現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 本家超えの傑作! 倍近く売れるモデルも! 圧巻のオリジナリティで「魅力的すぎる」OEM車6選

ここから本文です

本家超えの傑作! 倍近く売れるモデルも! 圧巻のオリジナリティで「魅力的すぎる」OEM車6選

掲載 15
本家超えの傑作! 倍近く売れるモデルも! 圧巻のオリジナリティで「魅力的すぎる」OEM車6選

 この記事をまとめると

■ただエンブレムの張り替え程度ではないOEMモデルもある

同じ中身なのになんでこんなに差が付いた! 明暗クッキリ兄弟車の勝ち負け4選

■OEMモデルの方がオリジナルよりも売れるケースも

■まったく別物のようになったモデルも存在

 OEM車はただエンブレムを張り替えただけじゃない!

 OEM車という言葉を聞いたことがあるだろうか。OEMとはOriginal Equipment Manufacturingの略で、ある自動車メーカーのクルマを、他の自動車メーカーが、エンブレムを変えるなどして販売することを言う。それを兄弟車と呼ぶこともある。

 1)ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズ

 わかりやすいのは、今、ブレーク中のダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズ。つまり、タントに続く、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)第二弾となるモデルがロッキーで、その先代モデルとも言えるビーゴ&ラッシュ同様、トヨタにOME供給されるのがライズというわけだ。

 グレード展開や一部装備を除いて基本部分はほとんど変わらないものの、顔つきは別物。正面から見る限り、まったく違う車種のようにも見えるのだ。

 2)日産デイズ&三菱eKシリーズ

 同様のOEM車、いや兄弟車と言えるのが、日産デイズと三菱ekシリーズだ。現行モデルはそれまでと違い、三菱でなく日産が企画、開発。日産が初めて軽自動車をイチから作ったことになる。

 そのOEM車が三菱ekシリーズだが、デイズの人気車種、ハイウェイスターのポジショニングにあるekシリーズが、三菱らしいSUVテイストをちりばめたekクロス。

 とくにエクステリアのデザインは、デイズ、ekシリーズで大きく異なり、それぞれの個性を強めているのが特徴だ。

 OEMモデルが大成功する例もあり!

 3)マツダ・ロードスター&アバルト 124スパイダー

 OEM車にして、ほとんど別物のクルマに仕上げているのが、マツダ・ロードスターとイタリア車のアバルト124スパイダー(すでに生産終了)の関係だ。

 由緒あるアバルト124スパイダーのベース車両がマツダ・ロードスター(ND型)であることは間違いなく、なんとマツダの広島の工場で生産されていたのだが、124スパイダーはターボとなるエンジンから足まわり、ブレンボ製となるブレーキシステム、そしてボディ全長、エクステリアデザイン、ラゲッジ容量などまで異なる、もはやアバルトそのもののオリジナリティ溢れる1台となっていた。

 4)スズキMRワゴン&日産モコ

 ところで、国産車のOEM車で、OEM供給された側のクルマが、本家の倍以上売れた例もある。たとえばスズキMRワゴンと日産モコの関係で、当時、軽自動車を生産していなかった日産が導入したOEM車の1台がモコであり、多くのOEM車がほぼバッジを変えただけの、パッと見同じに見える車種同士だったのに対して、ボンネット、バンパー、フロントグリルまで日産オリジナルとし、その日産ウインググリルや専用ボディカラーから、ひと目で日産車と判別できるOEM車だったのである(ABS全グレード標準装備もモコならでは)。

 本家の倍以上売れたのは、販売拠点の数の多さもあるのだが、OEM車とは言え、日産車らしさを随所にちりばめた点も、大きく貢献していたに違いない。

 5)スズキ・アルト&日産ピノ

 同様に、スズキ・アルトのOEM車となるのが、日産ピノ。

 2007年の発売だが、ピノは20台前半の女性をターゲットとし、日産車と一目で分かるフロントグリルのほか、バンパー、ホイールキャップからシート地までを独自にデザイン。モコほどのヒット作とは言えないものの、日産色のあるOEM軽自動車だった。

