現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラウンセダンは後席にゆとりあり!! 乗り心地も最高なのよ! でもMIRAIに唯一劣ってる部分って?

ここから本文です

クラウンセダンは後席にゆとりあり!! 乗り心地も最高なのよ! でもMIRAIに唯一劣ってる部分って?

掲載 8
クラウンセダンは後席にゆとりあり!! 乗り心地も最高なのよ! でもMIRAIに唯一劣ってる部分って?

 明智光秀しかり、ブルータスしかり、刺客は意外と近くに潜んでいるもの。クルマの世界でも同様だ。ここでは2023年11月登場のトヨタ クラウンセダンと、同門でありながらライバル関係となりそうなトヨタ MIRAIを比較する!!

※本稿は2024年2月のものです
文/鈴木直也、写真/TOYOTA、撮影/大西 靖
初出:『ベストカー』2024年3月10日号

クラウンセダンは後席にゆとりあり!! 乗り心地も最高なのよ! でもMIRAIに唯一劣ってる部分って?

■ここが同門対決のポイント

トヨタ クラウンセダンと、そのベースとなったトヨタ MIRAI。戦国時代さながらの同門対決だ

・MIRAIをベースに開発されたクラウンセダン
・クラウンセダンにも燃料電池EVが設定される
・クラウンセダンとMIRAI、何が違いのポイントだ?
・乗り心地はどっちがいいんだ?

■MIRAIをベースとして登場したクラウンセダン

2014年に登場したトヨタ MIRAI。2020年に写真の現行型へとフルモデルチェンジ

 MIRAIというクルマは、その名のとおりトヨタの未来戦略を体現するクルマ。水素で走るFCEVというだけで凄いのに、アドバンスドドライブという限りなくレベル3に近いADASまで用意されている。

 今回の取材でも、首都高速湾岸線でハンズオフドライブを堪能したけど、そういったハイテクのショーケースとしての意味を与えられたクルマといっていい。

 で、今回のクラウンシリーズで驚いたのは、そんなハイテクショーケースのMIRAIをベースとしてクラウンセダンが作られたこと。

2023年11月デビューのトヨタ クラウンセダン。16代目クラウンファミリーの真打登場だ

 クラウンセダンといえば日本を代表する高級車で、官公庁や社用車などショーファードリブンの需要も多い。ハイテクショーケースではなく“実需”の部分にもFCEVが進出しているところに、トヨタのマルチパスウェイ戦略の凄みを感じるわけだ。

 で、この2台の乗り比べだが、運転するならアドバンスドドライブの魅力もあってMIRAIを選びたいが、後席に乗せられるなら圧倒的にクラウンセダンが快適。80mm伸びたホイールベースで後席スペース余裕がダンチだし、乗り心地もクラウンセダンのほうが好ましい。

 唯一悔しいのは、クラウンにアドバンスドドライブが用意されていないこと。ドライバーズカーとしてクラウンセダンを検討しているなら、この装備のあるなしはけっこう大きなポイントになると思う。検討中とは思うけれど、早期の対応をお願いしたいところです。

■「ここがいい」「ここがイマイチ」

●クラウンセダン

 クラウンセダンの美点はソフトでしなやかな乗り心地。ドライブモードにも「リア・コンフォート」というモードが用意されていて、これを選んで後席でまったりするのが醍醐味。

 不満なところは、やはりアドバンスドドライブの設定がないこと。あれを一度味わっちゃうと、誰もが高級車には必須の装備と感じるはず。

●MIRAI

 試乗車はサイドとリアにLiDARを追加してアップグレードされたアドバンスドドライブを装備。これで首都高をハンズフリードライブしている時の未来感こそMIRAIの醍醐味だと思う。

 それに対し、ナビなどのインフォテイメントがアップデートされていないのがちょっと不満。こういう部分も常に最新でいてほしいクルマです。

●クラウンセダン(Z・燃料電池車)主要諸元
・全長×全幅×全高:5030×1890×1475mm
・ホイールベース:3000mm
・車量重量:2000kg
・最小回転半径:5.9m
・動力:FCシステム
・FCスタック最高出力:174ps
・モーター最高出力:182ps/6940rpm
・モーター最大トルク:30.6kgm/0-3267rpm
・WLTCモード燃費:148km/kg
・価格:830万円

●ミライ(Z“Advanced Drive”)主要諸元
・全長×全幅×全高:4975×1885×1470mm
・ホイールベース:2920mm
・車量重量:1970kg
・最小回転半径:5.8m
・動力:FCシステム
・FCスタック最高出力:174ps
・モーター最高出力:182ps/6940rpm
・モーター最大トルク:30.6kgm/0-3267rpm
・WLTCモード燃費:146km/kg
・価格:861万円

こんな記事も読まれています

MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
AUTOCAR JAPAN
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
AUTOCAR JAPAN
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
AUTOSPORT web
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
MINI『コンバーチブル』新型、2024年後半に発売…EV設定の可能性も
レスポンス
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
これ1台あればすべてが事足りる──新型メルセデス・ベンツE 220d 4MATICオールテレイン試乗記
GQ JAPAN
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
リカルド予選9番手「裕毅より苦労していたが、徐々に改善。集中すべきエリアは分かっている」/F1第7戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

8件
  • けいのじ
    新型クラウン、セダンは消滅、出ないって嘘ついたベストカーがよくもクラウンセダンの記事を書けるな。
    まずは嘘ついてごめんなさいだろ。
  • hon********
    この巨体で後席にゆとりなし!!だったら終わってると思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.7305.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0350.0万円

中古車を検索
クラウンセダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

276.7305.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0350.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村