現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 先行発売のトヨタ新型 「クラウン」他グレードと異なる「最上級仕様」の特徴は? 納期は2024年以降!?

ここから本文です

先行発売のトヨタ新型 「クラウン」他グレードと異なる「最上級仕様」の特徴は? 納期は2024年以降!?

掲載 更新 46
先行発売のトヨタ新型 「クラウン」他グレードと異なる「最上級仕様」の特徴は? 納期は2024年以降!?

■クロスオーバー「最上級仕様」どんな特徴がある?

 2022年7月15日にトヨタ新型「クラウン」シリーズが世界初公開され、先行してクロスオーバータイプが9月より発売されました。
 
 なかでも最上級グレードにはどんな特徴があるのでしょうか。

【画像】登場が待ち遠しい! 全長5m超、デカすぎな新型「クラウン セダン」を画像で見る(25枚)

 16代目として登場した新型クラウンは「クロスオーバー」「セダン」「スポーツ」「エステート」の4モデルが展開されています。

 今回のクラウンについてトヨタは、「新しいクラウンの開発にあたり、『クラウンとは何か』を徹底的に見つめ直し、『これからの時代のクラウンらしさ』を追求した結果、4つの全く新しいクラウンを作り出しました」と説明しています。

 なかでも、先行発売された新型クラウンクロスオーバーは、クーペライクなシルエットでありながら力強さを感じさせるリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミックさを両立したデザインを実現。

 ボディサイズは、全長4930mm×全幅1840mm×全高1540mmで、セダンとSUVという新しいスタイルとなるモデルとなっています。

 クロスオーバーのグレードには、大きく分けて「X」「G」「RS」の3種類に分けられます。

 なかでも最上級グレードRSの大きな特徴には、パワートレインが挙げられます。

 2.4リッターの直列4気筒ターボエンジンと最新電動パワートレイン「eAxle」を組み合わせた「デュアルブーストハイブリッドシステム」をトヨタで初めて採用。

 新開発のハイブリッドシステムは、アクセル操作に対する駆動力の遅れが少なく、伸びやかな加速により気持ちの良い乗り心地を体感できるといい、燃費はWLTCモードで15.7km/Lとなっています。

 なお、他グレードでは2.5リッターエンジンを備えた、シリーズパラレルハイブリッドシステムを採用しています。

 このほか、エクステリアでは、切削光輝+ブラック塗装の21インチアルミホイールを装着。

 リヤ側には漆黒メッキで「CROWN」と車名エンブレムが刻まれます。

 ほかのグレードではクロームで刻まれているため、最上級グレードとの差別化が図られている点のひとつといえます。

 インテリアは、ヒーターに加え唯一パドルシフトが備わったステアリングが装備され、室内はブラックを基調にイエローブラウンが各所にあしらわれたデザインになっています。

 座席シートには本革が用いられ、イエローブラウンカラーがアクセントに施されます。

 安全機能には「Toyota Safety Sence」といった予防安全機能はもちろん、メーカーパッケージオプションで駐車・走行支援のトヨタチームメイト機能の搭載も可能です。

 価格は、RSグレードは605万円、さらに機能が多く備わったRS “Advanced”グレードは640万円です。(消費税込み)

※ ※ ※

 新型クラウン クロスオーバーの納期について、トヨタ販売店スタッフは以下のように話します。

「現在すべてのグレードについて注文を承っていますが、なかでも最上級グレードの『RS』『RS “Advanced”』が一番長い納期となっています。

 予定としては2024年3月以降となっており、まったく読めない状況です」

またトヨタのクラウンのページを見ると、RSグレードのほか、G “Leather Package”、G、Xグレードについては2023年4月以降の生産予定と案内されています。(2022年10月時点)

