現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに120km/hまで手放し運転!! コーナーも認識! 新システム「ホンダセンシング360+」が期待大のワケ

ここから本文です

ついに120km/hまで手放し運転!! コーナーも認識! 新システム「ホンダセンシング360+」が期待大のワケ

掲載 20
ついに120km/hまで手放し運転!! コーナーも認識! 新システム「ホンダセンシング360+」が期待大のワケ

 日進月歩の勢いで進化する自動運転。各社が開発に力を入れる全車速ハンズオフドライブは日産とトヨタ/レクサスが実現し、スバルがそれに続くと思われていたが、レジェンドでレベル3を達成したホンダが先んじる可能性が浮上!?

※本稿は2023年12月のものです
文/角田伸幸、画像/HONDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2024年1月10日号

ついに120km/hまで手放し運転!! コーナーも認識! 新システム「ホンダセンシング360+」が期待大のワケ

■日産トヨタの次はホンダ? 新たなハンズオフ運転登場

2024年春に日本発売予定の新型ホンダ アコード。ホンダセンシング360を搭載するが「360+」もオプション設定か?

 ロングドライブの疲れを劇的に軽減してくれる全車速ハンズオフ・ドライブ(手放し運転)。レベル3を達成したレジェンドは別として、既存の国産車では日産のプロパイロット2.0と、トヨタ/レクサスのアドバンスドドライブ搭載車でのみ可能だった。

 これに続くのは、スバルのアイサイトX(現時点では時速50km以下の制限あり)と思われたが、ホンダが先を越す可能性が出てきた。同社の全方位運転支援システムの「ホンダセンシング360」が進化するためだ。

 新しいシステムは正式名称を「ホンダセンシング360+(プラス)」といい、同社が2022年暮れに行った技術発表の市販版といえる。

 進化のポイントだが、最も大きいのは前述した全車速域でのハンズオフ・ドライブだろう。日本の速度上限である時速120kmまでなら、条件が許す範囲で手放し運転が可能になる。カーブが迫るとその曲率を読み取り、加減速まで行ってくれるのだ。

■ウインカー操作や加減速も自動で

 万一、自車より遅い先行車がいた場合は、追い越しも提案してくれる。運転者が承認すれば、ウインカー操作や加減速、ステアリング操作を行い、追い越しや車線復帰を支援してくれるから楽ちんだ。

 「360+」はさらに「カーブ路外逸脱早期警報」や「降車時車両接近警報」、「ドライバー異常時対応システム」などを備える。いずれも毎日の運転に、従来以上の安心と快適をもたらしてくれることは間違いない。

 肝心の搭載車両と時期だが、ホンダは2024年に中国で発売するアコードから適用を開始するとアナウンスしている。いっぽう同型のアコードは日本でも2024年春に発売されるから、遠からず日本でも同レベルの運転支援が始まると考えていいだろう。

 ハンズオフ運転は、未来の搭載を実感させるすごい技術。全メーカー、全車両が早く実現してほしい。

こんな記事も読まれています

タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
タイヤ無交換作戦的中。muta GR86の堤優威/平良響コンビが嬉しい逆転勝利【第1戦GT300決勝レポート】
AUTOSPORT web
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
中須賀克行、完璧なレース運びで開幕3連勝/2024全日本ロード第2戦もてぎ JSB1000 レース2
AUTOSPORT web
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
au TOM’S圧倒の開幕戦。GRスープラ表彰台独占を新車シビックが奪い返す【第1戦GT500決勝レポート】
AUTOSPORT web
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
2024年版 カッコよくて実用的なステーションワゴン 10選 多用途に使える「合理的」な1台
AUTOCAR JAPAN
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
【正式結果】2024年スーパーGT第1戦岡山 決勝
AUTOSPORT web
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
後輪駆動から四輪駆動へ進化 ポルシェ911 ターボ 930から993まで 4世代を比較(2)
AUTOCAR JAPAN
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
止まらない「空冷ターボ」の高騰! ポルシェ911 930から993まで 4世代を比較(1)
AUTOCAR JAPAN
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
衝撃デザインの新型「コンパクトSUV」世界初公開! トヨタ「ヤリスクロス」級のボディに“最新ハイブリッド”搭載! 斬新すぎる「超スポーティSUV」ミラノ登場
くるまのニュース
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
イラストレーター「わたせせいぞう」が描いてきた昭和~令和という時代、対象はクルマから鉄道へ その魅力とは
Merkmal
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
1980年代バイクブームを加速させた懐かしの250ccモデル3選
GQ JAPAN
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
阪神高速4号湾岸線「10日間通行止め」 16日から一部区間で改修工事 関空方面「激しい渋滞」に注意
乗りものニュース
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
圧倒的な存在感!ベントレーから史上最高にダークでエッジの効いたSUV「ベンテイガSブラック エディション」が登場
@DIME
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
メルセデス・ベンツならではの1台──新型CLEクーペ試乗記
GQ JAPAN
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は330km/h!マクラーレンが次世代スーパーカー「アルトゥーラ スパイダー」を公開
@DIME
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
新型「爆速“スポーティ”セダン」実車公開! 斬新シフト&超美麗ボディ採用! 580馬力超えの「ギセラ」米に登場
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリスクロス VS スバル クロストレックを徹底比較
グーネット
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
アコードにはホンダの最新技術とセダンならではの魅力が詰まっている【石井昌道】
グーネット

みんなのコメント

20件
  • ******
    オートパイロットがご自慢のテスラ様はハンズオフ出来ないのね。
    訴訟だらけでは認可もおりないだろう。
    安心してハンズオフ出来るのはやはり国産メーカーだね
  • tak********
    メーカーがどれだけ安全だと言っても自分は手放し運転なんて絶対に信頼しないですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8468.0万円

中古車を検索
アコードの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

544.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.8468.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村