現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いすゞ・ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】

ここから本文です
いすゞ・ベレル2000(昭和37/1962年4月発売・PS10型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト014】
写真を全て見る(3枚)

この連載では、昭和30年~55年(1955年~1980年)までに発売され、名車と呼ばれるクルマたちを詳細に紹介しよう。その第14回目は、日本初のディーゼル乗用車いすゞ ベレルの登場だ。(現在販売中のMOOK「昭和の名車・完全版Volume.1」より)

ヒルマンのノウハウを元にいすゞが独自開発
いすゞは昭和28(1953)年から同社のヒルマン・ミンクスのノックダウン生産を開始し、昭和32年には完全国産化を達成した。このノウハウを元に開発されたのが昭和37(1962)年4月に発売された「ベレル」だ。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
【IAAE 2024】自動車アフターマーケットの最前線 3月5-7日にビッグサイトで開催
レスポンス
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
インパネシフトはもはや絶滅危惧種!? SUVでも採用続けるクロスビーはやっぱり優秀すぎる
ベストカーWeb
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
トヨタ「ハイエース」と日産「キャラバン」を5ナンバー化! 快適車中泊だけじゃない隠れたメリットとは
Auto Messe Web
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
マナーのつもりでやってる人多数! クルマの通行の邪魔にならないよう歩道に乗り上げての駐停車は違反
WEB CARTOP
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
ホンダ、新型二輪車NX400 4月18日発売
日刊自動車新聞
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
ルノーの新型最上位SUVクーペ『ラファール』に「アルピーヌ」仕様設定
レスポンス
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
ホンダ「最強5ドアスポーツカー」実車公開! 市販化決定の超軽量仕様! 迫力エアロ装備で超カッコイイ「シビック タイプR“フル無限仕様”」とは
くるまのニュース
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
欧州1月新車、11%増 EV・HVとも好調
日刊自動車新聞
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
日曜朝の気分は爆上げ! 光岡自動車がTV新番組『ブンブンジャー』に車輌協力
レスポンス
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
なぜ「ユキ」カタカナ表記? 高速道路の電光板で「雪」じゃなく「ユキ」 納得の理由とは
くるまのニュース
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクとクルマの2台持ち! どうやって使い分けるのがいいのか?
バイクのニュース
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
「あのゴルフが…ワゴンになった。」日本ワゴンブームを後押ししたドイツの刺客【懐かしのカーカタログ】
レスポンス
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
“最後の”ガルウイングが強烈な個性を発揮! オークションに登場した新品同様メルセデス・ベンツ「SLS AMGブラックシリーズ」 その驚きの落札価格とは?
VAGUE
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan

みんなのコメント

2件
  • kan********
    いすゞとしては、ヒルマンで獲得した上顧客をつなぎ留めたかったのだが、結果として本文通り散々な結果となってしまった。タクシー業界からディーゼル車が受け入れられたとあるが、これも数年でLPガス仕様のタクシーが台頭してきて優位性が無くなった。失敗した要因は、ライバルモデルが6気筒エンジンを搭載し始めた時流に乗れなかったこと、ヒルマン以上の高級感を出せなかったスタイリング訴求力のなさでしょうね。
  • ドラコ
    懐かしい車。記事はディーゼルへの言及が不十分。タクシー業界が歓迎とある。しかし客からは今のディーゼルと全く違い振動、騒音がひどくとても乗れるものではなかった。タクシーを拾おうとしていてもベレルが来ると手を引っ込めた。タクシー会社で運転手からもあんな車に乗れるかで、ベレル手当てが出たとも言われた。さらにいすゞは売れないのでタクシー会社には3台100万円のバーゲン、それでもダメとさんざんだった。 初期型のテールはコーダトロンカとか言って高速時代云々と宣伝。三角形のテールランプは印象的ではあった。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村