現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ほとんど使わず数年入れっぱなしって人も多数! クルマの「ウォッシャー液」は腐らないのか?

ここから本文です

ほとんど使わず数年入れっぱなしって人も多数! クルマの「ウォッシャー液」は腐らないのか?

掲載 8
ほとんど使わず数年入れっぱなしって人も多数! クルマの「ウォッシャー液」は腐らないのか?

 この記事をまとめると

■クルマのウォッシャー液は基本入れっぱなしだが交換しなくて大丈夫なのか

ほとんどの人がやっている! 知らずにクルマの寿命を縮めるちょっとした行為9つ

■ウォッシャー液は主成分がアルコールなので腐ることはない

■水で薄めた場合や中古車を購入した際にはウォッシャー液を確認したほうが良い

 ウォッシャー液ってずっと放置でも大丈夫?

 クルマにはさまざまな油脂類や液体が使われている。エンジンオイルなど、走ることに直接関係するものが多くて、定期交換する必要がある。ただ、そのなかで入れっぱなしのものがあって、それがウォッシャー液だ。ガラスが汚れたら噴射して、ワイパーで拭き取るもので、クルマに乗る人で知らない人はいないだろう。ただ、よく考えたら年中そのままで、当然交換はしないだけに腐ったりしないのだろうか?

 結論から言うと腐ることはない。腐るようならみなさんも気がついているだろうし、メカニズム的にもウォッシャーノズルやパイプが詰まるなど、大変なことになっているはずだ。腐らないのはもちろんその成分に理由があって、主成分がアルコールというのが大きい。アルコールは腐らないから、ウォッシャー液も問題ない。さらに防腐剤や防錆剤も含まれている製品もあって、こうなるとさらに腐らないということが強化されていると言っていい。

 ただし、注意がまったく不要というわけではない。まず水で薄めた場合で、当然アルコール濃度は下がって、水に近くなるので腐る可能性はある。アルコールを使用しているのは凍らせないためでもあって、雪が降ったり、あまり寒くない地域では薄めて使うこともできる。この際に薄めすぎると腐って、水アカみたいなものが発生することがある。実際、コケみたいなものが発生したクルマを見たことがあるが、かなり気持ち悪かったし、当然のこと、機能も果たさない。

 また、中古車を買ったときも確認しておきたい。なぜなら、車検を通すだけの場合、わざわざウォッシャー液を入れないで、水で代用していることがあるから。車検ではウォッシャー液の噴射具合も見られるのでカラで通すわけには行かず、とりあえず水を入れることがあり、そのままにしておくと問題発生だ。

 そのほか、ガソリンスタンドでサービスで入れてくれるウォッシャー液も薄いことがあったりする。もし気になる場合であっても、交換するのは意外に大変で、DIYでやる場合は結局のところ、すべて噴射させて一度カラにしてしまうのが一番カンタンだ。腐っているなどのことがなく、入っているのが水という場合なら、ある程度減らしたところで、ウォッシャー液の原液を入れればとりあえず問題はなくなる。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
「実燃費と違いすぎ」で規制強化も? 欧州燃費テストの "欠点" 浮き彫りに WLTP改正の可能性
AUTOCAR JAPAN
最高時速500キロオーバー! レースアニメの実写版!? 女性ドライバーだけのレーシングチームが発足しました
最高時速500キロオーバー! レースアニメの実写版!? 女性ドライバーだけのレーシングチームが発足しました
Auto Messe Web
マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
マセラティMC20チェロをサーキットドライブ 「ネットゥーノ」V6の核をなすプレチャンバーを解説
AUTOCAR JAPAN
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
EV版メルセデスベンツ『Cクラス』を激写! 室内には巨大なデジタルディスプレイが
レスポンス
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
ニッサン・フォーミュラEが初優勝達成。「戦略がしっかりしていた。誇りに思う」とローランドも喜び
AUTOSPORT web
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
新型「旧車風ミニバン」実車公開! 斬新2トーンがカッコイイ「新型ワーゲンバス」国内登場へ VW専門店が「IDバズ」を披露
くるまのニュース
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
1980年代にヒットした日本のFFファミリーカー3選
GQ JAPAN
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
神奈川キャンピングカーフェア、川崎競馬場に130台が集結 4月20-21日
レスポンス
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
女性のためのキャンピングカー「ノマドラックス」誕生!5月3日、町田で初披露!
グーネット
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
70年以上かけて育んできたロータスらしさとは──新型エミーラ試乗記
GQ JAPAN
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
ヤマハ『トレーサー9 GT+』の先進技術を試乗で体感、5月よりYSPキャラバン 車種拡大も
レスポンス
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
世界のトタルエナジーズが100周年! クリーンエネルギーを軸に次の100年へ
driver@web
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
【2024年版】ポルシェ 911 VS ポルシェ ボクスターを徹底比較
グーネット
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
スズキ、『Vストローム250』の2024年モデルを発表。価格を改定し4月17日に発売開始
AUTOSPORT web
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
日産サクラがEV販売ナンバー1を獲得。ユーザーが気に入っている点は?
driver@web
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
標的は愛車?! ライフル型高圧洗浄機がクラファンで販売開始
レスポンス
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
ホンダ「ベンリイ」のルーツは1950年代!? 125ccでも免許不要で乗れる「便利」なバイクだった
バイクのニュース

みんなのコメント

8件
  • tak********
    雪道走る車はウォッシャー液を良く使う。ウォッシャー液を使うにも気を使うって意見もあるけど、ウォッシャー液が掛かってイラッとするのは頭がおかしいと思うけどね。
  • hab********
    「最近はちょっ〜と使うだけで、後ろの車が攻撃だとか騒いだり煽って来たり、どうせオレなんか役立たずだよ・・・・」
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村