかりとしていて、運転していて安心感がある。

 両車を大雑把にいい分ければ、カングーのほうが乗用車的な乗り味でドブロのほうが商用車的な乗り味だ。どちらも商用車に起源があるモデルではあるが、カングーは日本市場での声を上手く取り入れながら乗用ミニバンとして進化をしてきた歴史があると感じた。対してドブロはまだ日本市場に入ってきたばかりであり、今後の進化に注目していきたいところだ。

 これまでカングー一強といえた輸入車MPVというジャンルだが、今後はお互いに追いつけ追い越せで競争が激化していくことだろう。目が離せないジャンルだ。

こんな記事も読まれています

運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
やっぱ「自然吸気」じゃなきゃ味わえない快感があんのよ! ターボだらけの世の中でも100万円台で狙えるNAエンジンの中古スポーツ4選
やっぱ「自然吸気」じゃなきゃ味わえない快感があんのよ! ターボだらけの世の中でも100万円台で狙えるNAエンジンの中古スポーツ4選
WEB CARTOP
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
【最新モデル試乗】新たなオールマイティSUV登場! 三菱トライトンはメルセデスGクラスより強い存在感を放つ
カー・アンド・ドライバー
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
【最新モデル試乗】素直でプレーン、そしてリーズナブル。ホンダWR-Vに愛着がわく理由
カー・アンド・ドライバー
機敏で運転が楽しい! スズキ・スイフト 快適で上質なファミリーカー ルノー・ルーテシア 日仏2台比較(2)
機敏で運転が楽しい! スズキ・スイフト 快適で上質なファミリーカー ルノー・ルーテシア 日仏2台比較(2)
AUTOCAR JAPAN
【10年ひと昔の新車】BMW 6シリーズ グランクーペのサイズを感じさせない走りは、さすがだった
【10年ひと昔の新車】BMW 6シリーズ グランクーペのサイズを感じさせない走りは、さすがだった
Webモーターマガジン
【新型クラウン タイプ別解説】伝統的スタイル 「セダン」
【新型クラウン タイプ別解説】伝統的スタイル 「セダン」
月刊自家用車WEB
円安なのにお買い得!?実用性も高いシボレー「カマロ LT RS」の魅力
円安なのにお買い得!?実用性も高いシボレー「カマロ LT RS」の魅力
@DIME
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
電気自動車でも乗ればやっぱりMINIなんだ【MINI クーパーSE】
グーネット
壊れて当然のノリだけど現代のクルマにはない楽しさがある! 沼る可能性しかないハチマルイタフラ車
壊れて当然のノリだけど現代のクルマにはない楽しさがある! 沼る可能性しかないハチマルイタフラ車
WEB CARTOP
まさかの公式! 新車で買える「“運転席2つ”商用バン」!? 目がバグる「2台連結マシン」なぜ販売? 欧州の「謎車」の正体とは
まさかの公式! 新車で買える「“運転席2つ”商用バン」!? 目がバグる「2台連結マシン」なぜ販売? 欧州の「謎車」の正体とは
くるまのニュース
スズキ・スイフト ルノー・ルーテシア やっぱり小さなハッチバックは魅力的! 日仏2台比較(1)
スズキ・スイフト ルノー・ルーテシア やっぱり小さなハッチバックは魅力的! 日仏2台比較(1)
AUTOCAR JAPAN
単なる顔違いの姉妹じゃない! 「トヨタbz4X」と「スバル・ソルテラ」は走りも装備も補助金まで違っていた!!
単なる顔違いの姉妹じゃない! 「トヨタbz4X」と「スバル・ソルテラ」は走りも装備も補助金まで違っていた!!
WEB CARTOP
「あのクルマ電車じゃん!」……ってEVのことじゃなかった! カスタムカー界隈で揶揄される「電車」ってなんのこと?
「あのクルマ電車じゃん!」……ってEVのことじゃなかった! カスタムカー界隈で揶揄される「電車」ってなんのこと?
WEB CARTOP
小さいことに価値があるGLAのベストバイがコレ!【メルセデス・ベンツ GLA】
小さいことに価値があるGLAのベストバイがコレ!【メルセデス・ベンツ GLA】
グーネット
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
イマでも「100万円台」から買える! “軽”じゃない「安く」て「運転楽しい」国産MT車3選
くるまのニュース
ボルボ144 E 「スウェーデン製」と端々から伝わる 当時は最も堅牢な4気筒 人気小説家の愛車(1)
ボルボ144 E 「スウェーデン製」と端々から伝わる 当時は最も堅牢な4気筒 人気小説家の愛車(1)
AUTOCAR JAPAN
スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
スーパーSUVの本命、ついに日本で乗った!──新型フェラーリ プロサングエ試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

1件
  • kmq********
    このジャンルの対決は、シトローエンに一日の長がある
    特に、LWBのデカランゴは秀逸である
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0439.0万円

中古車を検索
カングーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0439.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村