現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは

ここから本文です

約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは

掲載 60
約130万円で買える「コンパクトSUV」! めちゃタフ顔の斬新「最強レジャー車」がカッコいい! “ゴツゴツボディ”のダイハツ「タフト」の魅力とは

■ダイハツ渾身の「軽クロスオーバー」の魅力とは

 ダイハツが2020年6月に発売したコンパクトな軽SUV「タフト」は、軽自動車ならではの高い経済性や使い勝手の良いボディサイズに、SUVらしい走行性能とレジャーで役立つ機能性を組み合わせたモデル。
 
 そんな軽自動車における「最強レジャー車」の中の一台とも言えるタフトですが、実際にどのような魅力があるのでしょうか。

【画像】開放感がスゴい! これが斬新な「ガラスルーフ」です(41枚)

 タフトは、ダイハツの新世代プラットフォーム「DNGA」を採用するクルマとしては「タント」「ロッキー」に次ぐ第3弾で、さらに発売の約半年前から登場が予告されるなど、同社が強い意気込みを持って開発されたことがうかがえる渾身のモデルです。

 その車名は「Tough & Almighty Fun Tool(強靭かつ万能な楽しいツール)」の頭文字に由来し、軽快に荷物を沢山運べる「バックパックスタイル」というコンセプトを掲げ、とくにレジャーシーンで活躍する使い勝手の良さを重視して開発が進められたといいます。

 タフトのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1630mmとコンパクトですが、その外装デザインは軽クロスオーバーと謳われるように流行りのオフロードテイストを全面に押し出した目を引くもの。

 軽自動車という限られたサイズの枠内にクロスオーバーテイストを盛り込み、スクエアなフォルムと無骨なバンパーやフェンダー、角型のヘッドライト、大径タイヤの採用などによって力強さを強調したワイルドなイメージが印象的で、ボディサイズ以上の存在感を感じさせるデザインとなっています。

 さらにタフトはインテリアにも個性的なデザインや装備を取り入れていて、まず前席スペースと後席スペースでコンセプトが異なります。

「クルースペース」と名付けられた前席側の内装ドアパネルには暗めの色を採用する一方で、「フレキシブルスペース」とした後席側や荷室は明るめの色を採用。

 これには全車標準装備する大型のガラスルーフ「スカイフィールトップ」の効果もあり、前席は上からの日光と黒い内装色によって明るくともタイトな乗車感覚が楽しめ、逆に後席はスカイフィールトップによる視界の広さと明るい内装色の組み合わせで開放感を高めているのです。

 また、このスカイフィールトップはスーパーUV&IRカット機能や開閉可能なシェードも備わるなど、日焼けや室内温度の上昇も考慮し機能面も充実。

 リアシートは前に倒すことでレジャー用アイテムの積載にも活躍する大空間が登場し、さらに倒した後席の背もたれと荷室部分の間に段差が無い構造となっているため、大きな荷物も軽々と積み込むことが可能です。

 さらにこの荷室やリアシートの表皮には水濡れや汚れに強い加工が施された素材が採用されているので、まさにアウトドアで使用した汚れた道具でも気兼ねなく積み込むことができます。

 そんなタフトが搭載するパワーユニットには、660ccの自然吸気あるいはターボエンジンの2種類を用意しており、駆動方式も2WD/4WDがそれぞれから選択が可能。トランスミッションはCVTとなっているため初心者でも運転しやすく、誰でも快適かつ気軽にガラスルーフの開放感やアウトドアライフを楽しむことができます。

 このように、流行りのSUVスタイルや使い勝手の良さ、高いユーティリティ性能などにより、タフトは軽クロスオーバーとして独自のポジションを確立した魅力的なモデルとして存在感を高めました。

 現在、同じ軽クロスオーバーSUVの先駆者で発売当初より人気を博したスズキ「ハスラー」にも迫る勢いで販売台数を伸ばしており、こうしたアウトドアに“映える”ハイトワゴンとして二大勢力を築き上げるまでに至りました。

 タフトの車両価格(消費税込)は、132万円から164万4500円です。

こんな記事も読まれています

三菱ふそうのEV『eキャンター』、香港市場に投入へ
三菱ふそうのEV『eキャンター』、香港市場に投入へ
レスポンス
マルケス「期待されてるのは分かる。けど僕も人間だから」ドゥカティ加入で注目集まるも、本人冷静
マルケス「期待されてるのは分かる。けど僕も人間だから」ドゥカティ加入で注目集まるも、本人冷静
motorsport.com 日本版
トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
くるまのニュース
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
くるまのニュース
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
バイクのニュース
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
レスポンス
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
WEB CARTOP
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
motorsport.com 日本版
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
カー・アンド・ドライバー
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
日刊自動車新聞
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
Auto Prove
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
レスポンス
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
AutoBild Japan
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
くるまのニュース
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
WEB CARTOP
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
くるまのニュース
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
レスポンス
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB

みんなのコメント

60件
  • ヤフオク用
    いつの話してんのって記事だった
  • umi********
    この車の弱点はリアシートアレンジがショボく
    シートを倒すと前席との間に大きな隙間ができる
    グラスルーフにコスト吸われてリアシートは簡略かしたのだろう
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.0180.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.0590.0万円

中古車を検索
タフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

132.0180.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

82.0590.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村