現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最新モデル試乗】ベーシックモデルでも光る完成度。SUBARUインプレッサの愛すべき個性と走り

ここから本文です

【最新モデル試乗】ベーシックモデルでも光る完成度。SUBARUインプレッサの愛すべき個性と走り

掲載 4
【最新モデル試乗】ベーシックモデルでも光る完成度。SUBARUインプレッサの愛すべき個性と走り

新型は4WDだけでなくFFも販売好調

 SUBARUのエントリーモデル、新型インプレッサで佐渡島をドライブした。インプレッサは、「行動的なライフスタイルへといざなうユーティリティ・スポーティーカー」が開発コンセプト。今回、その個性をあらためて追求した。
 試乗車はSTグレードのFWD。STは、デビューした4月下旬から7月末までに販売されたインプレッサ5861台のうち、28.5%を占めるエントリーグレードである。

新型SUBARUインプレッサの先行予約がスタート。グレードは2.0L e-BOXER のST-HとST-G、2.0LガソリンエンジンのSTという計3タイプで構成

 インプレッサの駆動方式はAWDが優勢で、56%の販売比率を占める。スバルというとAWDのイメージが強いが、FWDも長い歴史を誇る。実際、最近のインプレッサ販売はFWDがかなり巻き返しているという。新型はリーズナブルなFWDの販売に力を注ぐことで、若い世代や他メーカーからの買い替え層にアピールする戦略。スバル関係者の思いは、着実に浸透しているようだ。

 今回試乗したFWDのSTの車両価格は229万9000円。AWD比で22万円安いが、アイサイトやLEDヘッドランプをはじめ、パドルシフトや17インチアルミなど基本的な装備はすべて標準で付いている。

 スタイリングは適度にスポーティな印象、風光明媚な佐渡の景色にもしっくりとなじむ。ボディサイズは4475×1780×1450mm。このクラスとしては大柄で適度な存在感がある。シートに収まると、スバル車に共通する優れた居住性と全方位にわたる良好な視界を実感した。初めて走る道でも不安を感じずに済む点は、乗るたびに満足を感じる。中でもドアミラー周囲の死角が小さい点に感心した。

 走りで印象的なのは、乗りやすく乗り心地がいいこと、そして軽量性だ。FWDでも操縦安定性は十分すぎるほどの高水準。しかも1380kgの車重は、最上級のST-HのAWD比で実に200kgも軽い。身のこなしの軽やかさは際立っていた。

 心地いい走り味には、フルインナーフレーム構造を採用した第2世代SGPの高いポテンシャルと、2ピニオン式の電動パワーステアリングも効いているに違いない。両者の相乗効果で、いたって軽快で、文字どおり意のままに操れるドライブフィールを実現している。

 エンジンは2リッターの水平対向DOHC16V(154ps/193Nm)。クセもなく乗りやすいことは魅力だが、パワフルさやボクサーならではの味わいは希薄。欲をいうと、エンジンにはもう少し期待したい。
 一方、医学的知見を取り入れたというシートの座り心地は絶妙。ルーフへの高減衰マスチックの施工も利いて、このクラスでは望外といえるほど車内の静粛性は高い。運転を交代して後席に座って、快適性が高いことにも感心した。このクラスでここまでの完成度を実現したクルマは珍しい。

 広角単眼カメラを採用した新世代アイサイトによる高い安全性能もインプレッサの強みである。新型インプレッサはエントリーグレードのFWDという選択肢も大いにアリだと気づいた。貴重な試乗体験だった。

SUBARUインプレッサ主要諸元

グレード=ST(FF)
価格=8CVT  229万9000円
全長×全幅×全高=4475×1780×1450mm
ホイールベース=2670mm
トレッド=フロント:1540/リア:1545mm
車重=1380kg
エンジン=1995cc水平対向4DOHC16V
エンジン最高出力=113kW(154ps)/6000rpm
エンジン最大トルク=193Nm(19.7kgm)/4000rpm
WLTCモード燃費=14.0km/リッター(燃料タンク容量50リッター)
(市街地/郊外/高速道路:9.3/14.8/17.1)
サスペンション=フロント:ストラット/リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ=前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール=205/50R17+アルミ
駆動方式=FF
乗車定員=5名
最小回転半径=5.3m

こんな記事も読まれています

5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
5シリーズ買うなら必見!人気の年式やおすすめグレードまで【人気のクルマ中古購入ガイド】
グーネット
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
女性ドライバーの増加が唯一の救い! トラックドライバー不足を生む3つの要因とは
WEB CARTOP
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
衝撃の「銀ピカ」アウディに東京モーターショーは騒然! のちのR8に繋がるアブス・クワトロの衝撃
WEB CARTOP
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
ハミルトン、トラブルまみれの開幕戦もメルセデスW15のポテンシャルに期待感「ここからマシンを築いていける」
motorsport.com 日本版
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
「黒いタイムズ」ってだけじゃない 実は細かい看板等の“景観ルール”とは? 逆に“かなり派手”になることも!?
乗りものニュース
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
スズキが新型「軽バン」発売! CVT新設&ターボ復活に喜びの声続々! でもターボにMTなし!? 新型「エブリイ」の反響は?
くるまのニュース
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
ポルシェ「911GT3」で滑走路を送迎!? 米国デルタ航空が“特別なお客さま”のための新サービスを実施 その反響とは
VAGUE
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
レッドブル&HRC密着:ハードを温存したライバルを見て有利を確信。ソフトでのロングランを完遂、1-2を達成
AUTOSPORT web
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
フィアット、新グローバルプラットフォームで新型車攻勢へ…2024年から毎年1車種ずつ
レスポンス
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
ボルボ・カー・ジャパン、PHV「XC60リチャージ」に黒基調の特別仕様車を設定
日刊自動車新聞
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
カタールで苦戦のトヨタ勢、ペースで上位に及ばずも6位&9位のダブル入賞「これが精一杯」/WEC開幕戦
AUTOSPORT web
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
あぶなくないよ!赤一色テールがトレードマーク、最後の「レパード」発売!【28年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
初代『スプリンターカリブ』は『カローラクロス』の源流なのか?【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
終盤3度の接触で大勝ムードが一転、予定外のピットも。「本当に苦労した」と開幕戦優勝のエストーレ
AUTOSPORT web
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
ボッシュ マイクロソフトと協業を発表。生成AIの活用によって、新たな世界が切り開かれる
Auto Prove
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
ホンダ新型「和製スーパーセダン」登場! 斬新すぎる“2ドア仕様”に称賛の声! 2026年市販化もある「サルーン」とは
くるまのニュース
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
【特集「やっぱりドイツ車が好き!」(6)】巧妙なるシナリオ作り。楽しむ世界観の多様性【ポルシェ 911ダカール/911 GT3 RS】
Webモーターマガジン
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
4/6開催のジャパンラグビー リーグワン「静岡ブルーレヴズ vs. 三重ホンダヒート戦」でバイクイベント開催決定!/ライダー無料招待キャンペーンを実施
バイクブロス

みんなのコメント

4件
  • Ty
    NAの魅力は伝わりました。しかし、写真のホワイトのボディがSTグレードで赤はST-Hでしょう。余計な写真を載せるとすべての人は勘違いします。マニアックの人だけ分かってます。
    訂正か説明を付け加えてあげてください。
  • cho********
    燃費は年間走行距離も少ないので気にならない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0263.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索
インプレッサの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

126.0263.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

21.9349.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村