現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [新型CX-80]もいいけどやっぱ[CX-8]の中古も捨てがたい!! 中古で買うなら何年式が狙い目!?

ここから本文です

[新型CX-80]もいいけどやっぱ[CX-8]の中古も捨てがたい!! 中古で買うなら何年式が狙い目!?

掲載 8
[新型CX-80]もいいけどやっぱ[CX-8]の中古も捨てがたい!! 中古で買うなら何年式が狙い目!?

 2023年内をもっての生産終了が発表されたCX-8。もう新車で購入することは叶わないが、中古で購入してもまだまだ「今のクルマを買った」感はある。もし、中古でCX-8を購入するならばどのような年式やグレードがいいのだろうか?CX-8の歩みを振り返りつつ見てみよう。

文:西川昇吾/写真:マツダ

[新型CX-80]もいいけどやっぱ[CX-8]の中古も捨てがたい!! 中古で買うなら何年式が狙い目!?

■コストパフォーマンスと高級感に優れる3列SUV

ボディサイズは全長4900mm全幅1840mm全高1730mmで、大柄ながらも、全長5000mm全幅1850mm以下のため入れる機械式駐車場が多いのも魅力的なポイント

 2017年に登場したCX-8。CX-5と基本プラットホームを共有しつつ、よりホイールベースを伸ばして3列シートを装備したSUVとなっていて、マツダの国内ラインアップの中でも最上位モデルであった。

 ボディサイズは全長4900mm全幅1840mm全高1730mmで、大柄ながらも、全長5000mm全幅1850mm以下のため入れる機械式駐車場が多いのも魅力的なポイントだ。

 エンジンは2.2Lディーゼルが主力で、途中から2.5Lガソリンターボと2.5Lのガソリンが加わった。販売当初の価格は3,196,800円~4,190,400円という設定で、内容を考えればリーズナブルな価格設定と言えた。

 質感の高いインテリアも好印象で、ディープレッドといった定番カラーの本革内装に加えて、ピュアホワイトの本革内装が用意されているのも印象的であった。また、ホイールベースが長いため2列目の居住性はCX-5よりも高く、大型ミニバンほどではないが3列目の居住性も比較的良好であった。

 3列目使用時のトランク容量は239リッターで、床下には65リッターのサブタンクも備えていた。そして3列目を倒せばフラットで広々としたラゲッジスペースが出現する。3列目を使わない人にとってもアリな選択のモデルであったのは間違いないだろう。

■細かな改良も良かった

 最初の改良が行われたのは2018年10月、この時に2種類のガソリンエンジンが新たにラインアップに加わったほか、「G-ベクタリング コントロール(GVC)」はハンドルを切るときだけでなく、戻すときの制御も追求した「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」へと進化、衝突回避軽減ブレーキは夜間時の歩行者認知機能が追加されたあたりが、主な改良のポイントであった。

 次なる改良は2019年に実施。電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備が追加されたほか、サブトランクの容量が拡大。

 さらに、上級グレードとなる特別仕様車エクスクルーシブモードが追加され、マツダ車で初めて2列目のシートに電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能が装備された。

 2020年末も改良を実施(販売開始は2021年)、ディーゼルエンジンの出力を向上させるとともにトランスミッション制御をアップデート。利便性ではハンズフリー機能付きパワーリフトゲートや置くだけ充電などの装備が新たに用意された。そしてディスプレイサイズも大型化された。

 そして2022年には大幅な商品改良を実施した。エクステリアデザインも変更を受けたほか、足回りの見直しを実施しすべての乗員の揺れを軽減して車酔いを低減しながら、ラインとレース性を高めた。またドライブモードにオフロードが追加された。

[articlelink]

■新車無理なら中古だけど買うなら?

中古で買うなら、CX-8の場合ディーゼルエンジン搭載車が多いので、オイル交換が他よりも特に重要になってくる。しっかりとオイル交換履歴などが分かり、定期的に交換している個体がおススメだ

 2022年に大幅改良が行われていながらも、生産終了となったCX-8。買うなら正直新しければ新しい方が良いが、まだまだ値段的にも高く新車価格に近い。

 また、2020年末発表の改良モデル以降であれば、やや価格は安くなり中古で購入するのもアリと思える価格感になってくる。モニターも大きいので今どき感を感じることもできるだろう。

 注意したいポイントは前オーナーのメンテナンスだ。これはどのモデルにも言えることではあるが、CX-8の場合ディーゼルエンジン搭載車が多いので、オイル交換が他よりも特に重要になってくる。しっかりとオイル交換履歴などが分かり、定期的に交換している個体にするべきと言える。

 まだまだ現行車感のあるCX-8。日本でも乗れるサイズ感と3列目も持つSUVは他にはないとも言える存在だ。中古で探してみても満足度は高いだろう。

関連タグ

こんな記事も読まれています

「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
くるまのニュース
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
バイクのニュース
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
Merkmal
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
くるまのニュース
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
バイクのニュース
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
レスポンス
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
日刊自動車新聞
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
AutoBild Japan
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
レスポンス
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
VAGUE
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
motorsport.com 日本版
トヨタが新型「カローラ」発表! 斬新な「レトロ×スポーツ」デザイン採用! ド派手な「リアスポ」も! 「1987年式のFX16」敬意を表す仕様が米登場、日本の反響は?
トヨタが新型「カローラ」発表! 斬新な「レトロ×スポーツ」デザイン採用! ド派手な「リアスポ」も! 「1987年式のFX16」敬意を表す仕様が米登場、日本の反響は?
くるまのニュース
後側方警戒支援システムの最新技術 聴覚で直感的に支援するヤマハ「感覚拡張HMI」について開発者に直撃インタビュー
後側方警戒支援システムの最新技術 聴覚で直感的に支援するヤマハ「感覚拡張HMI」について開発者に直撃インタビュー
バイクのニュース
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正高級オプションシステムの音を良くしたいなら「アンプDSP」がお薦め!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]純正高級オプションシステムの音を良くしたいなら「アンプDSP」がお薦め!
レスポンス

みんなのコメント

8件
  • sky********
    スバル・マツダは最終型を買えと。
  • どん兵衛
    マツダの車なんてどの車種も安いんだから新車で買えよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.4505.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

137.8469.9万円

中古車を検索
CX-8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.4505.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

137.8469.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村