現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース >  諦めてないぞ!!「トヨタ版ロードスターRS」2017年モーターショー出品GRスポーツコンセプトよ発売を待つ!!

ここから本文です

 諦めてないぞ!!「トヨタ版ロードスターRS」2017年モーターショー出品GRスポーツコンセプトよ発売を待つ!!

掲載 5
 諦めてないぞ!!「トヨタ版ロードスターRS」2017年モーターショー出品GRスポーツコンセプトよ発売を待つ!!

 TOYOTA GAZOO Racing (以下TGR)でのモータースポーツ活動を通して、「もっといいクルマつくり」を体現してきたトヨタ。TGRでの技術と経験は、市販車で展開する「GR SPORT」と「GR」の2つのブランドにフィードバックされている。

 ライトなチューニングのGR SPORTはさておき、本格的な走りを追求している「GR」における現在のラインアップは、GRスープラ、GR 86、GRカローラ、GRヤリスと、どれも純ガソリン車。モータースポーツの世界でもハイブリッド車が求められる昨今においても、ハイブリッドのGRは存在していないのだが、トヨタはかつて、コンセプトカーで、ハイブリッドスポーツを提案していたことがあった。

 諦めてないぞ!!「トヨタ版ロードスターRS」2017年モーターショー出品GRスポーツコンセプトよ発売を待つ!!

文:吉川賢一
写真:TOYOTA

レースの世界でも、昨今はハイブリッドが当たり前に

 TGRはこれまで、FIA世界ラリー選手権(WRC)やFIA世界耐久選手権(WEC)、ダカールラリーなど、様々なレースに参戦してきた。ここ数年の戦歴は目を見張るものあり、たとえば、2019年から2023年まで5年連続でWRCチャンピオンを誕生させているほか(マニュファクチャラーズは2018、2021、2022、2023を獲得)、WECの第3戦(ルマン24時間)でも2018年~2022年まで5年連続で総合優勝を獲得している(2023年はフェラーリが優勝)。

 そんなレースの世界でも、冒頭で触れたように、昨今はカーボンニュートラルへ向けた大改革が進行している。WRCでは、2022年シーズンからそれまでのWRカー規定からハイブリッドユニットを搭載する「Rally1」が最高カテゴリーとなり、TGRは現在、ハイブリッドのGRヤリスRally1で参戦している。WECでは、もっと前である2012年シーズンから、TS030ハイブリッドで参戦している。

2024年シーズンのWRCに参戦しているトヨタGRヤリスRally1ハイブリッド。2023年シーズンからボディカラーを変え、ブラックをベースとして大きな「GR」ロゴを配置したデザインへ変更になった

2024年シーズンのFIA世界耐久選手権(WEC)を戦う、トヨタGR010 HYBRID。GRヤリスRally1と同じく、こちらもブラックをベースとして「GR」を配置したデザインへ変更されている

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="1" car_cd="10101083" keyword="GR86" limit=30]

マニュアルモードへの切り替えも可能なハイブリッドスポーツ

 トヨタは、2017年の東京モーターショーで、2ドアクーペのコンセプトカー「GRハイブリッドスポーツコンセプト」を出展している。「スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー」であり、デザインから分かるように、ベースはトヨタ「86」。ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求するため、エクステリアデザインとパワートレインの変更がされている。

 デザインは、当時WECで戦っていたTS050 HYBRIDをイメージさせる縦型LEDヘッドランプやアルミホイール(デザインが似ている)、そしてリヤディフューザーを採用。ボディカラーはマットブラックとしており、力強さと迫力を感じさせる。まるでレースのテストカーのデザインを、トヨタ86に落とし込んだような印象だ。またルーフは開閉可能なエアロトップを採用、古くはトヨタスポーツ800(通称・ヨタハチ)や、80スープラにも設定されたスタイルだ。

 パワーユニットは、TS050 HYBRIDで鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載。重量物であるハイブリッドの駆動用バッテリーは、運転席のすぐ後ろの車両中央付近に搭載、スポーツカーらしい運動性能も考慮されていた。

 インテリアでは、センタークラスターに「P」「R」「N」「D」といったATのギアポジションスイッチを配置し、レーシーな雰囲気を演出しているほか、マニュアル車のシフトノブのように見えるレバー先端に、プッシュ式のスタートスイッチを格納するという、遊び心も織り込まれていた。しかも、マニュアルモードへの切り替えも可能とのことで、AT車でありながら6速MT車のような操作感も楽しむことができた。「スポーツカーはクラッチ付きのマニュアルミッションでないとダメ」というクルマファンも多いが、選択肢として、こうした遊び心ある仕様もアリだと思う。

2017年開催の東京モーターショーにて、トヨタが公開した「GRハイブリッドスポーツコンセプト」。トヨタ86をベースとしているようだが、エクステリアは改造されている

ルーフは開閉可能なエアロトップを採用

リアのデザインも、TS050 HYBRIDをモチーフにデザインされている

センタークラスターへ埋め込まれた、ATのシフトボタン。スタートスイッチはシフトノブの先端に格納されている。スイッチ一つで、Hパターンの6速マニュアル車の操作感を楽しめるモードに変更が可能

そろそろ登場するはず!!

