サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界に3台しか存在しない「幻のMR2」! 悲運のラリーマシン「トヨタ222D」の本気すぎる中身

ここから本文です
セリカTC-ターボを超えるスーパー・ラリーマシン

 2017年の世界ラリー選手権(WRC)に、18年ぶりに復帰したトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)は、翌2018年には見事マニュファクチャラー・チャンピオンに輝きました。そして、2019~2020年にはヒュンダイと激しいタイトル争いを繰り広げた結果、2019年はオィット・タナックが、2020年にはセバスチャン・オジェがドライバー・チャンピオンに輝いています。 1970年代序盤からWRCに本格参戦を始めたトヨタは、グループAがWRCの主役となった1980年代後半からはトップコンテンダーの一角を占めます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン