現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和のスターにふさわしいド派手なアメ車がズラリ! 西郷輝彦さんが惚れた愛車たち

ここから本文です

昭和のスターにふさわしいド派手なアメ車がズラリ! 西郷輝彦さんが惚れた愛車たち

掲載 更新 5
昭和のスターにふさわしいド派手なアメ車がズラリ! 西郷輝彦さんが惚れた愛車たち

ハタチで「クーガー」を皮切りに毎年アメ車を乗り換えた

 1960年代から1970年代にかけて、日本車とアメリカ車には越えられない大きな差があった。流麗なボディに大排気量のV8エンジン。アメリカ車は、一般の日本人に手の届くような存在ではなく、スターが乗るような高嶺の花だったのだ。そんなアメリカ車をこよなく愛し、何台も乗り継いできた元祖「御三家」のひとり、故・西郷輝彦さんのアメリカ車遍歴を紹介しよう。

熱狂的なスポーツカー愛好家の「石原慎太郎さん」が溺愛した2台の名車とは

西郷輝彦さんが20代前半に矢継ぎ早に乗り継いだ4台のアメリカ車

 橋 幸夫さん、舟木一夫さんとともに「御三家」と呼ばれた西郷輝彦さん。近年はガンと戦っていることをSNSなどで公表しており、海外での最先端治療などにもチャレンジしていたが、今年2月20日に逝去された。75歳だった。

 そんな西郷輝彦さんは、若いころにアメリカ車を多数乗り継いできたアメリカ車好きとしても知られている。というよりは1960年代は高級な自動車といえば、ドイツのクルマより戦勝国であるアメリカのクルマというイメージが強かったのだ。また映画俳優や歌手などのスターが乗るのは、アメリカ車というイメージも根強かった。

 そこで今回は西郷輝彦さんが20代のころに愛した懐かしのアメリカ車を紹介しよう。ちなみにこの4台はすべてフォード社製であることも興味深いが、いずれも自分で運転するのが楽しいパーソナルカーであることも注目に値する。

マーキュリー・クーガー:フォードの中級ブランドのパーソナルカー

 1967年、西郷さんが20歳のときに購入した最初のアメリカ車が、「マーキュリークーガー」だ。フォードの中級車ブランドであるマーキュリーブランドから、「マスタング」の兄弟車として同年に発売されたクーガーは、マスタングのようなシンプルなデザインではなく、グリル内にヘッドライトが格納される凝った意匠と、V8のみというエンジンラインアップによって、コンパクトなプレミアムパーソナルカーという立ち位置を確立した。

 1970年代には「マスタングII」でコンパクトに回帰したマスタングとは袂を分かち、クーガーは大型車へと進化していくことになる。その後クーガーは通算8回のモデルチェンジをしつつ生産を続けていたが、2011年のブランド終焉を待たずに、2002年に生産を終了する。

フォード・サンダーバード:フォードのフルサイズオープンカー

 続けて21歳のとき、1968年に購入したのが「フォード・サンダーバードだ」。元々は「シボレー・コルベット」に対抗する2シーターのスポーツカーとして1955年にデビューしたが、時代のニーズに応えるべく徐々に車体は大型化し、1958年のモデルチェンジでは4シーター化。フォードブランドを代表する大型2ドアオープンモデルとなった。その後1970年代からは2ドア・ハードトップクーペがモデルの主流となる。

 ちなみに1968年式は5代目モデルにあたり、歴代モデルで唯一4ドアボディがラインアップされている。またこの時代のサンダーバードのボディデザインは過激なものが多く、5代目モデルは通称「グラマー・バーズ」の愛称で知られている。

フォード・マスタング:モデルT以来の大ヒットモデル

 続けて西郷さんは22歳のときには「マスタング」を購入する。マスタングは1964年に登場。「ファルコン」のユニボディプラットフォームをベースとした若者向けのコンパクトなスポーツカーで、豊富なオプションと比較的安価な価格設定によりアメリカでも人気のモデルとなる。

 西郷さんが所有していた車両の詳細は不明だが、新車で購入していれば1969年式となる。1969年式は初代から続くホイールベース108インチの最終年式で、エンジンも351ci(5752cc)のV8からサンダーバード用の390ci(6391cc)、ハイパフォーマンス版の302ci(4949cc)、ビッグブロックの428ci(7014cc)など豊富な選択が可能となっていた。

フォード・マスタング・マッハ1:大排気量エンジンを搭載したホットモデル

 西郷さんは翌1970年、23歳になると同じマスタングのスペシャルモデルである「マッハ1」に乗り換える。1969年にマスタングのスペシャルモデルとして登場したマッハ1は、エンジンに428ci(7014cc)のコブラジェットを搭載し、市販車ベースのドラッグレースでタイトルを総なめにするなど、当時の水準としては驚くほど速かったという。それもそのはず、428コブラジェットは表向きには335psと発表されていたが、実際には400psを軽くオーバーしていたと言われている。

