現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

ここから本文です

首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

掲載 更新
首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

 営業車だって走りがいいに越したことはない!

 営業車、というと一昔前は4ナンバーのライトバンか軽ボンネットバンが当たり前だった。

トヨタ新型ハイエースは超巨大化! 今のうちに4ナンバーの現行モデルを買っておくべき?

 しかし、気づけばライトバンよりもアクアやプリウスといったハイブリッド車が営業車として使われることが多く、一目では営業車なのか個人所有車なのか分からないというのが現状だ(〇〇株式会社、みたいな車名が書いてあれば別だが)。

 そこで今回はそんな営業車に使われがちな車両のなかから、個人的に「走りがいい」と感じる車種を3台ピックアップしてみた。もし営業車を導入予定のクルマ好きがいたら参考にしていただければ幸いだ。

 第3位 スズキ・エブリイバン

 働くクルマとしてかなりのシェアを誇るスズキのエブリイ。

 OEM先として日産(NV100クリッパーバン)、マツダ(スクラムバン)、三菱(ミニキャブバン)も存在し、4兄弟となるのでそれも頷ける。

 ライバルとしてはやはりダイハツのハイゼットカーゴとなるが、じつは現行ハイゼットのデビューは2004年であり、2015年にフルモデルチェンジを果たしたエブリイの方が設計が新しいという点で分がある。

 また、エブリイにはクラッチレスMTであるAGSが用意されており(ターボには非設定)、慣れると軽快な走りを楽しむことができるのだ。

 デビュー当初は評価の低かったAGSだが、改良が加えられて進化しており、イージードライブとファンな走りを同時に楽しむことができるミッションへと煮詰まりつつある。

 第2位 トヨタ・プロボックス/サクシード

「平日昼間の首都高最速はプロボックス/サクシード」と言われるのもあながち揶揄ではないと思えるほど、ハイスピードでカッとんでいる姿を見かける同車。

 確かに実際に乗ってみると、絶対的なグリップ力は高くないものの(商用車用タイヤだし)癖のない操舵性でなかなか軽快に走ることができるのだ。

 また、長時間車内で過ごすことを考慮して作られたフロントシートは、圧倒的なホールド感こそないが、しっかりと腰のあたりをサポートしてくれて長時間のドライブも苦にならないもの。

 そこに加えてハイブリッドモデルも追加され、出足のもたつきもモーターアシストで解消されたとなれば、平日昼間の首都高最速の座は揺るがないことだろう。

 乗用タイプが欲しい人にはカローラフィールダーが存在しているとはいえ、無骨なバンらしいルックスに魅力を感じるユーザーも少なくないので、ぜひともプロボックスワゴンの復活を望みたいところだ。

 1位は1.5リッターの排気量でゆとりの走りのコンパクトカー

 第1位 マツダ・デミオ

 コンパクトカーの営業車というと一番人気はやはりハイブリッドのアクアだろうか。やはり日常的に走り回る営業車という性格上、燃費が良いという点は大きなメリットとなるだろう。

 しかし、ハイブリッドが燃費に寄与するのはほとんどが走っているシーンとなり、公園の横やパチンコ屋の駐車場でエンジンかけっぱなしでサボっているのではあればほとんど差はないのである。

 ということで、なら普通のガソリン車でいいじゃん、と思った経営者の方にオススメしたいのがマツダ デミオ。他社の同クラスコンパクトカーは1リッターや1.3リッターのところ、デミオは全車1.5リッターの設定。

 ミッションも他車がCVTなのに対して6速ATとなることで、キビキビとした走りと多段ミッションのおかげで低燃費も両立できるのである。

 デミオは同クラスのコンパクトカーに比べてリヤのスペースが小さいという点はあるものの、リヤシートをたたんでしまえばある程度のスペースは確保できる。

 そのため、リヤシートに人が乗ることの少ない営業車であれば、大した問題にはならないハズだ。

こんな記事も読まれています

中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
中央道の渋滞対策2ストライク、三振間近! なぜ愚策が繰り返されるのか?[清水草一の道路ニュース]
ベストカーWeb
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
大型連休でも大活躍! 6名以上乗れる手頃な価格の中古車4選
グーネット
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
ハイブリッドなのにスポーツカー⁉️ C 63 Sに新世代のAMGを見た
グーネット
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
レクサス 新型「GX550オーバートレイル+」抽選販売スタート!通常販売は2024年秋開始
グーネット
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
マツダ 新型3列シートSUV「CX-80」初公開 2024年秋に欧州で発売
グーネット
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
プリウス後席ドアに13万台のリコール! 暫定的に手動開閉に! ところでプリウス後席ドアって手動でどう開けるの?
ベストカーWeb
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
クルマの窓から愛犬が顔出してる! 可愛いんだけどこれって違反にならないの?
ベストカーWeb
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
ボルドールの経験でEWCの切符を掴んだ綿貫舞空。ル・マンで昨年2位の3ART加入に「できれば優勝をしたい」と意気込み
AUTOSPORT web
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
BYDが都内屈指の自動車ディーラー激戦区に「BYD AUTO 目黒」を開店
グーネット
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
今やブーム真っ只中なのに……期待が大きすぎた  悲しい運命をたどった[SUV]4選
ベストカーWeb
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
マツダの新型「3列SUV」でた! ついに5m級 驚異的パワー!? 「CX-80」欧州で世界初公開 これ日本に来るのか!?
乗りものニュース
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
GTワールドチャレンジ・アジアがJ SPORTSで全戦放送。ジャパンカップはほとんどを生中継へ
AUTOSPORT web
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
安かろう悪かろうなクルマをつかまされないために知っておくべき……[修復歴]と[事故歴]の違いとは  どうやって見分けりゃいいの
ベストカーWeb
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
もっと「アバルト595」で運転を楽しもう! 車高調からペダルの「ポッティングデカール」にドラシューまで、厳選アイテムを紹介
Auto Messe Web
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
韓国勢が大健闘 合理的な「兄弟」モデル:ヒョンデ・コナ・エレクトリック キア・ニロ EV お手頃EV 12台比較(5)
AUTOCAR JAPAN
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
安い? 高い? トヨタ新型「ランクル250」は520万円から!「無骨すぎて」カッコいい!? 原点回帰モデルに反響集まる
乗りものニュース
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
レッドブルF1は2025年も現在のコンビを継続か。パフォーマンスを改善したペレスがシート争いをリード
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.3227.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8155.1万円

中古車を検索
デミオの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

139.3227.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8155.1万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村