 トップカテゴリーのレーシングカーがハイブリッドであるのであれば、ハイブリッドとマニュアルミッションを組み合わせた市販車が、そろそろ登場してもいいはず(ホンダCR-Zハイブリッドにも6MTはあったが、エンジンをモーターでアシストするタイプだった)。カーボンニュートラルに向けて「選択肢を増やす」とするトヨタなので、ハイブリッド+マニュアルミッション車は、そう遠くないうちに登場すると思われ、クルマファンとしては、どのようなモデルが登場するのか、楽しみでならない。

こんな記事も読まれています

「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
日本車レベル越えの[未体験ゾーン]へ!? ロングボディなのに2ドア採用[初代ソアラ]がハンパないカッコいい!!
ベストカーWeb
公道でもたっぷり走りを楽しめるTOM’Sのチューニングモデル「GR86 TS」
公道でもたっぷり走りを楽しめるTOM’Sのチューニングモデル「GR86 TS」
@DIME
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
新型[ランドクルーザー250]正式デビュー!! 注文殺到は必至のデキも気になる[価格]は?
ベストカーWeb
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb
彼女のトヨタ「GRヤリス」は「RS」なのに「GRMN」ルックのなぜ? どうしてもGRMN仕様に変更できなかった2カ所とは
彼女のトヨタ「GRヤリス」は「RS」なのに「GRMN」ルックのなぜ? どうしてもGRMN仕様に変更できなかった2カ所とは
Auto Messe Web
トヨタ「GRヤリス」をF1好きが昂じてレッドブル仕様に! 参考にしたのはロバンペラの「GRカローラ」でした
トヨタ「GRヤリス」をF1好きが昂じてレッドブル仕様に! 参考にしたのはロバンペラの「GRカローラ」でした
Auto Messe Web
一生に一度は乗ってほしい!! 今新車で買える[2シータースポーツ]4選
一生に一度は乗ってほしい!! 今新車で買える[2シータースポーツ]4選
ベストカーWeb
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
旧車の味はハンパない!! 2.8L直6搭載の[初代ソアラ]加速はイマイチ!? トヨタ系企業が提案する[旧車の楽しみ方]
ベストカーWeb
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
ワークスマシンに近い走りを楽しめるTOM’S「GRヤリス TSS340」の魅力
@DIME
マツダスピリット レーシング RS【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
マツダスピリット レーシング RS【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
トヨタ新型「MR-2」!? ド迫力な「和製スーパーカー」感が超カッコイイ! 流麗ボディの「次期型ミッドシップスポーツカー」を大胆予想したCGとは
くるまのニュース
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
ベストカーWeb
トヨタ セリカ1600GT(昭和45/1970年12月発売・TA22型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト061】
トヨタ セリカ1600GT(昭和45/1970年12月発売・TA22型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト061】
Webモーターマガジン
昭和世代じゃなきゃ理解不可能!? マツダがこだわる[ロータリーエンジン]って何がそんなにスゴい?
昭和世代じゃなきゃ理解不可能!? マツダがこだわる[ロータリーエンジン]って何がそんなにスゴい?
ベストカーWeb
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
スバルが新「4ドアセダン」を初公開! 同時に「BRZ改」もお披露目!? 3年目の集大成とは
くるまのニュース
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
MT&ターボエンジン搭載! 日産「流麗スポーツハッチ」あった!? 全長4.3m“流麗デザイン”×「上質内装」採用! 登場期待された「若者向けモデル」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

5件
  • ********
    次期マツダ・ロードスターをベースにGRロードスターを出すのかと思った。
  • 上州 浪漫
    日本のメーカーでは、ベースモデルを持たない少量生産のロードカー(若しくは、ロードゴーイング・レーサー)は、創造出来ても市販には至らない。

    そこまで 割り切って(商売抜きで)向かい合う事は、会社の存続を揺らし兼ねないからだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

72.0847.9万円

中古車を検索
86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

72.0847.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村