現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レクサスがISの特別仕様車「F SPORT Mode Black S」と「F SPORT Mode Glitter」を新設定。合わせてISの一部改良を実施

ここから本文です

レクサスがISの特別仕様車「F SPORT Mode Black S」と「F SPORT Mode Glitter」を新設定。合わせてISの一部改良を実施

掲載 8
レクサスがISの特別仕様車「F SPORT Mode Black S」と「F SPORT Mode Glitter」を新設定。合わせてISの一部改良を実施

レクサスIS350/IS300h/IS300に特別仕様車「F SPORT Mode Black S」および「F SPORT Mode Glitter」が登場。同時にシリーズ全体の一部改良を行って訴求力をアップ

 トヨタ自動車が展開する高級車ブランドのレクサスは2021年9月9日、プレミアムコンパクトFRスポーツセダンの「IS」に特別仕様車の「F SPORT Mode Black S」と「F SPORT Mode Glitter」を設定し、合わせてISシリーズ全体の一部改良を実施して、10月以降に発売すると発表した。

レクサスのハイパフォーマンスクーペ「RC F」が一部改良を実施

特別仕様車の車種展開および車両価格は以下の通り。
■F SPORT Mode Black S
IS350“F SPORT Mode Black S”(2WD):700万円
IS300h“F SPORT Mode Black S”(2WD):630万円
IS300h“F SPORT Mode Black S”(AWD):672万円
IS300“F SPORT Mode Black S” (2WD):585万円
■F SPORT Mode Glitter
IS350“F SPORT Mode Glitter”(2WD):680万円
IS300h“F SPORT Mode Glitter”(2WD):610万円
IS300h“F SPORT Mode Glitter”(AWD):652万円
IS300“F SPORT Mode Glitter” (2WD):565万円

 今回の特別仕様車は、パワーユニットに2GR-FKS型3456cc・V型6気筒DOHC・D-4Sガソリンエンジン(318ps/38.7kg・m)+8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)を搭載するIS350“F SPORT”と、2AR-FSE型2493cc直列4気筒DOHC・D-4Sガソリンエンジン(178ps/22.5kg・m)+1KM型モーター(105kW/300Nm)+ニッケル水素電池+電気式無段変速機で構成したハイブリッドシステムを搭載するIS300h“F SPORT”、そして8AR-FTS型1998cc直列4気筒DOHC・D-4STガソリンターボエンジン(245ps/35.7kg・m)+8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)を搭載するIS300“F SPORT”をベースに、F SPORT Mode Black Sはブラックを基調としたカラーコーディネートで走りとデザインにいっそうの磨きをかけたことが、F SPORT Mode Glitterは輝きを放つブラックを基調に颯爽としたスタイルに仕立てたことが特徴である。

 F SPORT Mode Black Sから解説していこう。エクステリアでは、三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプや専用ブラック塗装のオート電動格納式ドアミラー(広角・運転席自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン・メモリー・ヒーター付)、専用ブラックステンレスのウィンドウモールを標準で装備。足もとには、BBS社と共同開発したマットブラック塗装の専用19インチ鍛造アルミホイールを組み込んだ。

 インテリアに関しては、F SPORT専用8インチTFT液晶式メーター(特別仕様車専用オープニング[TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ・リアシートリマインダー機能付])や後席SRSサイドエアバッグ、専用ウルトラスエード/L texスポーツシート(グレー/ブラック[運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ベンチレーション機能付])を特別装備。さらに、利便性を高めるパワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能付)を標準で採用した。

 一方でF SPORT Mode Glitterは、エクステリアに専用ブラック塗装のオート電動格納式ドアミラー(広角・運転席自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン・メモリー・ヒーター付)や専用ブラックステンレスのウィンドウモールを特別装備。足もとには、専用ブラックスパッタリング塗装の19インチアルミホイールを装着した。

 内包するインテリアには、特別仕様車専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)+“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付)や専用アッシュ(オープンフィニッシュ/銀墨)オーナメントパネル(パワーウィンドウスイッチベース部)、専用L texスポーツシート(特別仕様車専用ブラック&アクセントフレアレッド[運転席ポジションメモリー/運転席・助手席ベンチレーション機能付])、F SPORT専用8インチTFT液晶式メーター(特別仕様車専用オープニング[TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ・リアシートリマインダー機能付])、後席SRSサイドエアバッグを特別装備。利便性を高めるパワーイージーアクセスシステム(運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能付)も標準で組み込んだ。

 ISシリーズ全体の一部改良に話を移そう。
 まず、よりいっそうドライバーの意に沿ったステアリング操作支援を行う目的で、レーントレーシングアシスト(LTA)の制御内容の見直しを実施。また、IS350/IS300では新しいブレーキペダルとマスターシリンダーを採用することで、ストロークに対する減速Gをリニアにし、より自然なブレーキフィーリングを実現する。さらに、IS300hではアクセサリーコンセント(AC100V・1500W/ラゲージルーム内)をオプション設定し、利便性の向上を図った。

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

8件
  • 良いと思う奴らどんどん買え!
  • 価格が上がってもインテリアも変えてくれてたら
    買ってた。簡単に買い替えられるほど裕福じゃ
    無いので長いけど3年後のフルモデルチェンジを待つ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

481.0900.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1950.0万円

中古車を検索
ISの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

481.0900.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村