サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 時代に合わせて「脱皮」したつもりが残念な結果に! イメチェンしすぎて売れなくなった悲運のクルマ4選

ここから本文です

 この記事をまとめると

◼︎メーカーを盛り上げた1台もモデルチェンジで失敗してしまった例を紹介

前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

◼︎失敗どころかそれにより生産を終えた車種も

◼︎日本ではイマイチとなっても世界ではヒットしてる場合もある

 革新が良かれと思いきやそれが大誤算だった!

 多くの自動車メーカーは4~8年程度でフルモデルチェンジを実施する。それは基本的には商品力を上げるためだ。商品力というのは単純に性能面だけでなく、内外装を新たにすることで新鮮味を持たせることも重要だ。それを「新車効果」と呼んだりする。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン