現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース >  ハスラーが売れている!! ロングヒットを続ける理由と真の実力

ここから本文です

 ハスラーが売れている!! ロングヒットを続ける理由と真の実力

掲載 21
 ハスラーが売れている!! ロングヒットを続ける理由と真の実力

 スズキ「ハスラー」が売れている。2024年2月の軽自動車の販売台数は、1位のホンダ「N-BOX」(16542台)、2位のスズキ「スペーシア」(15066台)に続いて、3位に「ハスラー」(8990台)がランクインした。この結果には、ダイハツの不祥事による生産停止も関係しているが、スズキの看板車種であるワゴンRやアルトを抑えての3位入賞は驚異的なことだと思う。なぜハスラーはここまでヒットしているのだろうか。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI

 ハスラーが売れている!! ロングヒットを続ける理由と真の実力

スズキの「読み」がピタリとハマって大ヒット

 2013年の東京モーターショーで初披露され、初代モデルが2014年1月より発売開始となったスズキ「ハスラー」。ベースとなっているのは、同社の売れ筋軽トールワゴン「ワゴンR」だ。そこに丸型ヘッドランプ、大径タイヤ、高い車高などのクロスオーバーSUVの要素を融合させ、ハスラーは誕生した。

 かつてスズキには、「Kei」というクロスオーバーSUV風のハイトワゴンが存在した。残念ながら2009年に生産終了となったが、スズキは乗用車感覚の軽クロスオーバーSUVの潜在的な需要はあるとして、ハスラーの企画を検討開始。ジムニーのような本格的なクロカンSUVではなく、ライトなSUVユーザーを想定して開発したことが、市場の需要とピッタリとハマり、初代ハスラーは大ヒット。発売前から事前予約が殺到し、一時は生産が追い付かないほどの人気ぶりだった。

 現行モデルはその2代目。ほぼキープコンセプトで、2020年1月より発売開始となった。初代よりもホイールベースを35mm延長したことで室内空間はさらに広く使いやすくなり、丸目はそのままキープしながらより可愛らしくなったエクステリアデザイン、豊富なボディカラー、明るく使い勝手のよいインテリアなど、多くの改良が施された。Aピラーが立っていることで前方の見晴らしがよくて運転もしやすく、初心者にも適した軽SUVとして評価も高い。車両価格は税込136万円~181万円だ。

2020年1月に登場した2代目ハスラー。デザインは初代のキープコンセプトだが、ホイールベースを35mm延長するなど、大きな改良も施されている

3つのフレームが並んだように見えるインパネのデザインは、インテリアに明るい雰囲気を与えている

[usedcar-search brand_cd="1055" body_cd="9,10" car_cd="10552033" keyword="ハスラー" limit=30]

ライバルのタフトは、やんちゃを好むような若者に人気

 このハスラーの最大のライバルといえば、ダイハツの「タフト」だろう。タフトもまた、「日常生活からレジャーまでアクティブに使える新感覚の軽クロスオーバーSUV」をコンセプトとしており、オフロード風デザインのオンロードSUVだ。

 タフトをじっと見ていると、なんとなく「HUMMER H2」や「H3」が思い起こされるのは、筆者だけではないだろう。ボディの大きさは全然違うが、極端に角ばったデザインや、大きく張り出した前後フェンダー、垂直に立ち上がったフロントウィンドウ、サイドウインドウの天地高の狭さ、そしてタフトの特徴である大きなガラスルーフなど、まさに軽サイズにしたHUMMERだ。ハスラーの丸みを帯びた愛嬌あるデザインとは異なり、やんちゃを好むような若者にも人気が出ているという。

 なお2023年年間の2台の販売台数は、ハスラーが82720台(軽ジャンルで総合5位)、タフトが52885台(総合10位)と、ハスラーが勝った。タフトは現在、諸事情により製造停止中(3月初旬時点)だが、よきライバルとして今後もバトルを繰り広げていくことだろう。

2020年6月発売開始となったダイハツタフト。角ばったデザインや大きなガラスルーフなどが特徴。ハスラーのよきライバルだ

軽だからこそ、ハスラーは人気になった

 ハスラーが人気の理由には、「軽である」ということも関係していると思う。軽自動車はセカンドカーとして購入される人も多いが、ファーストカーではできない「冒険」が、セカンドカーならできる、ということがあるのではないだろうか。

 かわいいデザインやカラーは、高価になるファーストカーで取り入れるのはなかなか勇気がいる。もちろん、乗用車(のコンパクトSUV)であるトヨタ「ヤリスクロス」やダイハツ「ロッキー」/トヨタ「ライズ」、スズキ「クロスビー」などと比べて走行性能や燃費性能では一歩譲ることになるもの、気軽に乗れるし使い勝手は十分。であれば、セカンドカーくらいかわいいデザインやカラーのクルマが欲しい、となるのだろう。タフトよりもハスラーが売れているのも、「かっこよさ」よりも「かわいさ」が求められる軽自動車ならではの事情があるのかもしれない。

