現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場

ここから本文です

ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場

掲載 68
ダイハツ新型「2シーター小型スポーツカー」実車展示! 軽規格超えボディ&MT採用の可能性も!? 市販化望まれる新モデルが“再”登場

■次期「コペン」示唆の新モデルが名古屋にも登場

 ダイハツは2023年11月23日から4日間、ポートメッセなごや(名古屋市港区)で開催された「名古屋モビリティショー2023」に出展しました。
 
 同社のブースでは10月28日に開催された第一回「ジャパンモビリティショー2023」で世界初公開された「VISION COPEN(ビジョン コペン)」も展示されました。

【画像】「えっ…!」これが「次期コペンの姿」!? 画像で見る(50枚)

 コペンは2002年に登場した2ドア軽オープンカーで、格納式ハードトップを持ち、スポーティな走りを楽しめることが特徴です。

 現行モデルは2代目で、2014年6月に登場。新フレーム「D-Frame」の採用による剛性・走行性能の向上を図ったほか、脱着可能な内外装構造「DRESS-FORMATION」により、デザインの変更が可能となるなど、個性的なモデルとなっています。

 そんなコペンですが、新たに登場したビジョン コペンは2ドアオープンカーのコンセプトモデルです。

「コペン」の名称が用いられた通り、コペンのDNAを残しつつもスポーツの領域を狙ったものだといい、軽自動車の枠を超えた小型車になりました。

 ボディサイズは全長3835mm×全幅1695mm×全高1265mm、ホイールベースは2415mmと、現行コペンと比較して440mm長く、220mm幅広く、15mm低くなっています。

 パワートレインは軽規格に収まる660ccエンジンではなく、国内向けコペンシリーズでは初となる1.3リッターエンジンを搭載。カーボンニュートラル燃料が使用可能だといい、環境にも配慮されています。

 ジャパンモビリティショーや名古屋モビリティショーで、ダイハツが同時に公開している他のコンセプトモデルとは異なり、唯一の内燃機関採用モデルとしています。

 駆動方式も、通常のコペンはFF(前輪駆動)となっているのに対し、FR(後輪駆動)レイアウトを採用。トランスミッションはさまざまな組み合わせを想定しているといい、MTの可能性もあるようです。

 エクステリアは初代(L880K)を強く想起させるデザインで、丸形ヘッドライトや逆台形型の大きなロアグリルなどに初代の面影を残します。

 一方で、ボディサイドは全幅を活かしたグラマラスなリアフェンダーを持ち、ロー&ワイドなイメージを高めています。

 リアも初代を想起させる意匠が随所に取り入れられ、ナンバーポケットやテールランプ形状などは、初代からそのまま引き継いだようなデザインです。

 インテリアは直線基調でワイド感を感じさせるものとなっており、デジタルメーターの採用やタッチディスプレイのエアコン操作パネルなどが先進感をもたらしています。

 シートからドアトリム、インパネはライトグレーから徐々にブラック一色になるグラデーションカラーを採用。運転時には視界を妨げず、ドアを開けた際には車内が明るくなる斬新な配色です。

 市販化についてダイハツ担当者は、ジャパンモビリティショー2023において「いまの時点ではコンセプトカーだというスタンスになりますが、初代はコンセプトカーを起点とし反響によって市販化に至った経緯があります。

 もし登場させるとしたら、これが3代目につながる可能性はあります」と話しています。

※ ※ ※

 なお、名古屋モビリティショーでダイハツブースでは、ジャパンモビリティショーと同内容の展示を実施。

 自然のなかでの気ままなスローライフを想定した2ドア軽オープン「OSAMPO(サンポ)」や、シンプルでカスタマイズ可能な斬新発想の軽商用車コンセプトシリーズ「Uniform」2台などが展示されました。

こんな記事も読まれています

自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
バイクのニュース
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web

みんなのコメント

68件
  • tma********
    コペンXPLAYに乗っています。
    軽規格超えで64PS縛りが無くなるのは歓迎ですが、FR化とかで高価になり過ぎるのは勘弁。電動ハードトップは残してほしいですね。
    XPLAYが188万円~なので、次期型は220万円~位で商品化して欲しいな。
  • santaku
    どうせ出ねんべぇ〜
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索
コペンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村