現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【最新号】 ホンダ次期S2000の本気度、本誌だけがつかむ重要情報 『ベストカー』12月26日号

ここから本文です

【最新号】 ホンダ次期S2000の本気度、本誌だけがつかむ重要情報 『ベストカー』12月26日号

掲載 更新
【最新号】 ホンダ次期S2000の本気度、本誌だけがつかむ重要情報 『ベストカー』12月26日号

 ベストカー12月26日号が発売となりました。いつもより1日早く25日発売となった今号は、巻頭でホンダのリアルスポーツ、次期S2000を詳報。さらに、ベストカーだけが知る重要情報として、ホンダのニューカースクープや日産/三菱のSUV攻勢などを特集。その他、気になる企画満載でお届けします。

ホンダS2000にどこまで本気なのか!?

東京モーターショーに出なかった新車一挙公開、S208世界初試乗 『ベストカー』12月10日号

 ベストカーでS2000の存在をスクープしたのは、2015年10月10日号でのこと。それから2年が経過した今、さらなるスクープ情報が舞い込んできました。

 その正体を暴くうえで鍵を握るのは、“あるもの”に登場したホンダのスポーツカー。ここから、デザインに関する情報、そして気になる駆動方式に関する有力情報も浮かび上がってきました。

 さらに、核心となる搭載エンジンについても本誌では詳報。情報を元にした次期S2000の予想CGも掲載しています。

ホンダの積極攻勢、日産/三菱のSUV戦略など重要情報続々!

日本に再登場するSUVのCR-V。本誌ではその発売時期も詳報

 東京モーターショーが閉幕したばかりですが、新型車に加えて魅力的なマイナーチェンジモデルの情報を続々入手。

 その筆頭はホンダの積極攻勢です。直近に迫った軽自動車、N-ONEやレジェンドのマイチェンからN-BOXの商用車版となるニューモデル、CR-Vの日本導入に至るまで詳報。

 そして、日産と三菱のSUV戦略も大注目!! 三菱はエクリプス クロスを発売しますが、これ以後、日産と三菱がプラットフォームを共用するSUVが続々登場します。

 また、新プラットフォーム採用の新型ダイハツ タント、レクサスRX、マツダアテンザなどのマイチェン情報もどどんと公開しています。

「2017年の新車採点簿」他、注目記事満載

 その他、2017年に登場した全27台の新車を6つの項目で徹底評価する「2017年の新車採点簿」や雪シーズンにもってこいの「4WD性能評価特集」のほか、最新モデルから雑誌ならではの深く掘り下げた企画まで、盛りだくさんでお届けします。

ベストカー12月26日号「目次」

こんな記事も読まれています

【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝6時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝6時間後
AUTOSPORT web
2度の雨で荒れ模様。フェラーリ、トヨタ、ポルシェが上位を形成/2024WEC第4戦ル・マン決勝6時間後
2度の雨で荒れ模様。フェラーリ、トヨタ、ポルシェが上位を形成/2024WEC第4戦ル・マン決勝6時間後
AUTOSPORT web
ホンダ『シビック』、米国初設定のハイブリッドは200馬力…2025年型を発売
ホンダ『シビック』、米国初設定のハイブリッドは200馬力…2025年型を発売
レスポンス
「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
「グニャグニャやん…」 なぜ“タイヤが変なカタチ”に? 気温差大きいイマこそ要注意! 空気圧の重要性を聞いてみた
くるまのニュース
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
何かすべきことはある? バイクの納車を待つ期間
バイクのニュース
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
進撃のBYD! 最近CMでおなじみも、創業者はどのような人物なのか? 逆境を超えた“電池王”に迫る
Merkmal
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
【MotoGP】ロレンソ「マルケスはドゥカティ昇格で言い訳の余地が消える」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
トヨタ「ルーミー」の対抗馬! 全長約3.8m&背高スライドドアのスズキ「小型ハイトワゴン」何がいい?「ソリオ」の魅力とは?
くるまのニュース
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
死亡事故ゼロに貢献!! 日立Astemoが開発を進める二輪用進運転支援システムとは?
バイクのニュース
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
マツダ『ロードスター』用サスペンション3種類一挙に登場! テインがスポーツ走行向け車高調・プレミアム車高調・全長調整式車高調に適合を追加
レスポンス
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
新世代ミニの第4弾となる「ミニ・クーパー5ドア」が日本デビュー
カー・アンド・ドライバー
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
2023年の世界車名別販売ランキング、最多はテスラ「モデルY」 2位はRAV4 英国JATO調べ
日刊自動車新聞
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
ドライビングプレジャーといえば間違いなくマッスルカーだ ダッジ チャレンジャーとプリマス クーダとポンティアックGTOの比較テスト
AutoBild Japan
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
買い物しすぎで「クレカ止まっちゃった!」 限度額“超えたクレカ”でも「ETC」使える? 料金所は“フツーに通過"できるのか
くるまのニュース
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
[15秒でわかる]エンジンマウント交換で車のフィーリング劇的変化
レスポンス
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
メルセデス・ベンツのコンパクトミニバン「Tクラス」ってどんなクルマ? 日本上陸の可能性はある!?
VAGUE
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
狙うは全戦優勝争い。マクラーレン、次戦F1スペインGPからのアップデート投入を予告「状況に左右されず勝利を狙えるように」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.4399.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.0938.0万円

中古車を検索
S2000の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

386.4399.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

145.0938.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村