 6)トヨタIQ&アストンマーティン・シグネット

 最後に紹介するのは、かなり極端なOEM車として挙げられる、トヨタiQのOEM車となるアストンマーティン・シグネットである。

 この2台は単なるOEM車とは呼べない関係、独自性があり、アストンマーティン・シグネットは日本からiQの完成車を英国のアストンマーティンの工場に送り、内外装を分解し、職人が1台につき150時間をかけて、アストンマーティンとしてカスタマイズする手法が取られていた。ボディパネルに関しては、リヤフェンダー以外はすべてシグネット専用となるほどだ。

 エンジン、CVTと6MTが選べるミッションはiQそのものなのだが、価格はiQの約3倍の475~490万円(日本国内価格)になっていた。価格差がもっとも大きいOEM車とも言えそうだ。

こんな記事も読まれています

「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
「GIGAファクトリーギア神戸」が3月1日にオープン!神戸六甲アイランドで「魅せるワークスタイル」を提案!  
モーサイ
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
メルセデスF1、新車W15にポジティブな手応え「1年前より良い状況。さらに前進するための基盤ができた」
AUTOSPORT web
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
[入門・ハイエンドカーオーディオ]アウター化という高度なスピーカーの装着法を実践して、1ランク上の音質を獲得!
レスポンス
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
BoPに新システム導入。一定速度以上でのエンジン出力を調整する“2段階式”を公式テストで評価へ
AUTOSPORT web
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
物流遅延の影響でスケジュールが二転三転。WECプロローグは一部『参加セッション選択制』に
AUTOSPORT web
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
クラウンスポーツ超絶カッコいいもんなぁ!! 我らがクラウンが世界へ!! 築いた歴史が衝撃の連続すぎ
ベストカーWeb
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
トヨタ「プロボックス」がお洒落なサーフバンに変身! 丸目キットが大人気の波待ち車中泊OK仕様を紹介します
Auto Messe Web
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
ヘルムート・マルコ、ハミルトンのフェラーリ移籍で「メルセデスF1は弱体化する」と予想
AUTOSPORT web
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
トヨタ「ハイエース」をレトロな丸目に顔面整形! コーデュラを生地に使った内装は丈夫で撥水性バツグンです
Auto Messe Web
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
株価は史上最高値、岸田内閣と自民党支持率は最低[新聞ウォッチ]
レスポンス
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
《乗ってわかった!》進化型GRヤリスの実力チェック
グーネット
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
野獣が2代目に、1000馬力のスーパーカー『ビースト』新型誕生…0~96km/h加速2.5秒
レスポンス
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
燃費は驚異のリッター49.5キロ!! MX-30 REVは質感が高い! ロータリーだからこそ付け加えてほしい機能とは?
ベストカーWeb
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのオシャレな外観が個性的! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
スバリストたちの悲喜こもごもが聞こえてきそう……!? 惜しくも消えたスバル車4選
ベストカーWeb
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
おじさんもう伝わらないよ……ベンベにハイソカーって??? Z世代には通じない自動車用語7選
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「クルマ友達」第91回
くるまりこちゃん OnLine 「クルマ友達」第91回
ベストカーWeb
ベンツのよさって一体!? 走りも内装も安全性もいいのよ!! 普通に使えるクルマの頂点に君臨するワケ
ベンツのよさって一体!? 走りも内装も安全性もいいのよ!! 普通に使えるクルマの頂点に君臨するワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

15件
  • プレマシーとラフェスタハイウェイスターもなかなか良く差別化できてました
  • ダイハツストーリアのOEMでトヨタデュエットを出したら、本家の約6倍以上売れた。モコとMRワゴンの比ではないよ。以降、トヨタは以前よりも増してダイハツへの関与を進め、完全子会社化してしまったのですから。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.3165.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1118.5万円

中古車を検索
モコの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

119.3165.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1118.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村