現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT設定!? ダイハツ「新型2シータースポーツカー」“再度”お披露目! FR&MT搭載の新モデルに期待高まる! 市販化求む声多い「ビジョン コペン」来名に大反響

ここから本文です

MT設定!? ダイハツ「新型2シータースポーツカー」“再度”お披露目! FR&MT搭載の新モデルに期待高まる! 市販化求む声多い「ビジョン コペン」来名に大反響

掲載 103
MT設定!? ダイハツ「新型2シータースポーツカー」“再度”お披露目! FR&MT搭載の新モデルに期待高まる! 市販化求む声多い「ビジョン コペン」来名に大反響

■次期「コペン」示唆の新モデル“来名”に反響大!

 ダイハツは2023年11月23日から26日まで、名古屋市で開催された「名古屋モビリティショー2023」に出展しました。
 
 同社のブースでは第一回「ジャパンモビリティショー2023(以下JMS)」で世界初公開されて間もない「VISION COPEN(ビジョン コペン)」も展示され、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

【画像】「えっ…!」これが「次期コペンの姿」!? 画像で見る(50枚)

 ビジョン コペンは2ドアオープンカーのコンセプトモデルです。10月28日から開催されたJMSで初お披露目されました。

「コペン」の名称が用いられた通り、2002年登場の2ドア軽オープンカー「コペン」の要素を残しつつ、新たにスポーツの領域を狙ったものだといいます。

 ボディサイズは全長3835mm×全幅1695mm×全高1265mm、ホイールベースは2415mmと、現行コペンと比較して440mm長く、220mm幅広く、15mm低くなり、軽自動車規格を超えた小型車となりました。

 パワートレインも同様に軽規格の660ccエンジンに代わって、小型車に搭載される1.3リッターエンジンを採用。国内向けコペンシリーズでは初となる1リッター超えとなり、カーボンニュートラル燃料が使用可能で、スポーティながらも環境にも配慮されました。

 トランスミッションはさまざまな組み合わせを想定しているといい、メインはCVTとのことですが、MTを搭載することも考えているとようです。

 駆動方式はハンドリングに優れるFR(後輪駆動)レイアウトを採用するなど、FF(前輪駆動)の従来モデルとは違った性格のクルマとなっています。

 エクステリアは初代モデル(L880K)をオマージュしたといい、各部にその面影を思い出させますが、車幅を活かしワイド&ローなデザインが強調されています。

 インテリアは直線基調のインパネを採用。メーターやエアコンなどのパネルは液晶となり、先進感をもたらしています。

 一方で、シートからドアトリム、インパネはグラデーションとすることで、集中して運転できる環境としつつ、華やかさを与える配色となっています。

 そんなビジョン コペンですが、JMSに続いて出展された名古屋モビリティショーにおいても注目の存在となっていたようで、SNSなどでは多くのユーザーが話題にしています。

「名古屋モビリティショーに来ました。お目当てはビジョン コペン!」「名古屋モビリティショーを見てきました! ビジョンコペンが見られたのでOK!」「名古屋モビリティショー初日へ行ってきました! コペンが想像以上にデカかったけど写真で見るより実物はなかなかよかった」など、ビジョン コペンを目当てに来場する人も多かったようです。

 また、「市販GOが出るか気になる」「ビジョン コペンはネオクラ系かつカワイイ系なので、もしかしたら売れるかも」「手頃なスポーツカーならセカンドカーとして買いたい」「ロードスターと同じ価格帯かな。300万円台のオープン2シーターを選ぶ楽しさが増える」「コペン、発売されるといいなあ」など、市販を求めるコメントも数多く投稿されています。

 さらに、「オーバーフェンダーのグラマラスなルックスは文句なし」「このまんまの見た目で出して欲しいです」「MTは設定してほしいけど、あとはこのコンセプトカーまんま出してほしい」というように、デザインに関してはかなり評価が高く、初代コペンのようにコンセプトカーから姿を変えずに市販化を求める声もあります。

 なお、市販化についてダイハツ担当者は、JMS会場において以下のように話します。

「いまの時点ではコンセプトカーだというスタンスになりますが、初代はコンセプトカーを起点とし反響によって市販化に至った経緯があります。

 もし登場させるとしたら、これが3代目につながる可能性はあります」

 JMSに引き続き、名古屋モビリティショーでも大注目されていたビジョン コペンについて、ますます期待が膨らみます。

こんな記事も読まれています

【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
【大分日田市】何体の巨人と会える?進撃の巨人ゆかりの地巡り!〈文化に触れるドライブ旅〉
グーネット
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
井戸田潤、ナイトドライブでGT-Rを堪能!“街乗り最強”の一台とは?
グーネット
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
小は大を兼ねる!?  やっぱり日本人には「5ナンバー」が絶対いい! 
ベストカーWeb
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
クラウンエステート復活記念!ボディバリエーションで振り返るクラウンヒストリー
グーネット
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
開幕前最後のテストでもドゥカティ優勢。ヤマハとホンダは『リヤグリップ』の課題が続く/MotoGPカタール公式テスト
AUTOSPORT web
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
渋滞や災害など乗車中の“もしも”対策に!車載用防災セット新登場 東海電子
グーネット
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
新型クラウンエステートも登場!4つのクラウンを体験できるイベントが愛知/横浜/福岡で開催
グーネット
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
F1バーレーンテスト2日目:積極的にアタックしたサインツJr.が最速。レッドブルのペレス2番手
motorsport.com 日本版
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
雨の鈴鹿で明暗分かれたF2出身ルーキー。「すごくポジティブ」な岩佐と「簡単なことではない」プルシェール
AUTOSPORT web
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
フォーミュラE、日本初の本格公道レース『東京E-Prix』のボランティアスタッフ募集を開始
AUTOSPORT web
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
Juju、2度のコースオフも「クラッシュしないように走ろうと思ったらタイムは出ない」「まだまだ伸びしろはある」
AUTOSPORT web
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
新開発「スポーツe:HEV」がヤバすぎ!! 今春ついに販売開始の新型アコードは和製アルテオンだッ!
ベストカーWeb
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
Green Braveがふたたびエントラント名を変更。埼玉を盛り上げるべく『埼玉Green Brave』に
AUTOSPORT web
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
初日首位の牧野任祐が感じた新型ウエットタイヤの“キャラ変”。「すごく敏感」ながらもロングランは良好?
AUTOSPORT web
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
新型デリカD:5はPHEVで25年登場!? しかも名前はD:6になるってマジか!! デザイン超未来的だゾ
ベストカーWeb
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
かつてのアルフィスタが最新「トナーレ」に乗ってみたら…紛れもないアルファ ロメオの走りに「1台ください」と言ってみたくなりました
Auto Messe Web
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
ミツオカ ロックスター&バディが「ブンブンジャー」に登場!“ニチアサ”を爆アゲ!
グーネット
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
ヘルムート・マルコ、レッドブル社の長引く調査を擁護「彼らは公正な調査を行っている」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

103件
  • tma********
    コペンXPLAYに乗っています。
    軽規格超えで64PS縛りが無くなるのは歓迎ですが、FR化とかで高価になり過ぎるのは勘弁。電動ハードトップは残してほしいですね。
    XPLAYが188万円~なので、次期型は220万円~位で商品化して欲しいな。
  • kbm********
    価格次第でしょう。
    高くても買うのはオジサンだけ。
    現行コペン+αならかなり売れると思う。
    余計な装備はいらないからとにかく安くしてほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索
コペンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

188.9243.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5292.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村