現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 1973年デビューの絶滅危惧車、2代目日産 プレジデント。今となってもその名に恥じるこのとのない名車だ!

ここから本文です

1973年デビューの絶滅危惧車、2代目日産 プレジデント。今となってもその名に恥じるこのとのない名車だ!

掲載 更新 23
1973年デビューの絶滅危惧車、2代目日産 プレジデント。今となってもその名に恥じるこのとのない名車だ!

日産の最高級セダン「プレジデント」

プレジデントは日産がかつてラインナップしていた、最上級モデルのセダンだった。

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

初代は1965年にデビューし、4代目まで生産され、2010年に販売終了するまで44年間も生産されたロングセラーな車である。

「大統領」や「社長」を意味するプレジデントを車名にしているだけあって、日本の政治経済を動かすVIPの利用を想定していた。ドライバーズカーとしてではなく、送迎車としての利用が前提の車である。 

2代目は1973年に誕生

今回、注目したのは1973年に誕生した2代目だ。

この2代目は長寿モデルで、マイナーチェンジや一部改良を繰り返しながらなんと1990年まで17年間生産されていた。

「2代目」とは呼ばれているものの、前後サスペンション、ホイールベース、サイドシル部、前後ドアパネル、前後ドアサッシ、ルーフ、ガラス全般、インストルメントパネルなどは初代から引き継いでいた。

ボディサイズを見ると、全長のみ初代と異なり5280mm(初代は5040mm)となったが全幅1795mm、全高1460mm、ホイールベース2850mmは同じ。

初代との違いは前後のデザイン、そしてトランクルームの拡大にすぎなかったが、新型車として運輸省(当時)へ届け出されているため法律的には「フルモデルチェンジ」となる。

カタログの表紙に記されたキャッチコピーは、今聞くとキザなセリフに驚く。初代は「この車が、日本を代表いたします」で、2代目は「JAPAN’S SYMBOL OF LEADERSHIP」だった……。

エンジンは初代から引き継いだ3L直6と4.4L V8エンジン(初代の4L V8の排気量を拡大)をラインナップ。トランスミッションは3速ATで後輪駆動のみの設定だった。

デビューから2年後の1975年、昭和50年排出ガス規制への適合を主目的としたマイナーチェジが施された。このタイミングで直6エンジンは廃止され、キャブレター仕様だったV8エンジンが電子燃料噴射化された。

サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン式、リアはリーフ式だった。なお、1982年のマイナーチェンジでリアサスペンションはパナールロッド付き4リンク+コイルスプリングへと変更された。

一般的な5名乗車と6名乗車(フロントにベンチシート)の仕様が用意されていたが、最近のような4名乗車(リア2名)はまだ存在しなかった。



かつての名車が時を経て6台掲載中

絶版となってから30年が経過しているものの、カーセンサーnetには6台掲載されている(2020年4月20日原稿執筆時点)。

中古車価格は45万~150万円で、かつての最高級モデルでありながら身近な存在になっている。なお走行距離、年式、仕様による中古車相場の“方程式”のようなものは存在しない模様だ。

ボディのサイドにパッキリと入ったプレスライン、メッキパーツを多用したギラギラ感、全長5280mmという巨漢ぶりはどれをとっても個性的。そして、今見ても威厳と風格が漂っている。

1973年デビュー時から、マイナーチェンジや一部改良を繰り返してはいるものの、基本的なデザインは変わっていない。だからこそクラシカルな雰囲気もあり、今こそ差別化を図るのにはうってつけだと思う。

ちょっとでも気になった方は、中古車物件をチェックしてみてほしい。

文/古賀貴司(自動車王国)、写真/日産絶滅危惧車の2代目日産 プレジデントを見てみる▼検索条件日産 プレジデント(1973~1990年生産モデル)×全国

過去の『絶滅危惧車』シリーズを見てみる

こんな記事も読まれています

ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
ルクレール、サインツの“行きすぎの防御”に不満「彼が限度を超え、不必要な接触が起きた」フェラーリ/F1中国GP土曜
AUTOSPORT web
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
ランドクルーザー250/70専用の車中泊ベッドキットが登場! トヨタディーラーとトイファクトリーで販売開始
月刊自家用車WEB
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
2択アンケート「5ナンバーにこだわる? こだわらない?」【クルマら部 車論調査】
レスポンス
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ボルボの新型SUV悪くないやん! でもドアも始動も自動は慣れないなー 今季注目の新型EX30は中々に手強いゾ!
ベストカーWeb
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」
LE VOLANT CARSMEET WEB
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
スバルとRyzenでお馴染みのAMDが手を組んだ! 元祖ぶつからないクルマの「アイサイト」がさらに進化する!!
WEB CARTOP
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
F1、新たなポイントシステムを協議へ。ポイント獲得の対象が12位まで拡大?
motorsport.com 日本版
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
「無断駐車は罰金○万円」の看板には法的な効力なし! 悪質無断駐車に対する現実的な対応策とペナルティとは
WEB CARTOP
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
WRCクロアチアラリー|クラッシュで優勝争い一気に変動……トヨタのオジェが制す。勝田貴元はスーパーサンデー首位でポイント積み上げ
motorsport.com 日本版
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
夢を叶え、歴史を作った男に万雷の拍手。初の中国人F1ドライバーとして母国GP戦った周冠宇、感極まる「これだけの熱気や愛に触れたのは初めて」
motorsport.com 日本版
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
現行カイエンに「GTS」シリーズを追加! 新型「カイエンGTS」「カイエンGTSクーペ」の予約受注を開始
月刊自家用車WEB
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
モータースポーツでもサスティナブルを目指す! マツダが2024年スーパー耐久シリーズ参戦体制を発表
Webモーターマガジン
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
全固体電池の量産化も見えた! 日産の次世代バッテリー生産最前線を取材、不可能を可能にしたブレイクスルーを解説
AUTOCAR JAPAN
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)、リバティ傘下のF1とMotoGPの同時開催は“可能”。しかし実現の「可能性は低い」と推測
motorsport.com 日本版
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
「淡路島最長のトンネル」ついに貫通 かつて電車も走ってた中心地の渋滞解消へ「洲本バイパス」 ただし全通は延期に
乗りものニュース
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
レクサスGX550、まずは100台限定販売 1235万円で抽選受付 通常モデルは2024年秋
日刊自動車新聞
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
まもなく世界初公開!“第3の新世代ミニ”は 全長4.1mの5ドアコンパクト 新型「ミニ・エースマン」ってどんなクルマ?
VAGUE
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
未経験でもプロを目指せる!? 「競輪選手」という生き方
バイクのニュース

みんなのコメント

23件
  • 意外だが、プレジデントとして専用設計はこの2代目までで、以降はインフィニティ、シーマをベースに作られたため、トヨタセンチュリーにはあった特別感は薄れてしまったね。
    ただ、2代目末期にはかつてのデボネアのようなシーラカンス感が漂っていたのも事実。Q45ベースで平成に入ってFMCした時は結構好評だったですけどね。
  • プレジはこれだよなあ。
    G50、F50になればなるほど特別感がなくなっていく。
    センチュリーとの差は開くばかりであった。
    合掌。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

903.0987.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0348.0万円

中古車を検索
プレジデントの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

903.0987.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.0348.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村