サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車が滋賀県湖南市と災害時協力協定を締結。給電可能なアウトランダーPHEVなどの電動車を速やかに被災地・避難所に届ける

ここから本文です
三菱自動車は8月25日、滋賀県湖南市、滋賀三菱自動車販売と災害時協力協定を締結したと発表した。湖南市には三菱の京都製作所滋賀工場が立地し、エンジン生産を行っているが、協定締結を機に災害時の協力体制も一層強化されるという。

この協定の狙いは、災害発生時に改めて自治体と必要事項を確認する時間的ロスをなくし、給電などに活用できるプラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」などの電動車を速やかに被災地・避難所などで届けること。三菱自動車は2022年度までに全国の自治体と災害時協力協定の締結を目指す「DENDO コミュニティサポートプログラム」を推進。湖南市は64例目となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