 年内もしくは2025年には、ワゴンRのフルモデルチェンジが行われる見込みであり、ワゴンRをベースとするハスラーも、その後フルモデルチェンジとなるだろう。次期型ハスラーは、最大の特徴である「かわいさ」をどう進化させてくるのか、今後が非常に楽しみだ。

2022年5月に発売となったハスラーの特別仕様車「J STYLE II」。専用メッキフロントグリルやHUSTLERアルファベットエンブレム、チタニウムグレーのインパネカラーガーニッシュなどの専用装備を採用している

こんな記事も読まれています

レクサス新型「カクカクSUV」発表! 迫力フェイス&オシャベージュ採用の「本格モデル」! 1200万円超えの「オーバートレイル プラス」が販売店で早速話題に
レクサス新型「カクカクSUV」発表! 迫力フェイス&オシャベージュ採用の「本格モデル」! 1200万円超えの「オーバートレイル プラス」が販売店で早速話題に
くるまのニュース
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
AUTOCAR JAPAN
「バモスホンダ」の貴重なサイドカーテンの苦労とは?「ステップバン」と並行して所有する公私ともにホンダまみれの生活に注目
「バモスホンダ」の貴重なサイドカーテンの苦労とは?「ステップバン」と並行して所有する公私ともにホンダまみれの生活に注目
Auto Messe Web
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の入場チケットがチケットペイで販売中!
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の入場チケットがチケットペイで販売中!
バイクブロス
軽自動車も“高嶺の花” 20年間で6割値上げ、平均価格160万円に[新聞ウォッチ]
軽自動車も“高嶺の花” 20年間で6割値上げ、平均価格160万円に[新聞ウォッチ]
レスポンス
高速道路 悲惨な「停止車に突っ込む事故」防ぐ救世主は「ETC2.0」か!? 「事故です!右車線へ!」実現する未来は近い!? 道路上の異常見分ける「ETCビッグデータ」の可能性とは
高速道路 悲惨な「停止車に突っ込む事故」防ぐ救世主は「ETC2.0」か!? 「事故です!右車線へ!」実現する未来は近い!? 道路上の異常見分ける「ETCビッグデータ」の可能性とは
くるまのニュース
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
SP忠男の「POWERBOX パイプ」にエリミネーター/SE(’24~)用が登場!
SP忠男の「POWERBOX パイプ」にエリミネーター/SE(’24~)用が登場!
バイクブロス
カスタマー躍進の一方、ワークスは足踏み……メルセデスF1、マクラーレン復活劇を称賛も「羨望の眼差しを向けている訳じゃない」
カスタマー躍進の一方、ワークスは足踏み……メルセデスF1、マクラーレン復活劇を称賛も「羨望の眼差しを向けている訳じゃない」
motorsport.com 日本版
F1開催は全部イモラで良し!? 昔ながらのコース大好きフェルスタッペン「カレンダー24戦こういうのでいい」
F1開催は全部イモラで良し!? 昔ながらのコース大好きフェルスタッペン「カレンダー24戦こういうのでいい」
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!?  実車展示続々、7月にも
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!? 実車展示続々、7月にも
くるまのニュース
限定1000台! Acalieが特定小型原付「RICHBIT CITY」と電動アシスト自転車「RICHBIT CITYASSIST」の先行予約を開始
限定1000台! Acalieが特定小型原付「RICHBIT CITY」と電動アシスト自転車「RICHBIT CITYASSIST」の先行予約を開始
バイクのニュース
ジャガー『F-PACE』に最強の「SVR」、575馬力スーパーチャージャー搭載…欧州設定
ジャガー『F-PACE』に最強の「SVR」、575馬力スーパーチャージャー搭載…欧州設定
レスポンス
ディープリム感を演出する「幅リム」がイイ! MONZA JAPANがアフターホイールに新たなトレンドを作る予感
ディープリム感を演出する「幅リム」がイイ! MONZA JAPANがアフターホイールに新たなトレンドを作る予感
WEB CARTOP
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
日刊自動車新聞
NTNがEVの要求「航続」「耐久」「電動制御」に応える製品を出展へ…人とくるまのテクノロジー展 2024
NTNがEVの要求「航続」「耐久」「電動制御」に応える製品を出展へ…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
550馬力直6を搭載した新型「BMW M4 CS」は「M4コンペティション」以上ほぼ「M4 CSL」だ!
550馬力直6を搭載した新型「BMW M4 CS」は「M4コンペティション」以上ほぼ「M4 CSL」だ!
AutoBild Japan
まるで「旧車いじめ」!? 13年超のクルマの「自動車税」なぜ高くなる? それでも旧車に乗り続ける理由とは?
まるで「旧車いじめ」!? 13年超のクルマの「自動車税」なぜ高くなる? それでも旧車に乗り続ける理由とは?
くるまのニュース

みんなのコメント

21件
  • M
    ハスラー、セカンドカーとして契約しました。
    私はジムニーが良かったですが、家族から2ドアジムニーは使い勝手が悪いと…
  • かず
    ファストカーで買ったけど?
    ぜんぜん不満感じない走りと運転のし易さ!
    買って良かったよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9316.9万円

中古車を検索
ハスラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9316.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村