現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダ・オデッセイ 室内空間の一部改良とブラック・エディション追加 安全運転支援も

ここから本文です

ホンダ・オデッセイ 室内空間の一部改良とブラック・エディション追加 安全運転支援も

掲載 12
ホンダ・オデッセイ 室内空間の一部改良とブラック・エディション追加 安全運転支援も

「オデッセイ」を一部改良

ホンダは、ミニバン「オデッセイ」を一部改良し、発売を開始した。デザイン/快適性/機能性を磨き上げるとともに、新タイプ「e:HEVアブソルートEXブラックエディション」を設定した。

【画像】ホンダ・オデッセイと最新ホンダ車の写真を見る 全116枚

今回の一部改良では、e:HEVアブソルート/e:HEVアブソルートEX/新タイプのe:HEVアブソルートEXブラックエディションの計3タイプを設定。歴代オデッセイの特長であった超低床プラットフォームによるセダンライクな安定感のある走りと、ミニバンを感じさせないスタイリングは継承しながら、顧客のニーズに応える仕様を追加することで、独創的なスタイリングと快適な室内空間にさらに磨きをかけたとアナウンスされた。

メーカー希望小売価格(税込)とボディカラー設定

e:HEVアブソルート 480万400円
プラチナホワイト・パール/プレミアムヴィーナスブラック・パール/フォーマルブラック
e:HEVアブソルートEX 500万600円
プラチナホワイト・パール/メテオロイドグレー・メタリック/プレミアムヴィーナスブラック・パール/フォーマルブラック
e:HEVアブソルートEXブロンズ・エディション 516万4500円
プラチナホワイト・パール/プレミアムヴィーナスブラック・パール/フォーマルブラック

主な変更点は?

デザインの進化

新デザインのフロントグリルを採用。グリルの開口部を拡大することによってワイド感を強調し、水平基調の5本メッキバーに突起状のデザインを組み合わせることで、高級感をより高め、ホンダのエンブレムをより前方に配置することでフロント部の突き出し感を高め、迫力と重厚感を感じさせるデザインとしたという。

さらに、e:HEVアブソルートEXブロンズ・エディションには、ブラッククロームメッキのフロントグリル/ブラックスモークレンズのリアコンビランプ/マットベルリナブラックの18インチアルミホイール/ブラックのルーフ/ピラーライニングなど、内外装の随所にブラック加飾を取り入れることによって、最上級モデルとしての洗練さを演出したと発表された。

ユーティリティの進化

全タイプの2列目に4ウェイパワーシートを採用。オットマンとリクライニングの操作を新たに電動化することで、きめ細やかな調節が可能となり、より快適な着座姿勢をとることができるという。また、2列目シートにはシートヒーター/折りたたみ式のセンターテーブル/ミニテーブル付きのアームレスト/シート足元にUSBチャージャー(Type-C)を全タイプに標準装備し、快適性をさらに向上させ、3列目シートは、前モデル同様に全タイプに床下格納シートを採用し、大容量の荷室空間と利便性の両立を図っている。

EXとEXブラック・エディションには本革シート/ワイヤレス充電器/ハンズフリーアクセスパワーテールゲートなども標準装備した。

減速セレクター/エレクトリックギアセレクターを採用

減速セレクターを新たに設定、アクセルオフ時の減速の調節が可能となり、下り坂での走行や、前走車との車間距離の調整などに活用することが可能になった。また、指一本でスムーズなシフト操作ができるエレクトリックギアセレクターもオデッセイとして初めて採用された。

ホンダ・センシングの機能追加と進化

安全運転支援システムである「ホンダ・センシング」に、新たに近距離衝突軽減ブレーキ/オートハイビーム/急アクセル抑制機能を追加し、フロントカメラの広角化により衝突軽減ブレーキの検知対象を拡大。新たに交差車両/右折時の対向車/横断自転車/二輪車/夜間の歩行者の検知が可能となったという。

<搭載機能一覧>衝突軽減ブレーキ/誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能/近距離衝突軽減ブレーキ/急アクセル抑制機能/歩行者事故低減ステアリング/路外逸脱抑制機能/渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール/車線維持支援システム/先行車発進お知らせ機能/標識認識機能/オートハイビーム/ブラインドスポットインフォメーション/パーキングセンサーシステム/後退出庫サポート

ホンダ・コネクト

新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダ・コネクト」をオデッセイとして初めて採用。スマートフォンを使ったリモートでのエアコン操作や、車内Wi-Fiなど、より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「ホンダ・トータルケア・プレミアム」が利用可能となった。

こんな記事も読まれています

初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
グーネット
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
AUTOSPORT web
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
6年「放置」のフォルクスワーゲン・ビートル 60psの1302 Sを復活 記憶と違う絶好調
AUTOCAR JAPAN
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
バブル期の「CABIN RACING」からレースクイーン文化は始まった!? 国内モータースポーツ界を変革した懐かしのチームのマシンを紹介します
Auto Messe Web
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
ベントレーが日本限定10台の特別なベンテイガを六本木ヒルズで公開
driver@web
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
「東北中央道」一部で開通延期へ 国道13号新庄金山道路で工事遅れ その理由は?
乗りものニュース
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
アウディ、歴代史上最強の『RS6アバントGT』を世界660台限定生産。往年の“IMSA GTO”をオマージュ
AUTOSPORT web
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
新型「660ccスポーツ」爆誕! 95馬力を“6速MT”で操る「2シーター仕様」実車に乗れる! 軽量ボディの爆速スポーツモデル「新型デイトナ660」発表
くるまのニュース
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
トランク広すぎ! VW "初" の電動ワゴン 286馬力の後輪駆動EV「ID.7ツアラー」登場
AUTOCAR JAPAN
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
未来のモビリティは見つかった? 横浜で開催された「YOXO FESTIVAL(よくぞフェスティバル)」はユニークな未来技術を体験できる場所でした
Auto Messe Web
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
3日間の2024年F1プレシーズンテストが始まる。10チームの新車がコースイン、角田裕毅も走行開始
AUTOSPORT web
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
童夢F110を使った『F110 CUP』開催へ。2024年は岡山、もてぎでレース実施
AUTOSPORT web
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
アウディF1プロジェクト、再び将来に懸念? 推進派の幹部役員が解任との報から憶測広がる
motorsport.com 日本版
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
雨の月曜順延スタート、ウイリアム・バイロンがHMSの40周年を飾る1-2達成/NASCAR開幕戦
AUTOSPORT web
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
レクサスならではのライフスタイル系SUV──新型UX300e試乗記
GQ JAPAN

みんなのコメント

12件
  • ********
    開き直って中国を前面に押し出して宣伝しようぜ
  • kai********
    中国製がいやな日本人どれだけいるんや。
    中華デザインがいやなやつも多いし
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村