現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】

ここから本文です
ホンダ「PCX160」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
写真を全て見る(6枚)

Honda「PCX160」
税込価格:41万2500円
2021年にフルモデルチェンジを受け、PCX150から進化したPCX160。エンジンはボア径を拡大し排気量を従来の149ccから156ccに拡大、圧縮比も高められ、最高出力を15PSから15.8PSまでパワーアップ。軽量で剛性バランスの良い新型フレーム、ホイールサイズの変更、セレクタブルトルクコントロール、前輪1チャンネルのABS採用など各所がバージョンアップされた。

さらに、ラゲッジボックスの容量アップ、スマートキーなど装備面も充実。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-S125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「ジクサーSF250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサーSF250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「バーグマン400」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「ジクサー150」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサー150」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650X」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム250SX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
2気筒250のスズキ「Vストローム250」2024年モデル登場! スペック&車体色は継続しつつ価格改定
WEBヤングマシン
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
ホンダ新型「CB650R」登場! 初採用のEクラッチ仕様車は専用色も用意されて価格差5万5000円!
WEBヤングマシン
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
ホンダが新型「CBR650R」を6/13に発売! 新技術Eクラッチ仕様車にはグランプリレッドも
WEBヤングマシン
LEDヘッドライトを新採用! スズキが「GSX250R」をマイナーチェンジして4月17日に発売
LEDヘッドライトを新採用! スズキが「GSX250R」をマイナーチェンジして4月17日に発売
WEBヤングマシン
スズキVストローム250が2024年モデルで価格改定。4月17日より発売
スズキVストローム250が2024年モデルで価格改定。4月17日より発売
モーサイ
スズキ、ロードスポーツバイク『GSX250R』の2024年モデルを4月17日に発売
スズキ、ロードスポーツバイク『GSX250R』の2024年モデルを4月17日に発売
AUTOSPORT web
“世界最古の公道レース”を5度制した「伝説のバイク」をインスパイア! トライアンフの特別仕様車は“斬新グラフィック”が存在感抜群です
“世界最古の公道レース”を5度制した「伝説のバイク」をインスパイア! トライアンフの特別仕様車は“斬新グラフィック”が存在感抜群です
VAGUE
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
ホンダ2輪を代表する「CB」の頂点がさらに進化! 憧れのスポーツバイク「CB1300」2モデルが“高級感あふれるカラー”で新登場
VAGUE
ヤマハの電アシ「PAS Brace」 日常使いしやすいスポーティコミューターの2024年モデルを発売
ヤマハの電アシ「PAS Brace」 日常使いしやすいスポーティコミューターの2024年モデルを発売
バイクのニュース
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
ヤマハ、スポーツヘリテージ『XSR900』2024年モデルを5月20日に発売。新色のホワイトとブラックを用意
AUTOSPORT web
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
ヤマハ、1980年代のGPマシンをオマージュした『XSR900 GP』を5月20日に発売。価格は143万円
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • mk5********
    KF18を所有していましたが馴染みの店から今度のは良いからと勧められ購入
    これまで目立ったトラブルもなくPCXはKF18の時点で既に完成されていると
    思っておりKF47になっても劇的な変化は無いと余りドキドキ感は無かったが
    僅か数年でここまで進化するものかと驚きました
    まずはセレクタブルトルクコントロールが秀逸 馬力も数値より力強さを実感でき
    今まで以上に通勤が楽になりました。
    相変わらず燃費は良く信号の無い通勤路では40~45km程で安定しており北海道に
    ツーリング行った時は56kmを記録しました。
    今の時期でもロングスクリーンにグリップヒーター&ハンドルカバーで寒さしらず
    125も捨てがたいですが160は痒いところに手が届く的な良い相棒です
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村