昨今のコロナ禍や半導体不足の影響もあり、大幅な納期待ちとなっている様子がうかがえます。

 新型クラウンといえば、クロスオーバーのほかこの先3タイプのモデルの登場が予定されています。

 今後も、新型クラウンシリーズの動向に注目が集まりそうです。

こんな記事も読まれています

ジウジアーロ氏デザイン!RADAR製オフロードタイヤ「レネゲイドX」販売開始 オートウェイ
ジウジアーロ氏デザイン!RADAR製オフロードタイヤ「レネゲイドX」販売開始 オートウェイ
グーネット
K-tunes Racingが2024年のスーパーGT参戦体制を発表。新たな気持ちで結果にこだわる一年に
K-tunes Racingが2024年のスーパーGT参戦体制を発表。新たな気持ちで結果にこだわる一年に
AUTOSPORT web
トラックでキャンプが超快適! 本当に新型エルフベースなの……いすゞのコンセプトカーが先進的すぎた!
トラックでキャンプが超快適! 本当に新型エルフベースなの……いすゞのコンセプトカーが先進的すぎた!
ベストカーWeb
旧車テイストが漂う日産「レパード XS-II」はツライチ仕様! フジツボ、ナルディに「ホイールはBBS風でキマり!」です
旧車テイストが漂う日産「レパード XS-II」はツライチ仕様! フジツボ、ナルディに「ホイールはBBS風でキマり!」です
Auto Messe Web
レンジローバーのV8を「3モーター」に交換! 感動モノの速さと洗練性 JIAチーフテン EVへ試乗
レンジローバーのV8を「3モーター」に交換! 感動モノの速さと洗練性 JIAチーフテン EVへ試乗
AUTOCAR JAPAN
19歳女子レーサーが初愛車トヨタ「86」のブレーキパッド選び「エンドレス」にブレーキの基本のキから聞いてみました【令和女子旧車に乗る_番外編】
19歳女子レーサーが初愛車トヨタ「86」のブレーキパッド選び「エンドレス」にブレーキの基本のキから聞いてみました【令和女子旧車に乗る_番外編】
Auto Messe Web
アロンソ9位「SCを待ったが狙いどおりにならず」ストロールは最後方から入賞:アストンマーティン/F1第1戦決勝
アロンソ9位「SCを待ったが狙いどおりにならず」ストロールは最後方から入賞:アストンマーティン/F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
首都高どうした!? 「僕を無視しないで!」笑撃のショート動画を公表した、ちょっと心配な背景
首都高どうした!? 「僕を無視しないで!」笑撃のショート動画を公表した、ちょっと心配な背景
乗りものニュース
ノリス6位「最善の結果。1年前と比べると間違いなく進歩した」マクラーレン/F1第1戦決勝
ノリス6位「最善の結果。1年前と比べると間違いなく進歩した」マクラーレン/F1第1戦決勝
AUTOSPORT web
2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
2024年版 使い勝手良し、走り良し!「最強」電動SUV 10選 カテゴリー別ランキング
AUTOCAR JAPAN
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
「学生フォーミュラ日本大会2024」に106チームがエントリー!「Aichi Sky Expo」で9月9日~14日に開催される大会の内容とは
Auto Messe Web
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
サルーンボディを切り貼り! フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(1) 生き残りをかけたワゴン
AUTOCAR JAPAN
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
「英国王室」御用達ワゴン フォード・ゼファー MkII ファーナム・エステート(2) 汚れた荷物は積みたくない
AUTOCAR JAPAN
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
車のトラブル“非JAF会員”はかなり高く!? ロードサービスの料金を大幅改定 会員向けは拡充
乗りものニュース
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
メルセデス、冷却レベルを誤り、2台がオーバーヒートに苦しむ「トラブルだらけのレース」とハミルトン/F1第1戦
AUTOSPORT web
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
ハイエースより万能? 日本上陸した欧州の「ド定番商用バン」使い道は変幻自在! キャンピングカー界から飛躍なるか
乗りものニュース
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
MINIクーパー3ドアが10年ぶりにフルモデルチェンジ|MINI
OPENERS
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
280馬力超え&MT設定あり! 新型「爆速ミニバン」初公開!ド派手カラー設定+専用エアロでもはや“ファミリーカー”感なし! 「MS-RT」英に登場
くるまのニュース

みんなのコメント

46件
  • アンチトヨタが必死にマスターべえしょんしてる笑
  • 最近、クラウンの後に問題議員をたくさん輩出した某政党名と同じワードがつく様になった。
    これがとれない限り、私的には嫌悪する。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

435.0640.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

210.0880.0万円

中古車を検索
クラウン(クロスオーバー)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

435.0640.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

210.0880.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村