現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 不人気マイナー車の日産「レパードJフェリー」にR32「GT-R」のエンジンを載せ替え! HKSスーパーパワーフローで吸気音を楽しんでます

ここから本文です

不人気マイナー車の日産「レパードJフェリー」にR32「GT-R」のエンジンを載せ替え! HKSスーパーパワーフローで吸気音を楽しんでます

掲載 22
不人気マイナー車の日産「レパードJフェリー」にR32「GT-R」のエンジンを載せ替え! HKSスーパーパワーフローで吸気音を楽しんでます

マイナーな不人気車だからこそ魅力を感じた

俗にいう不人気のマイナー車とも呼ばれた日産「レパード Jフェリー」。そんなJフェリーの他人と被らないスタイルが良いなと感じ、程度の良い中古車を探して購入した野添史丈司さんに、愛車のこだわりついて伺ったので紹介しよう。

【R32「GT-R」開発秘話】今だからテストドライバーのトップが明かす「最初のテスト車はニュルブルクリンクで通用しませんでした」

他人とかぶらないところが良い

日産自動車が1992年に発売したレパード Jフェリーのことを覚えているだろうか。レパードシリーズとしては3代目となるこのクルマは、北米で販売された「インフィニティJ30」をベースに日本国内仕様として仕立て直してデビュー。

しかし、先代モデルと違って薄味な印象で、ジャガーに寄せた上品すぎるデザインのせいか、いまひとつの結果に……。俗にいう不人気のマイナー車とも呼ばれるようになってしまった。

今回紹介する野添史丈司さんは、そんなJフェリーの他人と被らないスタイルが良いなと感じ、程度の良い中古車を探して購入。大排気量が好きだったので、タイプFグレードのVG30DE搭載モデルを指名買いした。

RB26DETTエンジン仕様のモンスターな中身

しばらく乗っているとVGエンジン特有のオイル漏れが発生。しばらくダマしながら乗っていたが、いよいよ酷くなったためオーバーホールすることを決意。費用を聞くと40万程度の出費を覚悟しなければいけないことが判明する。正直、そこまでお金をかけるつもりはなかったので、同じJフェリーに乗る仲間に相談することに。

すると過去にオーバーホールついでにエンジンを載せ換えたオーナーがいるという話を聞いた。その人は、VG30DETからRB25DET、RB26DETTに載せ替え作業を行った経験を持つ自動車屋ということ。もともと走ることが大好きで、直6ターボ車にも魅力を感じていたいたこともあり、すぐに連絡を取って相談。話はトントン拍子に進んで、世にも珍しいレパードJフェリー改RB26DETTエンジン仕様が完成した。

搭載したエンジンはBNR32から移植したもので、エンジン制御はもちろんGT-R用コンピュータで行う。当初、もっとパワーを稼ぎ出せるタービン交換も考えたが、今後も長く乗ることを考慮し、耐久性を重視するために排気量もそのままに純正スタンダードを選択。ただ、エアクリーナーだけはHKS製スーパーパワーフローに交換し、ターボ車ならではの吸気音を楽しめるようにしている。

ATから5速MTに換装

また、オートマだったトランスミッションは、ECR33スカイライン2.5ターボ用を使って5速マニュアル化した。そして、本来設定のないクラッチペダル、マスター、レリーズを含めてECR33用の部品を使って新たに作ったというのだから凄いとしか言いようがない。

パワーアップに伴ってサスペンションも強化し、フロントはJIC車高調キットでリアはテイン車高調キットを装着させている。前後でメーカーが違う理由は、フロントのメンバーを交換している影響ということ。じつはエンジン載せ替え時にマウント等の問題が発生し、それを解決するためにY31セダン用メンバーを移植した。こうすることによって、構造変更申請を含めた公認が取得しやすくなるらしい。

それ以外にも、このJフェリーは徹底的にスカイラインGT-Rに寄せたチューニングを施し、ブレーキはBCNR33GT-R純正ブレンボキャリパーに交換し、ホイールは以前にV36スカラインクーペ純正を履かせていたが、現在は鍛栄舎レーツェルG04(F 9J×19/R 10J×19)で、タイヤはアクセレラ(F 235/35、R 265/30)をセットしている。

驚くべき外見と中身のギャップ

外装は一部にインフィニティJ30用のパーツを使っているが、見た目は普通のレパード Jフェリー。だが、エンジンルームを覗くと、そこには知る人ぞ知るハイパワーエンジンを搭載! このギャップがナンともユニークなクルマだ。

普通に見えてフツーじゃない! 内に秘めたポテンシャルで、いざとなったらスポーツカーとも真っ向勝負ができる。こんなクルマに抜き去られたら一生忘れられない出来事になるはずだ。

こんな記事も読まれています

15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
15年ぶり全面刷新! トヨタ新型「ランクル250」で「“快適”車中泊」も可能に! 専用設計の「純正ベッド」発売
くるまのニュース
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
ブリッツがスロットルコントローラー「パワスロ」とターボ車ブーストアップ「パワコン」に、RX500hとクラウンクロスオーバーの適合を追加
レスポンス
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
ようこそ“耐久レース界のモナコ”へ/新プジョー9X8『190キロ』の効能/失職した選手がメディアにetc.【WECイモラ金曜Topics】
AUTOSPORT web
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
クロカンSUVに似合う“ラギットスタイル”のルーフボックスが登場 イノー【動画あり】
グーネット
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
ポルシェ Newパナメーラ 国際試乗会からの報告「スポーツとラグジュアリー、ダイナミックとエレガンスの協奏が実証した“果実”」
Webモーターマガジン
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
フェルスタッペンが今季初スプリントを制す。ハミルトン健闘の2位【レポート/F1第5戦中国GP】
AUTOSPORT web
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
スーパー耐久機構が組織変更。新たな一般社団法人『スーパー耐久未来機構(STMO)』が誕生
AUTOSPORT web
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
小型化・充電時間短縮・コスト削減を可能にする! 日産が建設中の全固体電池パイロット生産ラインを公開
THE EV TIMES
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
横浜郊外の「立派なブツ切れ道路」 工事進捗率は「0%」 計画ではどこへ延伸?
乗りものニュース
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
全長5m超え! マツダ新型「3列シートSUV」登場へ 存在感ある「フラッグシップモデル」 新型「CX-80」欧州登場 特徴は?
くるまのニュース
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
空冷VWの祭典「ストリートVWsジャンボリー」、今年は歴代ゴルフを展示 4月21日
レスポンス
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
1億円以上が相場となったレクサス「LFA」新車時の3倍近い価格はフェラーリの限定車に近い水準まで達しています
Auto Messe Web
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
【このディフェンダーなんぼ?】カルトオフローダー「ランドローバー ディフェンダー110エクスペリエンス」のポップアップルーフキャンパーが販売中!
AutoBild Japan
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
【マツダCX-80公開】 新型クロスオーバーSUV 欧州市場におけるマツダの最新かつ最上級モデル
AUTOCAR JAPAN
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
メルセデス・ベンツEQAがマイナーチェンジ。新バッテリーを搭載して航続距離をアップ
カー・アンド・ドライバー
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
クルマ好きが集うクラブ活動紹介【さいたまイタフラミーティング】
カー・アンド・ドライバー
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
「自信を持てない」「慎重になり過ぎる」予想以上に汚れるターマック/WRCクロアチア デイ1後コメント
AUTOSPORT web
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
【F1メカ解説】レッドブルを追うフェラーリ……今季ここまで1勝も、アップグレードはほとんどなし! イモラでどんな変貌を遂げるのか?
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

22件
  • vrh********
    こういう変態マシン好きだわ。
    「やってまっせ感」をわざとらしく出さない外装も良き。
  • jpb2
    40万円の出費をためらい、結局いくらかけて改造したのかが気になるわ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

303.0497.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.91430.0万円

中古車を検索
レパードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

303.0497.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

53.91430.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村