現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダ「CX-8」が2018~2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞

ここから本文です

マツダ「CX-8」が2018~2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞

掲載 更新
マツダ「CX-8」が2018~2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー受賞

マツダのクロスオーバーSUV「CX-8」が、特定非営利活動法人 日本自動車殿堂(JAHFA)が主催する「2018~2019日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞した。マツダ車が同賞を受賞するのは、2015年の小型オープンスポーツカー「マツダ ロードスター」に続いて、今回が4回目となる。


2017年12月に発売を開始した「CX-8」は、マツダの国内ラインアップにおける最上位SUVだ。国内の3列シートSUV市場は拡大する傾向にあり、その中でも「CX-8」は、2018年上半期において、最も多く販売された3列シートSUV(※)となった。ユーザーからは「ゆったり遠くへ気持ち良く走れる」「想像以上の上質感かつ低燃費」などの点で評価されている。
※「3列シートSUV」とは、自販連区分ジープ型の4輪駆動車でワゴンとバン・トラックを含む(一部2WD含む)国産車のうち、乗車定員6名以上の車種を指す。
 「CX-8」の2018年上半期(1-6月期)累計販売台数は18,457台(日本自動車販売協会連合会発表のデータにもとづく)。

今年を代表するクルマを決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー」、2018年の「10ベストカー」決定

また、平成29年度のJNCAP自動車アセスメントにおいて、「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を最高得点で受賞。また、同アセスメントの予防安全性能評価においても最高ランク「ASV++」を満点で獲得しており、衝突被害軽減から事故リスク低減まで、優れた安全性能を兼ね備えている。

今回の日本自動車殿堂による選考においては、
・スタイリッシュな3列シートSUV
・卓越した運動性能と効率的な室内空間
・運転負荷の軽減と先進の予防安全技術
といった点が評価された。

マツダ CX-8 関連情報
マツダ 関連情報

こんな記事も読まれています

「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
「引っ越し」の後に必要な「クルマの手続き」何がある? 意外と面倒…でも放置すると「罰金」の可能性も!
くるまのニュース
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
【ポイントランキング】2024年FIA F2第4戦イモラ レース1終了時点
AUTOSPORT web
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
セリカ ランエボ ブルーバード アバルト…… MT車歴60年超の評論家が回顧する 心踊ったMT車たち
ベストカーWeb
走行2万キロのホンダ「N360」を発見! 内外装新車当時の奇跡の個体を33年間キープし続けてきたオーナーの目標は「後世に残すこと」
走行2万キロのホンダ「N360」を発見! 内外装新車当時の奇跡の個体を33年間キープし続けてきたオーナーの目標は「後世に残すこと」
Auto Messe Web
レッドブル&HRC密着:初日から改善を実感も不安が残った予選。苦戦の末のポール獲得は「本当に格別」とフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:初日から改善を実感も不安が残った予選。苦戦の末のポール獲得は「本当に格別」とフェルスタッペン
AUTOSPORT web
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
角張ったルックスを備えた新型ハイブリッドクロスオーバー「ルノー シンビオズ」登場!
AutoBild Japan
ベントレー・コンチネンタルGTアズール 日本向け10台「ラスト・オブ・ライン・コレクション」
ベントレー・コンチネンタルGTアズール 日本向け10台「ラスト・オブ・ライン・コレクション」
AUTOCAR JAPAN
デイトナのアウトドア用品「マエヒロシェルター/マエヒロドーム デュオ」の一般販売がスタート!
デイトナのアウトドア用品「マエヒロシェルター/マエヒロドーム デュオ」の一般販売がスタート!
バイクブロス
アルボン、ホイールゆるゆるピットアウトで終戦。復帰後は「色々ブレーキで試していた」|F1エミリア・ロマーニャGP
アルボン、ホイールゆるゆるピットアウトで終戦。復帰後は「色々ブレーキで試していた」|F1エミリア・ロマーニャGP
motorsport.com 日本版
BlackishGear のワンポールテント「BLACK TIPI V2/ブラックティピーV2」が Makuake に登場!
BlackishGear のワンポールテント「BLACK TIPI V2/ブラックティピーV2」が Makuake に登場!
バイクブロス
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
ベントレー史上最強の782馬力、『コンチネンタルGT』新型は6月発表へ
レスポンス
琢磨がインディ500予選で魅せた。すべてを出し切る鬼神の走りで上位進出「もうホントにギリギリ」
琢磨がインディ500予選で魅せた。すべてを出し切る鬼神の走りで上位進出「もうホントにギリギリ」
AUTOSPORT web
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦オートポリスは小出峻が逃げ切り今季初優勝
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第5戦オートポリスは小出峻が逃げ切り今季初優勝
AUTOSPORT web
ホンダ新型「フリード」実車展示に来場者殺到! “乗車体験”に長蛇の列!? 「カッコいい」「大ヒットの予感」早くも話題に!
ホンダ新型「フリード」実車展示に来場者殺到! “乗車体験”に長蛇の列!? 「カッコいい」「大ヒットの予感」早くも話題に!
くるまのニュース
スタイリッシュなブラックアクセントのNEW「クラウン」! トヨタが米国市場で追加するナイトエディションを公開
スタイリッシュなブラックアクセントのNEW「クラウン」! トヨタが米国市場で追加するナイトエディションを公開
バイクのニュース
強風の日曜フリー走行で2台がクラッシュ。最速は岩佐歩夢、小林可夢偉が続く/SF第2戦
強風の日曜フリー走行で2台がクラッシュ。最速は岩佐歩夢、小林可夢偉が続く/SF第2戦
AUTOSPORT web
「Zの柳田」も認めた!! 10年前に超超ジュラルミン鍛造ホイールって奇跡じゃね?[カー用品フラッシュバック・2013年の話題]
「Zの柳田」も認めた!! 10年前に超超ジュラルミン鍛造ホイールって奇跡じゃね?[カー用品フラッシュバック・2013年の話題]
ベストカーWeb
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
ランボルギーニ「ウラカン」が登場から10年! V10自然吸気エンジンにこだわって進化した歴代モデルを8台を紹介します
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.4505.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

137.8495.0万円

中古車を検索
CX-8の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

299.4505.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

137.8495.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村