 ちなみに当時の日本では「マッハ1」と紹介されていたが、現在ではより現地の発音に近い「マック1」と発音するのが主流となっている。

こんな記事も読まれています

RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
RBコラム:幸運にも恵まれ、鈴鹿で大きな意味を持つ10位入賞。エンジニアリングの課題を解決すべく組織改革も進む
AUTOSPORT web
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
めちゃ“黒い”トヨタ「ハイエース」登場! もはや「スーパーカー」!? 突き出し顔&斬新マフラーの“クセ強”1BOXバンがカッコ良すぎた!
くるまのニュース
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
「チッピング」「テアー」「ピンチカット」の意味わかる? タイヤはナマモノ、キズだけでなく賞味期限で交換しましょう
Auto Messe Web
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
時間貸駐車場を選ぶ時に重視する条件TOP3、3位広さ、2位目的地までの距離、1位は?
@DIME
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
テスラ・モデルYはナゼ“地球上で最も売れた”のか?乗って分かる満足感の正体
グーネット
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
ヒョンデ、高性能EV「アイオニック5N」でパイクスピーク参戦 クラス新記録目指す
日刊自動車新聞
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
ランボルギーニ ウラカンの最終モデル「ウラカン STJ」が登場。限定台数は10台!
Webモーターマガジン
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
ダムドが『ジムニー/ジムニーシエラ』専用の全周オールウッドステアリングを販売、抽選の受付を開始
レスポンス
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
日本でモータースポーツを文化に……デロイト トーマツが関与を深める理由「日本経済のために必要なこと」
motorsport.com 日本版
SPKが「モータースポーツショールーム」22日に開設! alpinestars/D-SPORT/アライヘルメットなどの商品を手にとってチェック!
SPKが「モータースポーツショールーム」22日に開設! alpinestars/D-SPORT/アライヘルメットなどの商品を手にとってチェック!
くるまのニュース
レクサス オーナー限定のキャンプイベント「LEXUS OVERTRAIL CAMP2024」を開催
レクサス オーナー限定のキャンプイベント「LEXUS OVERTRAIL CAMP2024」を開催
Auto Prove
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
WEB CARTOP
誰もがサーキットを楽しめる一日! 「SUGO SPEED FESTIVAL 2024」、レーシングドライバー 松田次生さん来場決定!
誰もがサーキットを楽しめる一日! 「SUGO SPEED FESTIVAL 2024」、レーシングドライバー 松田次生さん来場決定!
LE VOLANT CARSMEET WEB
トライトンの登場で話題の「トラック」! 超身近な存在だけどじつは大きく3つの種類が存在する
トライトンの登場で話題の「トラック」! 超身近な存在だけどじつは大きく3つの種類が存在する
WEB CARTOP
日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを展示予定
日産が北京モーターショー2024で新エネルギー車のコンセプトカーを展示予定
レスポンス
【MotoGP】ファビオ・クアルタラロ、ヤマハの苦戦変わらずもフランスで投入予定のアップデートに期待「数より質」
【MotoGP】ファビオ・クアルタラロ、ヤマハの苦戦変わらずもフランスで投入予定のアップデートに期待「数より質」
motorsport.com 日本版
まもなく待望の発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」は“レジャー”のアシに使える? 気になるラゲッジスペースの使い勝手
まもなく待望の発売!? トヨタ新型「ランドクルーザー250」は“レジャー”のアシに使える? 気になるラゲッジスペースの使い勝手
VAGUE
スズキが「新“ミニ”キャリイ」実車公開! 小さすぎる「軽トラ」は“走破性”も高め!? 超カワイイ「謎の小型車」の役割とは
スズキが「新“ミニ”キャリイ」実車公開! 小さすぎる「軽トラ」は“走破性”も高め!? 超カワイイ「謎の小型車」の役割とは
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • 大学の時同級生が中古のファイアーバードトランザムを買ったのよ。ボンネットにデカール貼ってあるアレな。
    燃費2.8/ℓとか言ってた。
    その時はアホとしか思わなくて、オレはKP61とか探してわけ。

    それが今、じじいになってコンビニに飛び込まないように、エコカー減税とか乗ってるとさ、
    アメ車も乗れる時に乗っときゃよかったって思うのよ

    国産車は性能で世界一になり、クルマの大きさも当時のアメ車並みになったけど、どこまでも真面目過ぎちゃう気がするよ
  • 近年の西郷さんの
    愛車を知りたいです。
    遠山の金さん
    よく見てました
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7122.0万円

中古車を検索
クーガの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

359.0419.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.7122.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村