現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます

ここから本文です

ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます

掲載 6
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます

チャオイタリア2023の会場で出会った可愛い初代パンダ

2023年10月22日(日)、兵庫県のセントラルサーキットで開催された「Ciao Italia 2023」。これはその名の通り、イタリア車限定のサーキット・イベントで、フィアット「500」やアルファ ロメオの「ジュリア」系といった1960年代の定番ヒストリックカーから最新のフェラーリやランボルギーニまで、年式もメイクスも多様なモデル187台がエントリー・リストに名を連ねる一大イベント。第29回目となった今回のイベント会場で見つけた気になるクルマをピックアップ、それぞれのオーナーにお話を伺ってみた。

フィアット「600ムルティプラ」が1300万オーバー!「救急車仕様」と「タクシー仕様」がどうして高額なのか考えます

80年代イタリアを代表するベーシックカーは和み感バツグン

最新のド派手なランボルギーニやフェラーリ、あるいはやる気満々のレーシング・アルファなどに混ざってチョコンと会場にパークしていたのはイタリアを代表するベーシックカー、フィアット「パンダ」。近づいてみれば、生まれてから30年近くを経たとは思えぬほど程度は上々。その清涼感にあふれた佇まいは、周囲の空気まで和ませているかのようだ。

「パンダは以前から気になるクルマでした。このクルマを手に入れたのは2015年のことで、今年で9年目になります」

と語るのは、奥様とともにイベントに参加したオーナーの白藤彰一さん。1980年のデビューから2003年まで、長きにわたり生産された初代パンダだが、白藤さんの愛車は1996年式の1100CLX。初期のOHVエンジンに替わりFIRE(Fully Integrated Robotized Engine)と名づけられた新世代のSOHCエンジンが採用された後期モデルだ。

手に入れてから少しずつ「初期化」

「初めてパンダを運転したときの第一印象は、“なんだか乗りにくいな”というものでした」

という白藤さん、じつはパンダの他にも1970年式のポルシェ「911S」も所有しているという。たしかにリアエンジンのパワフルな911と比較すると、その乗り味がずいぶん異なるという印象も頷ける。

「今では小さなFWDにもすっかり馴染んで毎日快適に走っています」という白藤さんはこのパンダを普段の街乗りや通勤にも使っており、総走行距離はすでに17万kmを超えている。

「メンテナンスは地元のショップで面倒を見てもらっていますが、基本的にはノントラブルです」

日常使いに加え、パンダ・オーナーのワンメイク・イベント「パンダリーノ」をはじめ、さまざまなイベントにも参加してきたという白藤さんのパンダは、手に入れてから少しずつ「初期化」を行い、現在では若干のローダウン・サスペンション以外はほぼ純正オリジナル状態を保っている。

歴史的なベーシックカーは今も日々の生活で活躍中

フィアットからの依頼を受けデザインを手がけた、かのジョルジェット・ジウジアーロ自身が「私の最高傑作」というほどの完成度を誇った初代パンダは、イタリアを中心に世界的なヒット作となって経営不振に喘いでいたフィアットの救世主となった。

そんな一世を風靡した偉大なベーシックカーを、いまなおその当初のコンセプトどおり日々の生活に使い、イベントやバカンスにも使う。まさにフィアット・パンダとオーナーとの理想的な関係を体現しているかのような、白藤さんご夫妻とパンダ1100CLXなのである。

こんな記事も読まれています

大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
乗りものニュース
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
【F1チームの戦い方:小松礼雄コラム第3回】温かい歓迎を受けた春の鈴鹿。悔やみきれないミスと、1ストップ戦略で得た自信
AUTOSPORT web
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
  • dup********
    「シティーハンター」といえば真っ赤なミニがトレードマークですが、スレ画のパンダを運転している回があります。
  • kei********
    私も新車から34年乗り続けています。他に旧車ばかりを5台所有していますが、夏場以外は今でもPANDAがメインです。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9338.0万円

中古車を検索
パンダの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

289.0316.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.9338.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村