現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > えええTV後付け不可なの!?  おじさんがハマりそうな「ディスプレイオーディオ」のワナとは?

ここから本文です

えええTV後付け不可なの!?  おじさんがハマりそうな「ディスプレイオーディオ」のワナとは?

掲載 32
えええTV後付け不可なの!?  おじさんがハマりそうな「ディスプレイオーディオ」のワナとは?

 軽自動車からミニバン・SUVまで、様々な車種で標準化が進むディスプレイオーディオ。スマートフォンとの親和性が高く、機能を拡張しながら使えるのはありがたいのだが、機能不足や使いにくさを感じるところも。しかし、ディスプレイオーディオ搭載の流れが止まらない。ならば、彼らと仲良くする方法を、この機会に考えていきたい。

文:佐々木亘╱写真:adobe stock╱アイキャッチ:adobe stock_show999

うおっ! 日産×BEAMSコラボのルークスがめっちゃクール!! 内装パーツだけでも市販して!!

■ディスプレイオーディオだから誤解が生まれる

(PHOTO:adobe stock_YUTO PHOTOGRAPHER)

 20年ほど時間を巻き戻せば、インパネの中央部分には音楽を再生するための機材が取り付けられていた。

 次第にカセットプレーヤーやCD・MDプレーヤーが鎮座していた場所へ、ナビゲーションシステムが同居を申し込む。AV一体型ナビオーディオの完成だ。

 アラフォー・アラフィフの感覚では、クルマの中に画面がついていれば、それはすなわちナビがあり、CDやDVDを再生する機能があるということなのだが、ディスプレイオーディオは、こうしたステレオタイプを大きく覆す。

 ディスプレイオーディオで、オーディオとして初期装備されているのはAM/FMチューナーだけだ。

 TV視聴にはオプション選択が必要で、CDやDVDのスロットもオプションで選べればいい方。選択肢すら存在しないこともある。

 久々に新車を買いに行って、カーオーディオの変化についていけなくなった方も多いのではないだろうか。

 正直、ディスプレイ「オーディオ」と言われるから期待してしまう面もある。

 ここは素直に「ディスプレイラジオ」としてくれれば、誤解も少ないと思うのだが。

 自動車メーカー各社の皆さん、ディスプレイオーディオの名称変更だけでも考えてはいただけませんか。

■各所とつながるために必要なものなの? だったら徹底的につながればいい!

 ディスプレイオーディオがここまで広がった理由は、車載通信機器の発達にある。様々なつながりを便利に使うために、ディスプレイを必要とするのだ。

 繋がることの恩恵は大きい。

 万が一の事故の際にはオペレーターサービスへ自動で通報され、クルマの位置はGPSで補足されて、救急車両まで到着する。

 スマホがエンジンスターターやキーの代わりになることだって可能だ。

 こうしたつながる機能は、一度使うと離れられなくなる。

 便利な機能であり、さらなる発展を期待したい。

 さらにディスプレイオーディオはスマホをつなぐと、ナビにも高性能HDDオーディオにも早変わりだ。

 スマホを音楽サブスクや動画サブスクにつなげば、クルマの中も一瞬で映画館やジュークボックス(古い!)になってしまう。

 安全性を高めるバックカメラの映像を映すことにも一役買っている。その可能性は、「つながる」ことで無限に広がるのだ。

 ならば、徹底的につなげてしまった方が、カーライフはより豊かなものになるだろう。

 つながることは難しいことでも怖いことでもない。まずは私たちがディスプレイオーディオとのつながりを強固にすること。

 そうすれば、自ずと扉は開かれる。

■TVの後付け不可だけはちょっと待った!

(PHOTO:adobe stock_YUTO PHOTOGRAPHER)

 音楽サブスクから突然有名アーティストの曲が消えてしまい、CDを持っていることの価値が見直されている近頃だが、カーオーディオがCDを拒否する流れは避けられそうにない。

 CD音源をスマホに転送し、スマホを使って曲を再生するという手間は受け入れよう。

 ただし、近頃耳にした「TV後付け不可」には、大きく異を唱えたい。

 これまではTV視聴のための機材をディーラーオプションで後付けできたのだが、今後は車両購入時にTV付きを選ばないと、未来永劫そのクルマではTVの視聴ができなくなる車種が出てくるというのだ。

 後付けの選択肢を増やせとは言わないが、今あるTV視聴の後付け権利は奪わないでいただきたい。

 新車注文時にしか選択できないとなると、今後中古車が出回った時にも、TVがついていないクルマは買わない(買いたくない)という事象も起こってくる。

 新車購入時のTV選択は、下取り査定や中古車販売価格にも大きく影響するだろう。

 時代の流れとして、ディスプレイオーディオへの転換は快く受け入れる。ただ、彼らは拡張性が売りだったはずだ。

 ならばTVという最低限の拡張性は残しておいて欲しい。

こんな記事も読まれています

全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
全くもって一貫性がない……! ペナルティに泣くアストンマーティン、F1の裁定に不満タラタラ「アロンソとストロールに厳しい」
motorsport.com 日本版
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
本誌執筆陣がオススメするいま注目のモデルをピックアップ!「このクルマ、間違いないです!」ル・ボラン2024年6月号、本日発売!!
LE VOLANT CARSMEET WEB
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
トヨタ、北京モーターショー2024で、バッテリーEVの新型モデル「bZ3C」「bZ3X」を世界初公開
月刊自家用車WEB
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
三菱ふそうが「ジャパントラックショー2024」に出展! 新型モデル「スーパーグレート」特別仕様車や新型「eCanter」キャリアカー展示
くるまのニュース
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
【バイク版ナビ】「MOTTO GO」プレリリース版が公開!カーナビの名門パイオニアが7月提供予定サービスを先取り体験だ!  
モーサイ
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
「ご当地ほりにし」国内2県で新たな地域限定ラベルが登場!
バイクブロス
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
フィアット500に、1.2Lエンジンを搭載する新グレード「1.2 Dolcevita」を設定
月刊自家用車WEB
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
「アップガレージ青森三沢店」が5/12にプレオープン!
バイクブロス
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
トーヨータイヤ、EV専用を含む小型トラック向けに2種類の新製品
日刊自動車新聞
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
ついに登場 メルセデス・ベンツ新型「Gクラス」世界初公開! 初の電気駆動Gクラス「G580」は“その場で旋回”できる機能を搭載!?
VAGUE
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場
くるまのニュース
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
ラウル・フェルナンデス、ヘレステストで最新型アプリリアMotoGPマシン初ライド。直前のスペインGPでは昨年型使用
motorsport.com 日本版
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
香りや消臭力を3段階で調整可能!P&Gが車内用の「ファブリーズ」を12年ぶりに改良
@DIME
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
海洋マイクロプラスチックを回収するスズキの船外機
バイクのニュース
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
ランボルギーニPHEV第二弾はウルス!「SE」が見せつけるスーパーSUVとしての格
Webモーターマガジン
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
三菱 デリカミニ【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
ミラーとタイヤとホイールをとことん突き詰めたら600kmオーバー! アウディEV史上最長の航続距離を実現するパッケージが登場
THE EV TIMES
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
富士スピードウェイ、WEC富士のポスター付き観戦券を4月25日から先行発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

32件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

100.8165.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1140.0万円

中古車を検索
ライフの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

100.8165.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1140.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村