現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ほとんど使わず数年入れっぱなしって人も多数! クルマの「ウォッシャー液」は腐らないのか?

ここから本文です
ほとんど使わず数年入れっぱなしって人も多数! クルマの「ウォッシャー液」は腐らないのか?
写真を全て見る(3枚)

 この記事をまとめると

■クルマのウォッシャー液は基本入れっぱなしだが交換しなくて大丈夫なのか

ほとんどの人がやっている! 知らずにクルマの寿命を縮めるちょっとした行為9つ

■ウォッシャー液は主成分がアルコールなので腐ることはない

■水で薄めた場合や中古車を購入した際にはウォッシャー液を確認したほうが良い

 ウォッシャー液ってずっと放置でも大丈夫?

 クルマにはさまざまな油脂類や液体が使われている。エンジンオイルなど、走ることに直接関係するものが多くて、定期交換する必要がある。ただ、そのなかで入れっぱなしのものがあって、それがウォッシャー液だ。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

「乗ればわかる!」支持される理由 新型スバル・クロストレックへ英国試乗 シャシー能力は上々
「乗ればわかる!」支持される理由 新型スバル・クロストレックへ英国試乗 シャシー能力は上々
AUTOCAR JAPAN
900キロの旅! 旧車でラリーに参加する理由「クラシックジャパンラリー2023 セブンスターズ イン 九州」を例に解説します
900キロの旅! 旧車でラリーに参加する理由「クラシックジャパンラリー2023 セブンスターズ イン 九州」を例に解説します
Auto Messe Web
チームの状況は「本当にうまくいっている」とハースF1小松代表。協力的なスタッフに感謝の意を示す
チームの状況は「本当にうまくいっている」とハースF1小松代表。協力的なスタッフに感謝の意を示す
AUTOSPORT web
日産「新型最上級SUV」まもなく登場へ 430馬力超え「スポーツモデル」今春に正式発表 標準モデル「アリア」からの“劇的進化”に大反響
日産「新型最上級SUV」まもなく登場へ 430馬力超え「スポーツモデル」今春に正式発表 標準モデル「アリア」からの“劇的進化”に大反響
くるまのニュース
アウディ、新型車遅延で技術責任者を更迭か 主力モデル開発長期化の責任追求
アウディ、新型車遅延で技術責任者を更迭か 主力モデル開発長期化の責任追求
AUTOCAR JAPAN
国産旧車から日本未導入のアキュラ「TLX」などを展示!「NAPAC」ブースは実は隠れたチューニングアイデアの宝庫でした
国産旧車から日本未導入のアキュラ「TLX」などを展示!「NAPAC」ブースは実は隠れたチューニングアイデアの宝庫でした
Auto Messe Web
ドライの最終セッション4は山下健太が最速。14番手までが1秒以内に/鈴鹿公式合同テスト
ドライの最終セッション4は山下健太が最速。14番手までが1秒以内に/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年の『F1 Tokyo Festival』が4月2~3日に六本木で開催。ステージやマシン展示を予定
2024年の『F1 Tokyo Festival』が4月2~3日に六本木で開催。ステージやマシン展示を予定
AUTOSPORT web
メルセデスW15は「W14よりドライブしやすい」とラッセル。新型フロントウイングにウォルフ代表も自信
メルセデスW15は「W14よりドライブしやすい」とラッセル。新型フロントウイングにウォルフ代表も自信
AUTOSPORT web
多忙な日程こなすPONOS RACINGのコッツォリーノが2024年に期待「面白いシーズンになる」
多忙な日程こなすPONOS RACINGのコッツォリーノが2024年に期待「面白いシーズンになる」
AUTOSPORT web
“6速MT”搭載の新型「トルネオ」! SUV風デザインの「新型コンパクトミニバン」!? 「最高にカッコイイ」“新モデル”に反響集まる
“6速MT”搭載の新型「トルネオ」! SUV風デザインの「新型コンパクトミニバン」!? 「最高にカッコイイ」“新モデル”に反響集まる
くるまのニュース
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外前編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外前編)
GQ JAPAN
銀座のブランド発信拠点がフォーミュラE仕様に。ニッサンが東京E-Prix開催を控えイベントを開催
銀座のブランド発信拠点がフォーミュラE仕様に。ニッサンが東京E-Prix開催を控えイベントを開催
AUTOSPORT web
420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
420馬力に対応! HKSのLA クラッチにトヨタ「GR86」スバル「BRZ」用が登場!
くるまのニュース
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
米マツダ最高値、『CX-70』は4万0445ドルから…CX-90を上回る
レスポンス
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
WEC公式テスト、海上輸送の遅れを考慮し26~27日に延期。開幕戦は29日に走行スタート変わらず
motorsport.com 日本版
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
「すべてが正しい方向に進んでいる」初日2番手のマクラーレン。ノリス&ピアストリは走りに満足/F1テスト1日目
AUTOSPORT web
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
F1テストに混乱を引き起こした排水溝、開幕戦でのトラブル防止のためコンクリート埋めに
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

8件
  • tak********
    雪道走る車はウォッシャー液を良く使う。ウォッシャー液を使うにも気を使うって意見もあるけど、ウォッシャー液が掛かってイラッとするのは頭がおかしいと思うけどね。
  • hab********
    「最近はちょっ〜と使うだけで、後ろの車が攻撃だとか騒いだり煽って来たり、どうせオレなんか役立たずだよ・・・・」
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村