サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「老舗が提案するJZA80チューニングライフ」リフレッシュを軸にしたステップアッププラン

ここから本文です

コストを考えたエンジンチューンは600馬力が上限値

長く乗り続けるためにはボディ&フットワークのリフレッシュを優先!

「老舗が提案するJZA80チューニングライフ」リフレッシュを軸にしたステップアッププラン

パワーチューニングを得意とする“ペントルーフ”が、中古でJZA80スープラを手に入れたオーナーに対して推奨するファーストアプローチは、サスペンション&シャシーのリフレッシュを軸にしたフットワークの適正化だ。

「トラブルを抱えていなければ、2JZ-GTEは初心者には充分すぎるパワーがあります。それより、まずは足回りやシャシーのリフレッシュが先決ですね。ヘタっているケースが大半ですから。

おすすめのニュース

サイトトップへ