現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本人が大好きな「スライドドア」! 確かに便利だけど「デメリット」もけっこうあった

ここから本文です

日本人が大好きな「スライドドア」! 確かに便利だけど「デメリット」もけっこうあった

掲載 89
日本人が大好きな「スライドドア」! 確かに便利だけど「デメリット」もけっこうあった

 この記事をまとめると

■多くのクルマにスライドドアが採用されている

かつてはオデッセイやウィッシュがバカ売れしたのにナゼ? 「非スライドドア」ミニバンが消えたワケ

■いまや軽自動車にも採用されるほど

■今回はスライドドアのデメリットについて解説

 大人気なスライドドアだが欠点も

 日本は世界有数のスライドドア大国と言えるだろう。さまざまなサイズのスライドドア車がラインアップされ、軽乗用車にも用意されている。それだけ市場からの評価が高くて人気という訳だが、スライドドアに欠点はないのだろうか。今回は大人気なスライドドアの欠点に注目してみよう。

 重量

 まずは重量だろう。一般的なヒンジドアに比べて面積が広いため重くならざるを得ないし、重いスライドドアの対策として、補強なども必要になっている。これが電動スライドドアになると更に重くなってしまう。

 クルマにとって重くなってメリットとなることはほとんどない。ボディ剛性アップなどの性能を求めた結果ならば、走行性能的に等価交換とも言えるが、スライドドアの場合は単に装備で重くなってしまうのだ。重くなれば動力性能や燃費、コーナリング性能に悪影響が出てしまうので、間違いなく欠点だ。

 剛性

 スライドドアの長所の1つが開口部の面積が広いことだが、この結果から誕生する欠点もある。それがボディ剛性だ。乗降性の関係からヒンジドアに比べて開口部を広く取らなければいけないスライドドアは装備されるモデルの特徴上、開口部の面積だけではなく補強のために太いピラーやサイドシルを設けることも困難だ。

 簡単に言えばスライドドアを設けるとボディ剛性を出しにくい形状に致し方なくなってしまうのだ。ヒンジドアに比べてスポット点を増やすなどの対策を行っていると思うが、基本的な形状からして、剛性が出しにくい。ボディ剛性は走りに大きく影響する部分なので、スライドドアの欠点になってしまうのは否めない。

 さまざまなコストの面でも厳しくなる

 全高を低くできない

 世の中のスライドドア車を思い出してもらえれば気が付くはずだが、スライドドア車で全高の低いクルマなど見たことがない。構造上1700mm程度は全高がないとスライドドアを装備することは難しい。

 都心部ではまだまだ全高1550mm以下の機械式駐車場も珍しくない。過去には機械式駐車場に対応したスライドドア車もあることにはあった(三菱eKワゴンなど)。そのため完全に出来ない訳ではないが、コストがかさんでしまう。結局全高の低いスライドドア車が継続しなかったことからも、開口部の高さが低いスライドドア車はスライドドアのメリットをあまり得ることができないため、投入したコストに対して売れなかったということであろう。

 値段

 通常のヒンジドアに比べて値段が高くなってしまうのもスライドドアの欠点と言える。先に述べたように補強も必要になるし、構造も複雑なので、どうしても高価になりがちである。また、故障のリスクもヒンジドアに比べて多いし、修理費用も高価になりやすい。

 また、修理費用が高価になりやすいことに似通ったことだが、経年劣化によるガタツキが発生しやすいという欠点もある。ヒンジドアに比べて重く、取り付け部の剛性が確保しにくいため、この欠点も構造上仕方ないものだと言える。

 スライドドアの欠点はクルマの基本性能である「走る、曲がる、止まる」に影響する部分が多い。そのため、スライドドア車を開発設計する場合は、開発者たちは相当な難しい課題をクリアして走行性能を確保していると言える。ひょっとしたら高性能なスポーツカーを開発するよりも大変かもしれない。それでもスライドドア車が開発されて販売されるということは、今回紹介した欠点よりも利便性の高さという長所がウケて、売れているからなのだ。

こんな記事も読まれています

スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
driver@web

みんなのコメント

89件
  • 日本人はクルマに走行性能や運転の楽しさを求めていない、ということでしょう。
  • ドアパンチするリスクを考えたら必要でしょう。
    子供って勢いよくドア開ける可能性もあるし、強風でドアパンチ。
    日本の駐車スペースって狭いから。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.9160.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1169.8万円

中古車を検索
eKワゴンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.9160.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1169.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村